1. ホーム >
  2. サポイン技術を探す >
  3. 機械設備類の省力化・小型化を可能とする複動ダイセットを用いたバリなし鍛造による複雑形状部材の低コスト量産化技術の開発

プロジェクトの基本情報

印刷する

2019年3月18日更新

小型プレスによる複動閉塞鍛造

まこと工業 株式会社

プロジェクト名 機械設備類の省力化・小型化を可能とする複動ダイセットを用いたバリなし鍛造による複雑形状部材の低コスト量産化技術の開発
対象となる川下分野 自動車
川下企業におけるニーズの対応 高機能化(精度・性能の向上など)
質量低減(小型化、軽量化など)
環境配慮(不純物の除去や無害化、廃棄物削減、 CO2削減など)
低コスト化(ランニングコスト低減、ロス削減、 省力化など)
上記ニーズに対する具体的な数値 材料歩留り85%~100%の実現
事業実施年度 平成22年度~平成23年度
事業化状況 事業化済み(すでに販売実績あり)
対象としている素材 鉄、ステンレス

プロジェクトの詳細

プロジェクトに至った背景・経緯
自動車業界におけるコスト削減(ニーズ)に対し、材料歩留まりの向上は、加熱エネルギーのロス・材料のロスを削減するということで、コスト削減に有効である。現在はバリを発生させることにより安定した製品の生産を行っている。この工法では製品部以外に最終的には不要となる材料が必要であり、材料歩留まりは、プレス鍛造で60~70%・ハンマー鍛造で55~60%と低い。バリなし鍛造によるコスト削減に向けて、閉塞鍛造装置の試験機を製作し、実地テスト(プレス鍛造)を行うとともに、荷重測定を行い機械設備の省力化を可能とし省エネルギーを可能とする。
研究開発のポイント
複雑な投影形状の鍛造は現在バリ出し鍛造で生産されており、材料歩留まりはおよそ55~70%と非常に悪い。そこで材料歩留まり95~100%とするネットシェイプ成形を可能とする熱間高速閉塞鍛造装置による量産化の開発を行い、材料コスト・加熱コストの低減を可能とする。又、閉塞鍛造装置により加圧荷重の低減が期待できる事は設備機械の省力化・小型化が可能となり省エネルギーとなる。さらに金型材料の検証、金型の潤滑材の検証による金型寿命の向上により、従来のものより約30%コストを低減させる。
研究開発の具体的な成果
対象製品を4種類選択し、其々に適応した4種類の閉塞鍛造装置を開発した。No1製品に付いては、歩留り:100%・荷重:鍛造機械の変更で小型化実現・量産的に生産完了・客先耐久テストに合格、その後2012年中に受注を確保・事業化展開が可能となった。No2製品に付いては、歩留り100%・現状比1/3を可能としたが、量産に問題発生し補間研究中。No3製品に付いては、歩留り100%・現状比1/3を可能とした、客先でのプレゼンが終了し形状変更等検討中である。No4製品に付いては、形状が複雑で製品化は実現不可であった。
利用イメージ、今後の活用が見込める分野・製品等
事業化が可能となったNo1製品は省エネルギータイプの自動車エンジン関連部品で、今後も安定的な受注を期待出来る。将来自動車がハイブリッド・電気自動車・ディーゼルなど、どの方向に向うかは予測困難であるが、ハンドル回り・足回りの複雑形状部材は依然使用されると考えられ、その部品への展開を目指し事業化を実現する。

事業化への取り組み

事業化状況、規模 対象4製品において、No1製品の事業化に成功した。No1製品は類似品を含め全体で約30万個/月であり、2013年度後半には、No1製品で1万個/月の注文を確定、又類似3製品で8万個/月の注文が見込まれる。
事業化による効果 No1製品の事業化により、2013年度の後半に新ラインの増設工事を進行中であり、結果2人の新規雇用が発生した。 
新ラインの生産額は、売上ベースで10,000千円/月である。
知財・広報活動 No4製品の形状変更を提案し補間研究の結果を、川下ユーザーへのプレゼンを行った結果、製品形状をより進めた、実用的形状の打ち合わせに入った。近々の事業化を見込む。
今後の見通し No1製品の量産化設備開発を進めており、同系製品・他品番への応用を進めてゆく。
No4製品は、実用化に近付いている。

研究開発の体制

事業管理機関 公益財団法人 岐阜県産業経済振興センター
法認定事業者 まこと工業 株式会社
まことEG 株式会社
研究実施機関 まこと工業 株式会社
まことEG 株式会社
国立大学法人 名古屋工業大学
岐阜県工業技術研究所

PRコメント

 まこと工業 株式会社は創業以来50年余り鍛造業に携わっております。コスト・品質・納期はもとより、提案型を基本に、誠実にお客様のニーズに答えるべく日々生産活動をしております。本開発は鍛造品のコスト低減を、歩留り向上・設備の省力化(省エネルギー)を目標に行いました。対象を4製品とし、4種の閉塞鍛造装置を開発しました。試作品を製作した結果、一製品は実用化を果たし量産体制に進行中です。他の製品に付いても、形状の変更等を客先と打ち合わせ、実用化を目指しております。製品形状設計から金型製作まで社内で行っており、設計変更などに迅速な対応が可能です。

企業情報

社名 まこと工業 株式会社
(法人番号:6200001017595)
所在地 〒501-3307 岐阜県加茂郡富加町大平賀488
電話番号 0574-54-2211
社員数 168名 (男性  144名、女性  24名)
資本金 60,000千円
業種 その他の製造業
事業内容 熱間鍛造、温間鍛造、熱冷複合鍛造
URL http://www.makotokogyo.co.jp/
保有する生産設備と
スペック
ハンマー:6t、3t、55E、100E、180E
プレス:2500t、1500t×4台、1200t
冷間プレス:1000t、630t、250t、220t、200t、110t
生産拠点エリア 国内 所在地:岐阜県加茂郡富加町大平賀488
海外生産対応 不可
主要な取引先 愛知製鋼 株式会社、NSKステアリングシステムズ 株式会社、NTN 株式会社、KYB 株式会社、株式会社 ショーワ、大信精機 株式会社、株式会社 デンソー、ヤマハ発動機 株式会社、(敬称略)
本プロジェクトに
関する問い合わせ先
部署名
プレス部
  • 職場風景、企業ロゴ、
社屋など

条件から探す

業種から探す

製造業

年度 ~ 年度
事業化状況から探す
ニーズから選ぶ
エリアから探す

サポイン技術登録数

239
(2018年11月13日現在)
  • サポイン技術検索
  • サポイン技術一覧
  • 現在研究実施中のサポイン事業一覧はこちら

トップページへ

このページの先頭へ