◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 臨時号(2019.6.18)┓
中部知的財産戦略本部 メールニュース
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 目次 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 1.【New】【三重県】
   外国出願(特許・実用新案・意匠・商標)補助金の公募受付開始!(~7/5)
 2.【New】外国出願の公募助成を受けて権利化された事例紹介について
  ~「音のダイバーシティー・プロジェクト」で社会問題の解決へ~

────────────────────────────────────
1.【New】【三重県】
  外国出願(特許・実用新案・意匠・商標)補助金の公募受付開始!(~7/5)
────────────────────────────────────
三重県内に主たる事業所を有する中小企業者に対して、外国への特許出願、実用
新案・意匠・商標出願、冒認対策商標出願に要する費用の一部補助を行います。

<対象となる企業等>
県内に事業所を有する中小企業者(みなし大企業は除く)
またはそれらの中小企業者で構成されるグループ

<対象となる出願>
補助金交付申請の提出時点において、日本国特許庁に既に特許出願(PCT出願を
含む)を行っている出願であって、以下のいずれかに該当する方法により、令和2
年1月末日までに同内容の出願を外国特許庁へ完了出来ること。
・パリ条約等に基づき優先権を主張して外国特許庁への出願を行う方法
・特許協力条約に基づき、外国特許庁への出願を行う方法
 (PCT出願を同国の国内段階に移行する方法)
・ハーグ協定に基づき、外国特許庁への出願を行う方法
・マドリッド協定議定書に基づき、外国特許庁への出願を行う方法

<補助額等>
原則1企業1出願、補助対象経費の1/2以内
種別ごとの補助金上限額:特許出願:150万円
            実用新案・意匠・商標登録出願:60万円
            冒認対策商標出願:30万円
<受付期間>
2019年6月17日(月)~7月5日(金)17時(必着)

▼詳細
http://www.miesc.or.jp/
▼専用ページ
http://www.miesc.or.jp/web/cgipg/cms/see_more2.pl?d=4&c=687

【問合せ先】(公財)三重県産業支援センター 経営支援課 経営支援班 
      担当:小林・美濃
      TEL:059-253-4355  FAX:059-228-3800

▼中部経済産業局 地域経済部 産業技術課 知的財産室
https://www.chubu.meti.go.jp/b36tokkyo/sesaku/gaikokuhojokin/fy31.html

────────────────────────────────────
2.【New】外国出願の公募助成を受けて権利化された事例紹介について
  ~「音のダイバーシティー・プロジェクト」で社会問題の解決へ~
────────────────────────────────────
三重県松阪市で長年研究開発に取り組むとともに、三重県外国出願補助金により
知的財産を戦略的に活用している横濱金平氏の事例を紹介します。

<横濱氏の技術の要点>
音のエネルギーを収束・増幅させて一点に集中し、強いエネルギーにしてから巨
大な面振動を発生させる技術です(特許取得済、海外特許出願済)。これによ
り、木材の性質、ポテンシャルを最大化させ、人にも環境にも優しいプロダクト
を開発しました。

【技術の要点1】
 今までにない大きな振動板から、これまで体験し得なかった木目細かな音を再
現し、ソフトで気持ちよい音(カンファタブル・サウンド)の体験を可能にしま
す。この方式では音を身体で受け止めることから難聴の人にも聴きやすい音にな
ります。

【技術の要点2】
 スピーカーに近づいても大きくなりすぎず、離れても小さくなりにくい特性を
利用して広範囲に気持ちのいい音を届けます。また、この方式では人サイズの障
害物を簡単に乗り越えリスナーの下に気持ちのいい音を届けます。

【技術の要点3】
 音質がいい理由の大きな要因は、駆動点がピンポイントであることです。従来
のボードスピーカーと呼ばれているものの駆動点が「面」を構成しており、その
ために生じる歪が本ピンポイント駆動方式では軽減されます。また、ピンポイン
トの駆動点が有機的材料=木材・板の大きな面を駆動します。この有機材によっ
て振動板の癖がさらに軽減され、結果的に澄んだ音を広範囲なサービスエリアに
再現できます。旧タイプの面音源方式ではなし得なかった気持ちよい音が体験で
きます。

なお、本事例においては、地域商社「(株)ネーブル・ジャパン」により、「音
のダイバーシティー・プロジェクト(※)」として事業化が進められています。
このプロジェクトにあたっては、日本アジア投資(株)から出資を受けるほか、
音響技術面で浪花千葉音響計画(有)等の支援を受けますところ、今般、
横濱氏の開発したモデルを以下のとおり公開しますのでお知らせいたします。

1.共同記者会見(東京都千代田区神田錦町)
【日時】6月25日(火)10:00~11:00(受付開始:9:40)
【会場】日本アジア投資(株)地下1階会議室
   (千代田区神田錦町3-11 精興竹橋共同ビル)

2.体験会
【日時】6月26日(水)10:00~11:00
【場所】三重県松阪市殿町1385 御城番屋敷 及 旧松坂城の米蔵
   (松坂城跡に向かって左側:一般公開中の屋敷を含め数えて3番目)
【説明者】(株)山の加工場ネットワーク代表 横濱金平
     (株)ネーブル・ジャパン 代表取締役専務 小林益久
【試作品の公開】
 ・神宮の杜の響(神宮御山杉無垢1枚板 幅1.1m×高さ3.9m×厚さ7.5cm)
 ・サウンドテーブル(セン無垢1枚板 幅1.1m×高さ2.1m×厚さ6cm)
 ・パイプオルガンの響(松阪産杉で製作した板壁 幅4m×高さ3m×厚さ1.2cm)
 ・「木音」壁掛タイプ(松阪産杉の間伐材で製作 幅1.8m×高さ0.56m)
 ・サウンドオブジェ・翼(吉野桧で製作 幅2.4m×高さ1m)

3.横濱氏の技術を使った和紙作品の展示会
【展示場所】小津和紙本館ビル3F「小津和紙照覧」会場
     (東京都中央区日本橋本町3-6-2)
【展示期間】6月24日~9月末まで(無料) 開館時間:10:00~18:00
     (定休日:日曜のみ)

<本件に関する問合せ先>
 日本アジア投資(株)管理グループ ディレクター 丸山幸
  TEL: 03-3259-8527
 (株)ネーブル・ジャパン 広報責任者 小林益久
  TEL:090-4053-1961

※音のダイバーシティー・プロジェクト:
 難聴時代のソリューションとなる新しいコミュニケーション技術を使い、地域
の豊富な資源である木材に創造的な価値を付け、環境負荷を低減させ、音による
心的ストレスも軽減させる事業構想。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━━
◇《中部知的財産戦略本部メールニュース》の配信停止を希望される方は、お名
前、配信停止希望アドレスを明記の上、下記アドレスへメールを送信して下さい。
chb-chizai@meti.go.jp

※当メールはコンピュータによって自動送信されています。
当メールをそのまま返信いただいても、お受けすることができませんのでご了承
ください。なお「不在時自動返信メール」についても、当アドレス宛に返信され
ないように設定をお願いいたします。

━─━─━─━─━─━◇◆◇ お問い合わせ先 ◇◆◇━─━─━─━─━━
 中部知的財産戦略本部事務局
 経済産業省 中部経済産業局
 地域経済部 産業技術課 知的財産室
 住 所:〒460-8510 名古屋市中区三の丸2丁目5番2号
 TEL:052-951-2774  FAX:052-950-1764
 E-mail:chb-chizai@meti.go.jp
 URL:http://www.chubu.meti.go.jp/b36tokkyo/index.html