1. ホーム >
  2. サポイン技術を探す >
  3. 超音波振動を付加したウォータージェット切削システムの開発

プロジェクトの基本情報

印刷する

2019年3月18日更新

生産効率の向上、使用電力・水量の軽減、ランニングコストの削減、切削精度の向上を可能とし、二酸化炭素排出量も同時に低減し、低炭素社会を実現。

株式会社 ROSECC

プロジェクト名 超音波振動を付加したウォータージェット切削システムの開発
対象となる川下分野 自動車、衣料・繊維
川下企業におけるニーズの対応 効率化(生産性・作業性の向上など)
低コスト化(ランニングコスト低減、ロス削減、 省力化など)
上記ニーズに対する具体的な数値 ①切削速度の向上(複合材切削:1,000mm/秒 → 1,300mm/秒)
②低水圧切削(300MPa → 220MPa)
事業実施年度 平成21年度
事業化状況 補完研究中(完成に向けて現在研究中)
対象としている素材 布、ガラス、複合材料、セラミックス、難削材料、金属

プロジェクトの詳細

プロジェクトに至った背景・経緯
ウォータージェット技術は、高圧水流の衝撃力を利用した切削加工技術であり、通常の工作機械を用いた加工、レーザー加工やプラズマを用いた加工等と比べて、自動化・ロボット化が容易、熱・粉塵・有毒ガスの発生がなく、火災や切削部周辺への熱影響の心配がない、非接触切削のため切削面が綺麗、曲線切削が可能等の利点が挙げられ、現在、樹脂、布、ガラス、不織布、食品、石、鉄・非鉄金属など各種材料の切削加工に用いられている。しかし、切削能力はビット、バイト等の工具による機械的切削法に比較してエネルギー効率が高くなく、消耗品寿命や消費電力、切削に利用する上水などのランニングコスト、高圧水噴射時の騒音等の課題について解決が望まれてきた。WJ技術で用いられる噴流は切断やせん孔や材料除去など各種加工に関する応用研究が行われつつあり切削効果UPを狙う目的。
研究開発のポイント
少ない圧力・水量で切削可能な高効率WJシステムの開発により、電力・水量の軽減、ランニングコストの削減、切削精度の向上、生産効率の向上をはかる。
研究開発の具体的な成果
1)切削速度の向上(ウレタン・グラスウール・不織布切削:1,000mm/秒→1,300mm/秒)
2)低水圧切削(300MPa → 280Mpa)
利用イメージ、今後の活用が見込める分野・製品等
・現稼働中のPWJ+3次元ロボットシステム(複合材等)
・新規PWJ+3次元ロボットシステム(複合材等)
・稼働中のAWJ+XYテーブル(金属加工等)
・新規AWJ+XYテーブル(金属加工等)メーカー
・ノズルAWJ市場

事業化への取り組み

知財・広報活動 展示会出展
今後の見通し 商品化には多くの課題が残されている。今後の事業化に向けて課題を解決させる。その後、川下製造業者においてフィールドテスト、ランニングテストを実施し、研究成果にユーザーの声を反映させ、商品化、市場投入へ向かうこととする。
当初の目標を踏まえた
上での達成度や
新たな課題
課題
・超音波振動によるパーツの消耗
超音波振動によりパーツ同士の接続箇所で摩擦熱が発生し、振動が損なわれていることがわかった。
・WJシステムのもつ複合的な振動の解明と振幅伝達の最適化
ノズルを超音波で加振させても、予測したほどの振幅が得られなかった。
・AWJの切削能力の向上
研磨材の材質・硬度・粒子の細かさ等を見直すとともに、新しく選定した研磨材の硬度等に耐えうる仕様のフォーカシングチューブを設計・製作する必要あり。

研究開発の体制

事業管理機関 公益財団法人 名古屋産業科学研究所
(事業受託時:財団法人 名古屋産業科学研究所)
法認定事業者 株式会社 シロック
株式会社 ROSECC
研究実施機関 株式会社 シロック
株式会社 ROSECC
愛知工業大学

PRコメント

複合材の切削においては、WJノズルを超音波で加振させることにより、切削能力が向上し、切削速度を高めても問題なく切削できることがわかりました。また、加振させる方向、周波数により切削効果も変わってくることがわかりました。切削効果が向上することで、切削時に必要な水圧を下げることが、出来切削に利用する上水などランニングコスト、生産性の向上、高圧水噴射時の騒音等の課題が解決できると期待しています。
現在、WJ切削はあらゆる分野で使用されており、その特徴から今後も期待できる商品であり、上記課題が解決されることで、新たな産業へ進めると確信しています。

企業情報

社名 株式会社 ROSECC
(法人番号:8180001003191)
所在地 〒465-0025 名古屋市名東区上社5-406
電話番号 052-704-3800
社員数 15名 (男性  10名、女性  5名)
資本金 6,787万
業種 生産用機械器具製造業
事業内容 FAシステムの企画、設計、製作、販売
URL http://www.rosecc.jp/
生産拠点エリア 国内 所在地:名古屋市
海外生産対応 可 対応可能エリア:アジア、米国
主要な取引先 ABB 株式会社、澁谷工業 株式会社、トヨタ紡織 株式会社、豊和繊維工業 株式会社
本プロジェクトに
関する問い合わせ先
部署名
営業部

条件から探す

業種から探す

製造業

年度 ~ 年度
事業化状況から探す
ニーズから選ぶ
エリアから探す

サポイン技術登録数

239
(2018年11月13日現在)
  • サポイン技術検索
  • サポイン技術一覧
  • 現在研究実施中のサポイン事業一覧はこちら

トップページへ

このページの先頭へ