1. ホーム >
  2. サポイン技術を探す >
  3. 高密度配線組立の低コスト化器材・装置類の開発

プロジェクトの基本情報

印刷する

2019年3月18日更新

極細画像内文字のデータ化に成功!
(1mm径までの電線表面に印字された文字の認識・データ化を実現)

東洋航空電子 株式会社

プロジェクト名 高密度配線組立の低コスト化器材・装置類の開発
対象となる川下分野 航空機、エネルギー、産業機械
川下企業におけるニーズの対応 高機能化(精度・性能の向上など)
質量低減(小型化、軽量化など)
効率化(生産性・作業性の向上など)
信頼性・安全性(信頼性の高い検査技術の実現など)
低コスト化(ランニングコスト低減、ロス削減、 省力化など)
上記ニーズに対する具体的な数値 電線識別番号、加工後形状を見て確認・検査する行為を画像処理器材化により、50%以上早め、高密度配線組立の全体時間を30%減少
事業実施年度 平成22年度~平成24年度
事業化状況 実用化済み(完成はしているが販売実績はなし)
対象としている素材 銅及び銅合金の電線、コネクタ及び、そのピン

プロジェクトの詳細

プロジェクトに至った背景・経緯
高密度配線(ワイヤーハーネス)組立の現状は、工程全体の約80%が人手と目視に頼る作業となっている。特に世界後発での新規開発参入となった小型民間機においては、グローバルな受注競争により機体価格の半減以下が必須であり、その構成部品の一部でもあるワイヤーハーネスについても同様であった。
研究開発のポイント
組立工程内に散在する細い電線上に印字されている識別番号の読み取り・仕分け・配線、電線被覆剥ぎ後の傷確認、コネクタピンへの電線圧着後の形状確認等の目視による確認・検査作業に対して、画像処理の高精度化、高速処理化を応用した器材の研究開発により、作業時間の半減化を狙ったものである。
研究開発の具体的な成果
(1)普通型、小型、形態型3種の電線番号読み取り・加工品質の自動記録器の開発
(2)電線識別番号の文字データ認識、及び加工傷等画像での良否判別アルゴリズムの開発
(3)コネクタ組立用のピン挿入指示・記録器の実験モデル開発
(4)コネクタ表面のピン配列文字の認識、及びピン挿入時の該当位置指示に関するアルゴリズムの開発
利用イメージ、今後の活用が見込める分野・製品等
開発器材は、次の作業等に効果あり。
(1)目視による細い電線番号等、小さい文字の読み取り作業
(2)目視による電線被覆剥ぎ等加工後の傷の良否判定作業
(3)目視によるコネクタピン圧着後の形状の良否判定作業
(4)目視により、コネクタ組立でのピン挿入位置認識を紙資料と対比しながら行っている作業

今後活用が見込める分野・製品は、高密度配線を多用している
 (1)航空宇宙分野
 (2)工作機械等産業機械
 (3)高機能複雑医療装置
 (4)高機能ロボット

事業化への取り組み

知財・広報活動 特許申請は補間研究による実用化以降と考えている。広報活動としては、サポイン展示会、航空宇宙関連展示会、日刊工業新聞及び地元新聞の記者への紹介等を行っている。
今後の見通し 実用化に向けて、2013年度から総費用約16百万円の設備投資として補間研究を開始、年度末には第一次として、実用化(まず、PL企業内での作業改善設備として導入)を目標に進めている。
第一次導入設備により、ワイヤーハーネスの組立工数が約30%低減を見込んでいる。

研究開発の体制

事業管理機関 公益財団法人科学技術交流財団
法認定事業者 東洋航空電子 株式会社
株式会社 アイキューブテクノロジ
研究実施機関 東洋航空電子 株式会社
株式会社 アイキューブテクノロジ
国立大学法人名古屋工業大学大学院

PRコメント

・目視による小さく細い電線番号の読み難さを排除でき、作業性を向上
・電線被覆剥ぎ後の傷及びコネクタ用ピンへの電線圧着後に異常を事前排除でき、ワイヤーハーネスの長期間使用を保証
・高密度コネクタの各ピン位置に、指定されたピン圧着済み電線を挿入する時に、各々の該当位置を指示でき、作業性を向上
・また、挿入後に、正しい位置であるかどうかを、現物画像と事前定義との自動照合により、挿入間違いを作業時点に排除(ヒュ-マンエラ-防止)
・製造トレーサビリティを簡便取得
・作業時点での良否判別によるヒューマンエラー流出を防止

企業情報

社名 東洋航空電子 株式会社
(法人番号:9180001080841)
所在地 〒484-0901 愛知県犬山市字柿畑63番地の1
電話番号 0568-67-2160
社員数 248名 (男性  207名、女性  41名)
資本金 9,600万円
業種 電気機械器具製造業
事業内容 (1)航空宇宙用電装部品(ワイヤーハーネス)の設計・製造
(2)(同)試験器材類の製造
(3)航空機胴体内での艤装(部品等の取付)
URL http://www.tokoden.co.jp/
保有する生産設備と
スペック
(1)電線への電線番号のマーキング装置(UVレーザ方式)(輸入)
(2)ワイヤーハーネス、電装品の回路試験器(社内開発)
(3)ナイロン繊維又は軟銅細線によるワイヤーハーネスの保護編み機
生産拠点エリア 国内 所在地:愛知県犬山市字柿畑63番地の1
海外生産対応 不可
主要な取引先 三菱重工業 株式会社、富士重工業 株式会社、IHIエアロスペース 株式会社、株式会社 東芝
本プロジェクトに
関する問い合わせ先
部署名
営業部 第二営業グループ
  • 職場風景、企業ロゴ、
社屋など

おすすめのページ

条件から探す

業種から探す

製造業

年度 ~ 年度
事業化状況から探す
ニーズから選ぶ
エリアから探す

サポイン技術登録数

239
(2018年11月13日現在)
  • サポイン技術検索
  • サポイン技術一覧
  • 現在研究実施中のサポイン事業一覧はこちら

トップページへ

このページの先頭へ