1. ホーム >
  2. サポイン技術を探す >
  3. 環境対応型航空機降着装置用亜鉛・ニッケル合金めっきの実用化技術の研究開発

プロジェクトの基本情報

印刷する

2019年3月18日更新

航空機メーカーの要求事項を満たした、環境に優しく耐食性に優れた亜鉛・ニッケル合金めっきを開発!

浅下鍍金株式会社

プロジェクト名 環境対応型航空機降着装置用亜鉛・ニッケル合金めっきの実用化技術の研究開発
対象となる川下分野 航空機、環境
川下企業におけるニーズの対応 高耐久性(耐熱性、耐食性、耐摩耗性の向上など)
環境配慮(不純物の除去や無害化、廃棄物削減、 CO2削減など)
信頼性・安全性(信頼性の高い検査技術の実現など)
上記ニーズに対する具体的な数値 ・従来めっきに含まれる環境有害物質(カドミウム、シアン、六価クロム)を含まない新しいめっきを開発
・新たなめっき開発により耐食性(500 時間の塩水噴霧試験で母材の腐食が発生しない)が8倍以上の4000時間でも腐食しない
事業実施年度 平成26年度~平成28年度
事業化状況 実用化済み(完成はしているが販売実績はなし)
対象としている素材 超高抗張力鋼
ステンレス鋼

プロジェクトの詳細

プロジェクトに至った背景・経緯
航空機の足に相当する降着装置部品は、耐食性の要求からカドミウムめっきが利用されている。欧米の航空機メーカーでは、降着装置の超高抗張力鋼に適用される低水素脆性カドミウムめっきに代わる代替めっきの実用化研究を進めている。国内では亜鉛・ニッケル合金めっきの実用化研究が実施されたが、再水素脆化の問題及びめっきに起因した疲労強度低下の問題が解決できなかったことから、現在まで実用化に至っていない
研究開発のポイント
従来めっきから新めっきに移行するための4つの課題(①めっき溶液の管理手法の確立、②部品毎の最適な冶具の設計、③めっきの非破壊膜厚測定手法の確立、④めっきの剥離技術の開発)に対して、液管理方法の調査、ランディングギア用ピン向け冶具の設計試作、亜鉛とニッケル2種類の元素を含む膜の測定方法の検討、素材にダメージを与えない剥離液の開発をそれぞれ実施した。
研究開発の具体的な成果
上記の4つの課題を克服して研究開発を実施した結果、以下のとおり従来めっきに比べて優位な特性が得られた。
●低水素脆性型亜鉛・ニッケル合金めっき適用プロセスの確立
・塩水噴霧試験4000時間でも腐食が発生しなかった
・航空機業界で最も重要視されている水素脆性破壊に対して耐久性のあることを確認
●めっき設備の最適化への対応
・めっき試作ラインを作製し、均一にめっきできることを確認
●めっき膜厚測定方法の確立
・断面観察による膜厚測定との差を±10%以内で、非破壊式のポータブル膜厚計を用いた膜厚評価手法を確立
●めっき剥離手法の開発
・従来よりも寿命が2倍以上となる剥離液を開発
利用イメージ、今後の活用が見込める分野・製品等
航空機の足回り部品である降着装置に使用可能な、環境に優しく耐食性のある亜鉛・ニッケル合金めっきの成膜技術を開発した。
この膜は、航空機部品以外にも自動車等の耐食性が必要な部品への適用が可能である。

事業化への取り組み

事業化状況、規模 基礎研究が終了し、試作品を作成。
事業化による効果 現在大きな影響は無いですが、航空機部品に本研究の亜鉛ニッケルめっきが採用されれば適応部品が多く市場規模も大きい。
知財・広報活動 めっき剥離液に関する特許取得の準備中。
今後の見通し 航空機部品は年率4%の伸びが見込まれます。本研究の亜鉛ニッケルめっきがカドミニウムめっきの代替として採用されれば大きな市場になります。欧州の航空機メーカーも採用しつつあるとの情報があるので大きな期待を持っています。

研究開発の体制

事業管理機関 (公財)石川県産業創出支援機構
法認定事業者 浅下鍍金(株)
研究実施機関 浅下鍍金(株)
石川県工業試験場
広島工業大学
(株)高林製作所
アドバイザー 住友精密工業㈱
深田熱処理工業㈱
Japan Aero Network㈱
矢部賢

PRコメント

今回の事業で確立された研究体制は弊社にとって大きな経験となり財産となった。今後も、本事業の産学官の共同体制で航空機分野の新しいめっき技術を実用化していきたいと考えています。
本研究開発で開発した亜鉛・ニッケル合金めっきは航空機機体メーカーの要求事項(環境負荷、耐食性、膜厚等)をクリアしており、航空機メーカーへの実用化を目指していますが、その他の自動車、航空・宇宙分野等への適用も視野に入れています。
ご興味のある方はぜひお問い合わせください!

企業情報

社名 浅下鍍金株式会社
所在地 〒924-0011 石川県白山市横江町1843番地7
電話番号 076-276-3115
社員数 31名 (男性  25名、女性  6名)
資本金 1000万円
業種 その他の業種(組込みソフトウェア、発酵など)
事業内容 電気めっき
無電解めっき
塗装
URL http://asashita.jp/
保有する生産設備と
スペック
クロムめっき設備
アノダイズ設備
パシベーション設備
塗装設備
亜鉛ニッケル合金めっき設備
生産拠点エリア 国内 所在地:石川県白山市横江町1843番地7
海外生産対応 不可
主要な取引先 津田駒工業㈱
住友精密工業㈱
本プロジェクトに
関する問い合わせ先
部署名
代表取締役 浅下 秀昭

おすすめのページ

条件から探す

業種から探す

製造業

年度 ~ 年度
事業化状況から探す
ニーズから選ぶ
エリアから探す

サポイン技術登録数

239
(2018年11月13日現在)
  • サポイン技術検索
  • サポイン技術一覧
  • 現在研究実施中のサポイン事業一覧はこちら

トップページへ

このページの先頭へ