地域未来応援プログラム

根上工業株式会社

さまざまな重合方法を用いた
機能性ポリマーの開発・製造

根上工業株式会社01

この企業にオンライン商談会をご希望の方はこちらからお申し込みください。

事業概要

会社概要

根上工業は石川県に本社を置く化学品製造会社です。水系懸濁重合をメインテクノロジーに、様々な重合方法を用いて機能性ポリマーの開発・製造を行っています。製品群は真球状架橋ポリマー微粒子・熱可塑性アクリル樹脂・UV/EB/熱硬化型樹脂(アクリル系・ウレタン系)です。
販売分野は化粧品、自動車、建材、電子材料と多岐にわたり、お客様のご要望にお応えしています。国内顧客のみならず海外での採用実績も多数ございます。弊社の製品がないと目的性能を達成できない。そんなモノづくりをしている会社です。

根上工業株式会社画像02

製造設備

弊社保有設備では、懸濁重合・溶液重合・重付加反応を得意とし、100L~6000L反応釜、固液分離装置、乾燥装置、分級装置を備え、高粘度・高分子量ポリウレタン合成、低Tg~高Tgのアクリル樹脂粒子の重合~洗浄~乾燥・任意の溶媒への溶解までの一貫生産が可能です。
これらの設備を用いて受託製造も承ります。ラボ検討から量産化までを研究員がお手伝いいたします。

根上工業株式会社画像03

研究開発

根上工業は、業界の中ではコンパクトな規模の会社です。社員の3人に1人は技術開発スタッフで創業以来、技術開発を重視する姿勢を一貫しています。少数精鋭、臨機応変、緻密なコミュニケーションと素早い意思決定。そんな特長をフルに発揮し、いくつもの優れた製品を開発してきました。
「ニッチ」な市場に向けて、大手ではできない「高付加価値」の製品を開発・提案しています。単一の素材だけでなく他の素材との複合化も応用研究として鋭意研究し、分析機器、評価機器等の実験機材も充実させています。

根上工業株式会社画像04

プレゼンしたい事業
(製品・サービス等)

根上工業株式会社画像05

真球状架橋微粒子

「ART PEARL」は耐溶剤、再分散性に優れた粒子径0.1~200μmの真球状、多孔質、異形架橋ポリマー微粒子です。ウレタン系は柔軟性、ゴム弾性、耐衝撃性、耐傷付性、応力緩和性等の機能、アクリル系は光拡散、滑り性向上、アンチブロッキング性、耐候性等の機能を利用した有機フィラーとして塗料、インキ、電子材料、自動車内装、建材、化粧品分野等に、更に顔料を内包したタイプは意匠性付与を目的とした用途に使用されています。

根上工業株式会社画像06

UV硬化型ベース樹脂

「ART RESIN」はウレタンアクリレート,「ART CURE」はアクリルアクリレートの商標です。電子線、紫外線、可視光、常温硬化型樹脂等のベースレジン・改質剤として使用されています。硬化物は柔軟で屈曲性があり可撓性のあるゴム状から耐薬品性、耐摩耗性、防汚性のある高硬度品まで設計でき、電子材料 プラスチックハードコート インキ 建材 光学部材 自動車部材等の塗料、接着剤、封止材の原料としてのご使用が期待されます。

根上工業株式会社画像01

熱可塑性アクリル樹脂

懸濁重合技術を中心に合成している熱可塑性アクリル樹脂で、軟質(低Tg)の「PARACRON」と硬質(高Tg)の「Hi-pearl」があります。組成や分子量、官能基(水酸基、カルボキシル基、グリシジル基)をコントロールすることができ、耐候性、耐熱性、透明性、応力緩和性、電気特性に優れており、粘着剤、エポキシ樹脂改質剤、繊維コーティング剤、塗料、インキ、成形材料、セラミックバインダー、レジスト材料等に使用されています。 

根上工業株式会社画像07

新商品のご紹介

各製品の新商品を紹介します。架橋微粒子では「多孔質粒子」「高屈折アクリル粒子」「シリコンビーズ複合粒子」「高硬度微粒子」「セルロース粒子」、UV硬化型ベース樹脂では「高伸長、超柔軟性樹脂」「水溶性樹脂」、熱可塑性樹脂では「エポキシ樹脂に相溶可能なアクリル樹脂」がラインナップされています。

企業紹介

会社概要

会社名
根上工業株式会社
代表者
代表取締役 西田 武志
設立
1972年7月
資本金
8,000万円
従業員数
124名
本社所在地
〒929-0125 石川県能美市道林町ロ-22
電話番号
0761-55-3121
ホームページ
https://www.negamikogyo.co.jp/
根上工業株式会社会社概要

この企業にオンライン商談会をご希望の方はこちらからお申し込みください。