地域未来応援プログラム

株式会社秋田屋本店

はちみつ本来の味、香り、色がここに!
食品メーカー向け「クリアハニー」

この企業にオンライン商談会をご希望の方はこちらからお申し込みください。

事業概要

創業は江戸時代、長い歴史を礎に

秋田屋本店は現在、蜂産品(はちみつ等)の生産・販売や養蜂資材の製造・販売、食品・医薬品製造及び製造受託と多様に業務を展開しています。歴史は古く、創業は江戸時代。黒船来航の約50年前の1804(文化元)年で、初代中村源次郎が材木商を開いたのがはじまりです。

銘木「秋田杉」を取り扱っていたことから屋号を「秋田屋」とし、現在の社名になりました。秋田杉がミツバチの巣箱の製造に使われていたのをきっかけに、1887(明治20)年、6代目が「養蜂部」を創設、本格的に養蜂器具の製造を始めました。

その後、事業を発展させ、広く蜂産品の製造や研究も行い、1963(昭和38)年には日本で初めて生ローヤルゼリーの医薬品製造承認を取得するといった成果も収めました。

さらには食品・医薬品製造の技術も得とくし、1980年代には各工場を整備・増設、生産規模を拡大しながら今に至ります。210余年の歴史は、お客様からの信頼の証しです。「不良品は作らない、不良品は出荷しない」を徹底し、安全・安心な製品を提供しています。

株式会社秋田屋本店画像02

ミツバチの研さんを積み、食品・医薬品製造へ

蜂産品ははちみつだけでなく、多種の栄養素を含んだローヤルゼリー、抗菌作用を有したプロポリス、花粉や蜜蝋(ビースワックス)と幅広く扱い、食品、医薬品、化粧品などの各メーカーに原料として提供しています。

養蜂部門は自社のルーツと位置づけており「日本最古の養蜂問屋」を誇りとしています。養蜂の必須資材「巣礎」を日本で初めて製品化しており、「いろは巣礎」の名で現在も販売し全国の養蜂家から支持を頂いています。

食品・医薬品製造部門ははちみつの容器開発から発展させた事業で、現在は4工場(うち1工場は関連会社の運営)が稼働。軟包材容器に対応したOEM(受託製造)などで実績を重ねています。

また、一般消費者向けの蜂産品の製品化にも注力。はちみつ製品では「はちみつのプロ」として厳選した原料を使い、様々な食のシーンに利用頂けるよう多種をそろえ、通信販売などを通じて提供しています。

株式会社秋田屋本店画像03
株式会社秋田屋本店画像04

プレゼンしたい事業
(製品・サービス等)

はちみつのプロとしての矜持、
自社製品「クリアハニー」

はちみつ本来の持つ、味、香り、色を楽しんでもらいたい―。「はちみつのプロ」としての強い思いから、食品メーカー向けに開発したのが「クリアハニー」です。

UF(限外ろ過)膜による添加物を用いない製法で、その名の通り、透明感で違いが分かります。ろ過によって脱タンパク、除菌されることが大きな特長で、濁りや沈殿物が生じることなく、安心・安全な原材になるため、飲料、ゼリー、フィリングなどさまざまな食品の製造で使用できます。

ぜひ、品質をお確かめいただきたいと思います。製品は蜜源ごとに5種類あり、内容量で25kg(一斗缶)と2.5kgを通常で用意していますが、ご要望に応じてドラム缶、コンテナタイプでの提供も可能です。

株式会社秋田屋本店画像05
株式会社秋田屋本店画像06

SDGsアクション「企業養蜂」のすすめ

世界人口の爆発的な増加が予想されるなか、「環境問題」への取り組みが世界で加速しています。秋田屋本店では130余年にわたり社業としてきた養蜂の価値を見つめなおしました。

その結果、ミツバチを飼うこと、つまり養蜂が地球環境の改善につながるものと確信し、さまざまな形での養蜂の推進を目指しています。ミツバチは花粉交配を担い、植物を生育、繁栄させます。いわば「みどりの源」です。その植物は二酸化炭素から酸素を生みだし、地球温暖化の防止に寄与します。また、植物の生育は実りをもたらし、食料という恩恵を人々は受けます。

国連が提唱するSDGs(持続可能な開発目標)が日常的に聞かれるようになりました。当社は、養蜂はSDGsとの親和性が高いと考えています。17のゴールのうち、環境関連を中心に多くのゴールに対して貢献できるため、SDGsへの大きなチカラになる「企業養蜂」を推奨しています。

ミツバチが健やかに生きる環境は、人にとっても良い環境です。企業の社員がミツバチと向き合うことは、環境を「自分のこと」「会社のこと」と捉える強い動機になります。また、大切に育てればはちみつという恵みで応えてくれ、それが社員同士のコミュニケーションを創り出し、地域貢献という活動も展開できます。

養蜂のスタートにあたっては、当社の専門スタッフが丁寧にサポートいたします。ぜひ、一緒に取り組みませんか。

株式会社秋田屋本店画像07

大手食品メーカーの受託製造を担う洞戸工場でこれまで以上に省エネ、省資源化を図るため、オペレーションの計画を策定しました。廃プラスチック類を主原料とした固形燃料「RPF」を使うボイラーを導入します。自社のSDGsの取り組みにも位置付けていきます。

企業紹介

会社概要

会社名
株式会社秋田屋本店
代表者
代表取締役 中村源次郎
設立
1961年11月
資本金
5,000万円
従業員数
244名(2020.10末)
本社所在地
〒500-8471 岐阜県岐阜市加納富士町1丁目1番地
電話番号
058-272-1221
ホームページ
https://www.akitayahonten.co.jp/
SNS
株式会社秋田屋本店会社概要

この企業にオンライン商談会をご希望の方はこちらからお申し込みください。