トップページ > 施策のご案内 > 知的財産 >「今、聞いてもらいたいデザイン・ブランドの仕掛けのハナシ <コーヒー片手にふらっと聴くトークセッション>」を開催します!

「今、聞いてもらいたいデザイン・ブランドの仕掛けのハナシ
  <コーヒー片手にふらっと聴くトークセッション>」を開催します!

最終更新日:令和3年2月9日

 中部経済産業局では、経営やビジネス戦略にデザインの視点を取り入れるデザイン経営が注目を集めるいま、デザインの力の活かし方、ブランドメッセージの発信などについて、その実践・可視化に不可欠な「意匠権」・「商標権」の活用にスポットを当てたトークセッションを開催します。
 昨年4月に抜本的に改正された意匠法では、「意匠」の保護対象がプロダクトだけではなく、画像や建築物、内装にまで拡張されました。また、ブランディングで見落としがちなのが企業名や商品・サービス名やロゴマークといった「商標」の権利化。「商標」には文字やロゴだけでなく立体や音、色、一連の動きまで様々な種類があることをご存じですか?
 今回のトークセッションは、特許庁や中部経済産業局の講師陣、空間デザイン・ディスプレイデザインを手がける専門家をお迎えし、「デザイン思考」にも触れながら、ビジネスに直結する意匠・商標の関わりをコーヒー片手に「なるほど・・・」とうなづいていただける”仕掛け”でカジュアルにお届けします。

講座内容・開催日時・講師

日時:2021年2月22日(月)14:00-17:00

参加費:無料

定員:会場 15名(要事前申込)
   オンライン配信 60名(要事前申込)
   ※オンラインでのご参加にはMicrosoft Teamsをご準備ください。

会場:FabCafe Nagoya
(名古屋市中区丸の内3-6-18先「RAYARD Hisaya-Odori Park」内)

申込締切:2021年2月17日(水)

プログラム

【これから必要な「デザイン」と「経営」のハナシ】

 ●デザイン経営のススメ
 ●意匠法改正のポイント、権利範囲の拡がり

<講師>外山 雅暁 氏(特許庁 意匠審査官)


【意外と見落としがちな”商標”のハナシ】  

 ●商標の種類やチカラ、失敗事例
 ●商標活用によるブランディング事例など

<講師>小岩井 陽介 氏(中部経済産業局知的財産室)


【空間のブランディングとクリエイターの役割】

 ●店舗・インテリアデザインのブランド展開

<講師>尾西 雄一郎 氏(株式会社スペース名古屋本部クリエイティブ事業部 事業部長)

【今、聞いてもらいたいデザイン・ブランドの仕掛けのハナシ
 <コーヒー片手にふらっと聴くトークセッション>】

 ●意匠×商標の活用に関するウラバナシ
 ●デザイン・ブランド構築における意匠・商標で注意するポイント
 ●参加者からの質問に答えながらクロストークなど

【インフォメーション(意匠・商標の出願手続きetc.)】

申込方法

参加希望の方は事前申込が必要となります。
申込専用ページからお申込みいただくか、掲載のチラシをクリックしてご参照の上、FAXまたはE-mailにてお申込みください。

申込専用ページはコチラ

FAX:052‐265‐2107 / E-mail:chubu.design2021@idcn.jp

※参加をお断りする際には事前にご連絡いたします。定員になり次第、申込を締め切らせていただきます。

本イベントの開催にあたっては、新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインに準じて開催致します。

お問合せ先

株式会社国際デザインセンター事業部「トークセッション」係(担当:林、佐藤)
〒460-0008 名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパーク・デザインセンタービル6階
TEL:052-265-2104 FAX:052-265-2107

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 地域経済部 産業技術課 知的財産室
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052‐951‐2774
FAX番号:052‐950‐1764
メールアドレス:chb-chizai@meti.go.jp

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク