トップページ > 施策のご案内 > 消費者保護 > 消費者相談窓口 > 相談事例紹介 No.5

相談事例紹介 No.5

最終更新日:令和4年9月16日

アポイントメントセールスでダイヤのリングを購入したが、返品したい
(相談者 20歳代男性 , 契約金額 460,000円)
 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で知り合った女性から「会いたい」と誘われた。駅で待ち合わせをして、喫茶店でおしゃべりをしたが、そこで「アクセサリーの展示会を見に行こう。」と誘われて、断り切れずに一緒に宝石店に行くことになった。
 宝石店で「将来絶対必要だから。」とダイヤのリングを勧められ、「契約するまで帰さない。」と何時間も拘束され、家に帰りたいあまりに購入する契約をしてしまった。後日届いたダイヤのリングは、細いファッションリングで、とても値段に見合うものではなかった。返品したい。

 

対応 対応

 本契約は、アポイントメントセールスとして、特定商取引法により規制される訪問販売の一形態に該当する可能性があります。その場合、法律で決められた書面を受け取った日から数えて8日以内であればクーリング・オフが可能です。
 書面又はメールなどの電磁的記録により、クーリング・オフ通知を発信するよう助言しました。

 

 

一言アドバイス 一言アドバイス

 特定商取引法では、勧誘目的を告げずに電話や郵便等で呼び出す誘引方法をアポイントメントセールスとして規制しています。いわゆるSNSのメッセージ機能等で誘い出し、若者を狙ったアポイントメントセールスによるトラブルが多発しています。

 SNSで「いい話がある」「儲かる話がある」「会いたい」などの連絡が来たときは注意しましょう。たとえ「お金がない」と断っても、クレジットを組むよう勧められることがあります。ATMに無理やり連れていかれるトラブルもあります。不要な契約を勧められても、はっきりと「必要ありません」と断りましょう。

 クーリング・オフ期間が過ぎていても、事実と異なることを告げられたり、お店で囲まれるなど契約せざるを得ない状況にされて契約してしまった場合は、契約を取り消しできる可能性もあります。あきらめずに早めに相談しましょう。

 

 

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 産業部 消費経済課 消費者相談室
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052‐951‐2836
FAX番号:052‐951‐0537
メールアドレス:qchbih@meti.go.jp

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク