平成28年度 企業紹介

電子機器の受託生産で培った製品づくりの
ノウハウをベースに新規事業へも挑戦!

電子機器の受託生産で培った製品づくりの ノウハウをベースに新規事業へも挑戦!

1964年にモートル用の巻線加工を行う町工場として創業。以来、まじめに「ものづくり」と向き合い、多種多様な顧客ニーズに応えることで自社の技術力を高めてきた。現在、メインは各分野のトップメーカーを顧客とする電子機器の受託生産だが、新たな事業展開として生産ラインを支援する産業機器の開発にも取り組んでおり、将来的にはそれを“メイドイン三重”の自社オリジナルブランド商品として世界に向けて発信していく考え。行政が主催する各種の取り組みにも積極的に参加。地元の雇用促進や地場産業の発展にも貢献している。

 【平成29年3月掲載】

女性活躍☆実行宣言!
代表取締役社長前田英則氏
代表取締役社長
前田英則氏
家庭と仕事の両立を考えて新たに7時間勤務の正社員枠を制定
女性の管理職登用を促進し、女性が活躍しやすい雰囲気づくりも
電子機器は製品自体が小さく、非常に細かな部品も多いため、女性のしなやかな指がより適している仕事でもあります。とくに組み立てなどの製造現場では、女性の力がなければ弊社の業務は成り立っていかないと思います。 実際に製造工程では、働いている人の約7割が女性です。そのため安心して長く働いていただけるよう、社員でも7時間勤務の枠組みを新たに制定しました。時短勤務のパート社員、7時間勤務の社員、フルタイムの正社員という3つの間の行き来もしやすく、結婚、出産、子育てといったライフステージに合わせてフレキシブルに働けるようにしています。 また、女性が多い職場ですので、やる気と能力のある方はリーダーや管理職などに積極的に登用し、
女性が自然に活躍できる雰囲気にどんどん変えていきたいと考えています。
事業内容
電子回路設計及び試作、電子機器・製品の加工組立、プリント基板の加工組立、プリント基板、電子機器の自動検査機の開発製作。事業のメインとなっている電子機器の受託生産(EMS)では、ホームセキュリティ機器、暮らし関連機器、車載機器、映像機器、情報通信機器など、幅広い商品分野を担当。各分野のトップメーカーと取引がある。開発、製造、さらに量産を目的とした試作までをトータルでプロデュースできる体制が整っており、顧客満足度の高い提案を展開している。
  • 作業風景
    プリント基板へ電子部品の実装から電子機器の
    組立までおこなっています
  • 最新設備
    電子機器は繊細なため、綺麗な環境での
    「ものづくり」をしています
  • 工場外観
    千里工場では、車載から住宅用セキュリティ商品まで多種の組立てが可能。クリーンルームも完備
活躍中の先輩インタビュー
希望にぴったりの働き方で、生活にゆとりも!
加藤満美さん
加藤満美さん
2016年4月入社
製造部配属
  • 子育て中
  • 既婚
  • 時短勤務中
  • 産休・育休取得
主な経歴
専門学校卒業後、自動車ディーラーでの営業や運送 会社での事務を経験。専業主婦を経て、子供の保育園 入園のタイミングで仕事復帰。入社1年目。週4日、 9:00~15:55のパート勤務。
1日のスケジュール
  • 5:00
    起床
  • 5:30
    お弁当作り・朝食準備
  • 6:00
    ストレッチメイク
  • 6:30
    子供を起こす
  • 7:00
    子どもと一緒に朝食をとり、片付け
  • 8:00
    自宅出発
    保育園に送りながら会社へ
  • 9:00
    出社
  • ****仕事中****
  • 16:00
    退社
  • 17:00
    帰宅後、子供をお風呂に入れる
  • 18:30
    夕食
    ☆お酒を飲むのが楽しみ
  • 20:00
    洗濯物を干す
  • 20:30
    子供を寝かしつけながら、自分も就寝
    ☆起きていられたら自由時間でネイルをする
製造現場での仕事経験は全くありませんでしたが、子育てとの両立のしやすさを考えて 未体験の領域にチャレンジ!とても働きやすい職場です
子どもが生まれてからは家庭を中心に仕事をしていきたいと考えていました。これまで営業職や事務職の経験しかなく、ものづくりの現場というのは考えたこともなかったのですが、求職中に参加した、企業とのマッチングイベントでこの会社と出会い、働いてみようと思ったんです。決め手は、製造現場は自分がやっている仕事も他の人と手順を共有している部分があり、休んだ時でもフォローをしてもらえる体制になっている点でした。今はまだ子どもが小さいので、急にお休みをいただくこともあるのですが、職場の理解もあり、気持ちよく働かせていただいています。
お仕事
細かな組立て作業にも約1カ月で慣れ、 周囲のペースに合わせられるようになりました
