トップページ > 施策のご案内 > 知的財産 > 中小企業に対する提案力向上のための知的財産ワークショップを開催!「東海地域金融機関向け知的財産研究会」のご案内

中小企業に対する提案力向上のための知的財産ワークショップを開催!
  - 「東海地域金融機関向け知的財産研究会」のご案内 -

最終更新日:令和2年11月13日

 中部経済産業局では、東海地域の地域金融機関を対象として、中小企業の持つ事業の強みを知的財産の観点から把握する手法を習得していただくとともに、特許庁の支援策を効果的に活用していただくための「東海地域金融機関向け知的財産研究会」を、東海財務局及び愛知県と共催で名古屋市において開催します。

1.目的・概要

 アフター/with コロナの状況において、金融機関が取引先企業とコミュニケーションをする際、様々なニーズに対応するソリューション提案を行うことがますます期待されています。本研究会では、東海地域の金融機関の職員を対象として、コロナ禍の今必要な、取引先企業の事業の強みや特徴から課題を抽出する手法や、特許庁が進める「知財金融」について理解が深まるように、ワークショップも交えて開催します。
 講演では、株式会社きらぼしコンサルティングの強瀬代表取締役社長(金融機関出身)をお招きし、「コロナ禍にとっての知的財産」と題する基調講演をいただくとともに、企業の将来を構想するための思考補助ツールである「経営デザインシート」の活用についてワークショップ形式で学びます。また、特許庁普及支援課からは、知的財産を切り口とした企業の事業実態や将来の成長可能性等を把握するための「知財金融促進事業」について講演を行います。
 講演の後には、参加者で作成した複数のグループに日本弁理士会東海会の弁理士が加わり、金融機関にとって認識すべき知的財産について座談会を行う予定です。また、東海財務局と愛知県からは、最近の施策に関する紹介を行います。

2.日時・場所等

日時 :令和2年12月9日(水)13:00~17:00 

場所 :ウインクあいち 1304会議室(愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4番38号)

主催 :中部経済産業局

共催 :東海財務局、愛知県

参加費:無料

定員 :30名(要事前申込、先着順)

3.プログラム

講演1:「知財金融促進事業」について

・講師:赤穂 州一郎 氏(特許庁総務部普及支援課 企画調査官)

講演2:「コロナ禍にとっての知的財産」について

・講師:強瀬 理一 氏(株式会社きらぼしコンサルティング 代表取締役社長)

ワークショップ:経営デザインシートを書いてみよう!

・講師:強瀬 理一 氏(株式会社きらぼしコンサルティング 代表取締役社長)

座談会:「金融機関にとっての知的財産」について

施策紹介:
■愛知県
■東海財務局「最近の金融施策について」

4.申込方法等

参加希望の方は事前申込みが必要となります。掲載のチラシをクリックしてご参照の上、FAXまたはE-mailにてお申込みください。
■応募締切:12月4日(金)17時まで

なお、本イベントの開催にあたっては、ご来場の皆様の安全に配慮し、政府、自治体及び会場の指針等に沿って、新型コロナウイルス感染症対策のため、マスクの着用やアルコール消毒、検温・問診、ソーシャルディスタンスの確保等の対策を実施します。
 ご来場の皆様におかれましては、何とぞご理解・ご協力の程、よろしくお願いいたします。

プレス資料(PDF形式:289KB)PDF形式

チラシ(PDF形式:1456KB)PDF形式

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 地域経済部 産業技術課 知的財産室
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052‐951‐2774
FAX番号:052‐950‐1764
メールアドレス:chb-chizai@meti.go.jp

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク