1. ホーム >
  2. サポイン技術を探す >
  3. 非連続炭素繊維熱可塑性樹脂等方性シート量産技術及び成形技術の開発

プロジェクトの基本情報

印刷する

2019年3月18日更新

プレス成形において賦形性が高く、加工性が良い非連続炭素繊維熱可塑性樹脂等方性シート(スタンパブルシート)量産技術とプレス成形技術を開発しました。

サンコロナ小田株式会社

プロジェクト名 非連続炭素繊維熱可塑性樹脂等方性シート量産技術及び成形技術の開発
対象となる川下分野 自動車、航空機、住宅・インフラ、産業機械、その他(スポーツ・レジャー)
川下企業におけるニーズの対応 高機能化(精度・性能の向上など)
質量低減(小型化、軽量化など)
効率化(生産性・作業性の向上など)
低コスト化(ランニングコスト低減、ロス削減、 省力化など)
事業実施年度 平成26年度~平成28年度
事業化状況 事業化済み(すでに販売実績あり)
対象としている素材 CFRP

プロジェクトの詳細

プロジェクトに至った背景・経緯
近年、環境問題に対する意識が高まり、自動車等移動体の燃費向上や、省エネルギー化とCO2 排出削減の技術開発が進められており、車両の軽量化が求められています。自動車等の移動体・産業機器等の軽量化・薄肉化に対して、軽くて強いCFRP 採用で軽量化が期待されています。材料がCFRP に替わることによって、マテリアルハンドリング(材料取扱い)での重量負荷軽減、加工製造条件の低減化が可能です。しかし、量産性に優れたCFRP中間材料が無かったことから、新規CFRP中間材料開発及び製造プロセスの開発を行いました。
研究開発のポイント
賦形性が良く、力学的特性に優れた熱可塑性CFRP 中間材料『非連続炭素繊維熱可塑性樹脂等方性シート』の製造技術及び成形技術の研究開発を行いました。本研究の開発ポイントは、炭素繊維原糸を開繊技術により薄くテープ状繊維束に熱可塑性樹脂を含浸させ、厚みを制御した薄層樹脂含浸テープ(薄層テープ)を形成します。このテープを一定の短冊状に切断し、ランダム配置・積層する連続製造技術を研究し、CFRPスタンパブルシートの開発及び製造技術の確立を目標としました。
研究開発の具体的な成果
連続シート製造技術の確立により、物性のバラつきCV6.3%の大型シート製造(幅500㎜×長4,000㎜)に至りました。物性の最終目標を曲げ強度800MPa・弾性率40GPaとしましたが、研究終了後590MPa・40GPaを達成しております。シートの実用化においては、ユーザーの要求仕様に合わせ、成形性と物性を両立する材料設計が必要であり、本研究事業の成果から材料構成(繊維長・Vf)を選定する事により、ユーザーの要求特性を満足し、国内・海外自工メーカーでの実用性評価を開始しております。新規用途として、非自動車分野において、シューズ・補助装具等での実用化検討を開始しています。
利用イメージ、今後の活用が見込める分野・製品等
自動車等の移動体用部品、産業機器、スポーツ、レジャーを始めとする製品

事業化への取り組み

事業化状況、規模 2017年4月より、シートのサンプル販売を開始しました。2018年6月に「Flexcarbon®」で商標を登録しております。2017年度は、0.4tを販売しました。
事業化による効果 ユーザーでの実用評価が加速し、東海・北陸連携コンポジットハイウェイ構想において2017年11月におこなわれたコンポジットハイウェイアワードの材料部門で大賞を頂くなど、ユーザー拡大に繋がっております。
知財・広報活動 本件に関する特許出願4件(海外出願1件)
今後の見通し 本研究事業成果を基に、大型シート製造技術・装置の開発を終え、大型シート(最大1,000㎜角)の製造を開始しております。これまでの小型製品だけでなく、大型製品への適応を進めております。
当初の目標を踏まえた
上での達成度や
新たな課題
当初目標に対する達成度について、物性値以外は当初目標値通りの達成となった。用途拡大と量産体制の確立が現在の課題です。
川下産業からの引き合い状況
(件数等、内容)
2017年度引合い件数:219件
研究開発用途、新規製品開発用途での引合い

研究開発の体制

事業管理機関 公益財団法人石川県産業創出支援機構
法認定事業者 サンコロナ小田株式会社
研究実施機関 株式会社すぎはら
学校法人金沢工業大学
石川県工業試験場
アドバイザー 長瀬産業株式会社

PRコメント

CFRPをもっとクリエイティブにする材料とし、CFRPスタンパブルシート「Flexcarbon®」の販売を開始しました。お客様の要求仕様に合わせた設計をご提案させて頂くことも可能ですので、ご相談ください。

企業情報

社名 サンコロナ小田株式会社
(法人番号:4120001080100)
所在地 〒923-0311 石川県小松市木場カ81
電話番号 0761-43-2211
社員数 167名 (男性  87名、女性  80名)
資本金 33,725千円
業種 繊維工業
事業内容 インテリア及びアパレル用テキスタイル ファブリクス(ジャガード、ドビー、プリント、ボイル、レース、オーガンジー)、仮撚、分繊、撚糸などの化学繊維の加工製造・販売
URL http://sunoda.co.jp/company/detail/sunod.html
保有する生産設備と
スペック
各種繊維加工
生産拠点エリア 国内 所在地:石川県小松市木場カ81 
海外生産対応 不可
主要な取引先 株式会社サンゲツ、株式会社川島織物セルコン、リリカラ株式会社、東リ株式会社、立川ブラインド工業株式会社、帝人フロンティア株式会社、東レ株式会社、伊藤忠商事株式会社、蝶理株式会社、モリリン株式会社、一村産業株式会社、株式会社ニトリ、イオントップバリュ株式会社、株式会社千趣会、株式会社アクタス、ワタベウェディング株式会社、株式会社東京ソワール
本プロジェクトに
関する問い合わせ先
部署名
新規事業開発部

条件から探す

業種から探す

製造業

年度 ~ 年度
事業化状況から探す
ニーズから選ぶ
エリアから探す

サポイン技術登録数

239
(2018年11月13日現在)
  • サポイン技術検索
  • サポイン技術一覧
  • 現在研究実施中のサポイン事業一覧はこちら

トップページへ

このページの先頭へ