トップページ > 施策のご案内 > 知的財産 > 「ブランディングワークショップ」を開催します

「ブランディングワークショップ」(全2日)を開催します!
-商品のリブランディングを体系的に学ぶ2日間-

最終更新日:令和2年10月22日

 中部経済産業局では、中小企業の皆様を対象とした「ブランディングワークショップ」を開催します。
 「ブランディングワークショップ」は、専門家の支援による新商品・サービスパッケージ開発プロセスを通じて、意匠・商標を活用した企業等のブランド化・リブランディング手法を中部地域に効果的に普及啓発することを目的に開催します。この機会にぜひ「自社商品の付加価値」を高めるためのブランディング手法を見直してみませんか?

講座内容・開催日時・講師

日時:【1日目】2020年11月19日(木)13:00-17:00
   【2日目】2020年12月 8日(火)9:00-18:00

受講料:無料

定員:15名程度(要予約)

参加対象:
「今販売している商品を、新しい市場に向けて展開していきたい」「自社商品の付加価値を高めたい」「商品を作ったが、どのように販売したら良いかわからない」等の思いを持っている中小企業の方等
原則として、全2日の講座に参加できること

会場:FabCafe Nagoya(名古屋市中区丸の内三丁目6番18号先 RAYARD Hisaya-Odori Park内)

申込締切:2020年11月10日(火)

講座内容

【1日目】2020年11月19日(木)13:00-17:00
    ペルソナ設定とブランドプロミス作り

ブランドは、消費者との約束の証です。約束の相手を見える化するペルソナ(ターゲット)設定と、その約束の相手に何を約束するのか?約束の言葉作りのブランドプロミスの設定を分かりやすく行います。
持ち物:今回のワークショップでブラッシュアップしたい自社の商品をご持参ください。

【2日目】2020年12月8日(火)9:00-18:00
    デジタルマーケティングとプレスリリース/知的財産の活用

現代のマーケティングには欠かせない、SNSやWebサイト等のオンライン上で顧客とのつながりを増やすための施策をお教えします。また、プレスリリース作成方法と配信方法や、その後の活用術など、中小企業の実践的なブランドの発信方法をお教えします。加えて、ブラッシュアップした商品の競争力を高めるための意匠(デザイン)や商標(ロゴ・ネーミング)の保護・活用手法についても事例とともにわかりやすくお伝えします。

<トータルコーディネーター>安藤 竜二 氏(株式会社DDR 代表取締役社長)
老舗材木屋あがりの異色のブランディングプロデューサー。「ブランドとは消費者との約束の証」を合言葉に、全国各地のこだわりを持つ、中小企業の商品やサービスをブラント化。社員を巻き込みブランドを作る独自のブランディング手法のトルネードブランディングを元に、地域企業の逸品を世界に発信するサポートを実施している。

<知財講師>松井 宏記 氏(レクシア特許法律事務所 意匠・商標代表パートナー 弁理士)
意匠・商標の出願、審査対応、鑑定、侵害対応に精通している。日本国内のみならず、ヨーロッパ・アジア・アメリカ等での意匠及び商標の実務全般についても経験豊富。特に、デザイン思想を守るための戦略的意匠出願、及び法的又は経営的ブランド戦略については、意匠と商標の両分野における高度な専門性を活かしたサービス提供が得意。

申込方法

参加希望の方は事前申込が必要となります。
掲載のチラシをご参照の上、お申込みください。
(https://bit.ly/34VFyrL)

※申込者多数の場合は、抽選を行わせていただきます。予めご了承ください。
 定員になり次第、申込を締め切らせていただきます。

本イベントの開催にあたっては、ご来場の皆様の安全に配慮し、新型コロナウイルス感染症対策のため、マスクの着用やアルコール消毒、ソーシャルディスタンスの確保等の対策を実施します。ご来場の皆様におかれましては何卒ご理解・ご協力の程、よろしくお願いいたします。

お問合せ先

「ブランディングワークショップ」事務局(株式会社ロフトワーク内)
chubu@loftwork.com

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 地域経済部 産業技術課 知的財産室
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052‐951‐2774
FAX番号:052‐950‐1764
メールアドレス:chb-chizai@meti.go.jp

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク