1. ホーム >
  2. サポイン技術を探す >
  3. 難加工材の三次元形状を超精密に創成する丸プレート方式によるプレス金型製造技術の確立

プロジェクトの基本情報

印刷する

2019年3月18日更新

丸プレート方式による金型で、低コスト・高精度のプレス加工が可能!

株式会社 加藤製作所

プロジェクト名 難加工材の三次元形状を超精密に創成する丸プレート方式によるプレス金型製造技術の確立
対象となる川下分野 自動車
川下企業におけるニーズの対応 高機能化(精度・性能の向上など)
効率化(生産性・作業性の向上など)
信頼性・安全性(信頼性の高い検査技術の実現など)
低コスト化(ランニングコスト低減、ロス削減、 省力化など)
短納期化(リードタイム、工程の短縮など)
上記ニーズに対する具体的な数値 加工精度10μm以下、金型コスト半減
事業実施年度 平成22年度
事業化状況 事業化済み(すでに販売実績あり)
対象としている素材 純鉄、鉄、ステンレスなど

プロジェクトの詳細

プロジェクトに至った背景・経緯
自動車産業界では国際競争力が激化する中で、短納期化・低コスト化がポイントとなっている。金型製造においても、製品精度を維持しながら金型の低コスト化等が求められている。このような背景の中、金型のコスト低減を目的として、自己調芯を可能とするシンプルで高精度なプレス金型製造技術を確立するに至った。
研究開発のポイント
難加工材の3次元形状部品をプレス化することや、金型費用の削減等の高付加価値化を目的として、金型を一般的な角プレート構造ではなく、丸プレート方式の嵌め合い自己調芯金型製造技術を確立することで、精密プレス製品の低コスト化を図る。
研究開発の具体的な成果
丸プレート方式の金型は、ダイセットを使用せず嵌め合い構造による自己調芯金型である。実証実験金型を製作し、目標とする製品精度、金型コスト等を満足できた。
利用イメージ、今後の活用が見込める分野・製品等
補完研究も終了し、自動車部品に使用される深絞りプレス部品に丸プレート方式の金型を採用中。

事業化への取り組み

事業化状況、規模 自動車に使用される深絞り製品の金型で、丸プレート構造金型を使用して量産中。
事業化による効果 低コスト・シンプル構造金型でありながら、高精度を維持しつつ量産中。
知財・広報活動 各種展示会等で研究成果物の展示
今後の見通し 製品品質およびコストを満足できていることから、今後受注する予定の製品は、丸プレート構造金型を採用予定。
当初の目標を踏まえた
上での達成度や
新たな課題
水平展開中。

研究開発の体制

事業管理機関 公益財団法人 岐阜県産業経済振興センター
法認定事業者 株式会社 加藤製作所
研究実施機関 名古屋市工業技術研究所
アドバイザー 岐阜県工業技術研究所

PRコメント

弊社が主力で生産している自動車用排気センサー部品、エアバック部品等は、地球環境や人を守る環境分野であり、21世紀における人類最大の課題でもある未来環境を生み出す日本の技術分野だと確信しております。
また、エンジンバルブセンサー部品、インジェクター部品および、フューエルコモンレール部品等は環境だけでなく、燃料効率を最大限に引き上げ、自動車などの燃費向上による省エネルギー化にも貢献しております。そうした各分野の将来性のある商品の機能部品として、弊社製品は活躍しております。

企業情報

社名 株式会社 加藤製作所
(法人番号:7180001047727)
所在地 〒509-0249 岐阜県可児市姫ヶ丘2-6
電話番号 0574-60-0006
社員数 104名 (男性  71名、女性  33名)
資本金 3,000万円
業種 金属製品製造業
事業内容 金属プレス加工、プラスチック成形、組立、金型製造業
URL http://www.ksj-group.com
保有する生産設備と
スペック
トランスファープレス75台、プラスチック成形機15台、マシニングセンタ5台、ワイヤーEDM5台、研削盤10台、3D測定機1台、形状測定機2台、真円度測定機2台、etc.
生産拠点エリア 国内 所在地:岐阜県可児市(2拠点)
海外 所在地:アメリカ、韓国、中国、シンガポール
海外生産対応 可 対応可能エリア:アメリカ、韓国、中国、シンガポール
主要な取引先 自動車部品メーカー、ガス器具メーカー
本プロジェクトに
関する問い合わせ先
部署名
営業部次長 正村崇英

おすすめのページ

条件から探す

業種から探す

製造業

年度 ~ 年度
事業化状況から探す
ニーズから選ぶ
エリアから探す

サポイン技術登録数

239
(2018年11月13日現在)
  • サポイン技術検索
  • サポイン技術一覧
  • 現在研究実施中のサポイン事業一覧はこちら

トップページへ

このページの先頭へ