最初に配属されたのは部品の組み立て工程で、ピンセットで細かい部品を手順書に沿って組み立てていく作業でした。慣れないうちは肩が凝ったり目が疲れたりして大変でしたが、それも慣れてきたら苦にはならず、1カ月くらいでペースを習得。自分のところでラインの流れを止めることなく、周囲のペースに合わせられるようになりました。毎日、その日の生産計画をこなしていくのが楽しく、またその日に何個作ったかもわかり、仕事の成果が目に見えるので、やりがいもありました。
社員一同
今はできた製品を検査する部署に変わったばかり スピードだけでなく常に正確さも心掛けています
今は新しい部署で製品の検査を担当しています。細かい部分の不具合などを、双眼鏡を使ってチェックしています。この業務についてまだ1カ月も経っていないので不慣れなところはありますが、できるだけ早く、かつ正確にチェックできるよう心掛けています。本来はいいことなのに、不具合が見つからない時は見落としているんじゃないかと不安になることも(笑)。製品を送り出す最終段階の仕事なのでプレッシャーもありますが、早く先輩たちのクオリティーに近づけるよう頑張ります。
先輩にココが聞きたい!
  • 家庭と仕事、両立のコツは?
    気持ちの切り替えが大事だと思います。家から会社まで車で20分ほどかかるのですが、その通勤時間がスイッチの切り替えタイム。大好きなロックを聴いています。子どもが生まれると自分ひとりの時間が取りづらくなるので、通勤時間はリラックスできる貴重な時間。オンとオフの切り替えにも役立っています。家庭と仕事の両立は大変ですが、社会に出ていくことで気持ちのメリハリになり、毎日が充実しています。
  • 仕事をしていてよかったと思うことは?
    収入面はもとより、気持ちの面でもゆとりが出ることでしょうか。実は2018年に韓国の平昌(ピョンチャン)で開かれる冬季オリンピックに、親戚が選手として出られる可能性があるのです。それで現地に応援に行きたいと韓国に行く資金を貯めているのですが、そうしたこともゆとりがないと言い出せないと思います。また、夫の車を買い替えるという目標もあります。働いていることで、普段の生活の質も向上していると思います。
  • ものづくり企業で働きたいと考えている女性へのメッセージを
    製造業というものに対する先入観は一度取り払って、現場を見てみるということが大事かなと思います。私自身、この会社に面接に来た時に現場を見せていただいたのですが、自分が思っていた以上にきれいで静かだということに驚き、すごく整った環境で仕事できるんだなと思いました。会社を選んだ理由も、ここだったら働けるかも、というインスピレーションが大きかった気がします。まずは気軽に一歩、踏み込んでみてはどうですか。
動画
細かい部分の不具合などを、双眼鏡を使ってチェック。 製品を送り出す最終段階の仕事なのでプレッシャーもあります
工場のみなさんとの交流
休憩室でお弁当を食べながら、同僚とおしゃべり。リフレッシュになります
子どもと過ごす時間
大好きなロック歌手のPVを子供と一緒に鑑賞するのが楽しい時間
社長からのメッセージ
フタバ電子工業株式会社代表取締役社長
代表取締役社長
前田英則 氏
座右の銘
「一期一会」
社員のみなさんとの出会い、お客さまとの出会い、全ての出会いを大切に
製造業でありながらサービス業をめざす!そこで女性の力に期待
弊社は製造業ですが、1個いくらという感覚でモノだけを作っていては、追随する他社を引き離し、生き残っていくことはできません。そこで私が常々考えているのが、モノだけではなく、そこにサービスを付加して売っていかなければいけないということです。例えば、日本ならではの細やかな気配りとか工夫とか……。ものづくりに付加価値を付けていくことで、はじめて自分たちがモノを作る意義があるのだと思っています。そこにはやはり、女性の視点や感性も重要です。製品の付加価値を高めていくためにも、製造現場では分野を問わず、どんどん女性の活躍を応援していきたいと考えています。
面白くてやりがいを感じやすい製造業の魅力を知ってほしい
イメージだけが先行して事務職に憧れる女性が多いのですが、実は女性に向いている点もある製造業の魅力をもっと知ってほしいですね。製造現場の仕事は、できた製品が数や形として見られるので、仕事の成果や実績が見えやすいというのはもちろんですが、自分がやるべきことがはっきり決まっているので、やることに集中できるという良さもあります。また、事務職では個人がいろんな業務を分担しますが、製造現場ではチームで作業を行うため、突発的に休まなければいけないような場合でもチーム内で仕事をフォローし合えるという良さもあり、実は子育て中の女性にも向いているんです。仕事と家庭を両立したいと考えている女性も大歓迎ですので、ぜひ、製造業も選択肢の一つに加えてください。
会社名 フタバ電子工業株式会社 法人ナンバー 4190001001537
社員数 社員 176名(うち女性 96名) 参考:女性班長 9名
※パート従業員47名女性
企業HP http://futaba-el.jp/
資本金 4,000万円 創立 昭和39年 (1964年)
所在地 〒510-0305 三重県津市河芸町中別保1861番地
このページを印刷
PDFダウンロード