トップページ > 施策のご案内 > 製造産業・ものづくり > 繊維産業における外国人技能実習制度理解促進セミナー 開催のご案内

繊維産業における外国人技能実習制度理解促進セミナー 開催のご案内

最終更新日:令和4年3月2日

開催趣旨

 経済産業省では、このたび繊維産業における外国人技能実習制度の理解促進を目的とした説明会を開催します。
 外国人技能実習制度は、『我が国が先進国としての役割を果たしつつ国際社会との調和ある発展を図っていくため、技能、技術又は知識の開発途上国等への移転を図り、開発途上国等の経済発展を担う「人づくり」に協力する』ことを目的として重要な役割を果たしています。一方で、近年では国際的な適切なサプライチェーン管理が求められており、違反事例が散見されることから国内外においてリスクとなる可能性が指摘されています。
 特に繊維業界においては、世界的にサステナビリティの機運が高まり、適正な労働環境の整備やサプライチェーンの管理等が求められており、今後、国内外問わず、安全な取引を行うためには、実習実施者による技能実習の適正な実施はもちろん、実習実施者を含めたサプライチェーン全体が制度を十分に理解することが重要です。
 外国人技能実習生を受け入れている企業の方だけではなく、監理団体、発注側の企業の方など、幅広く繊維産業に関わる企業の方々が制度理解を深めることができる内容となっております。

開催日時・方法等

日時:令和4年3月30日(水)14:00~15:30

会場:(名古屋会場)中部経済産業局 2階大会議室
           住所:愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
   (富山会場) 中部経済産業局電力・ガス事業北陸支局 富山地方合同庁舎 5階会議室
           住所:富山県富山市牛島新町11番7号
   (オンライン)Microsoft Teams使用

プログラム:
1.繊維産業における外国人技能実習制度に関する現状と課題(20分)
   講演者:経済産業省製造産業局 生活製品課長 永澤 剛
2.外国人技能実習制度の概要と適正化に向けた課題等(20分)
   講演者:厚生労働省 海外人材育成担当参事官室 技能実習監理官 宮崎 千晶
3.「技能実習生の在留に関する取組」について(20分)
   講演者:名古屋出入国在留管理局 入国審査官 渡辺 啓
4.「外国人技能実習制度活用好事例の紹介」について(20分)
   講演者:責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム
5.質疑応答(10分)

  

定員:名古屋会場 15名
   富山会場  30名
   オンライン 200名

参加費:無料

申込期限:令和4年3月25日(金)

お申し込みはこちら

お問い合わせ先

セミナーに関するお問い合わせ

経済産業省 製造産業局 生活製品課 花等、園
 連絡先 03-3501-1511(内線 3861)
     03-3501-0969(直通)
     03-3501-0361(FAX)

申し込みに関するお問い合わせ

中部経済産業局 産業部 製造産業課 吉田、井上
 連絡先 052-951-2724 (直通)
     052-951-0977(FAX)
 メールアドレス:chb-seizo@meti.go.jp

 

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク