平成28年度 企業紹介

商品開発力が武器の“珍味”製造のトップメーカー女性が主役のプロジェクトで新たな市場開拓も

商品開発力が武器の“珍味”製造のトップメーカー
女性が主役のプロジェクトで新たな市場開拓も

1966年、四日市にて珍味などの卸しを行う「あづま商店」として創業。1983年に「あづまフーズ株式会社」を設立。生鮮加工食品メーカーとして業務用食材の製造も開始。「たこわさび」を主力商品に、従来の食文化からさらに発展させた独創的なメニュー開発を積極的に行っている。また、アメリカ、カナダ、中国など海外にも関連会社や工場を持ち、日本の食文化の発信にも力を注いでいる。さらに近年では女性目線を取り入れた商品開発プロジェクトをスタート。「FOODEX美食女子 ママの愛グランプリ2016」では出品商品がグランプリを受賞。

 【平成29年3月掲載】

女性活躍☆実行宣言!
代表取締役 宅間 昭雅氏
代表取締役
宅間 昭雅氏
女性だけのプロジェクトチームを発足!
幅広い年齢の女性が活躍できる職場づくりを実践
話題となった「女子会」に着目し、6年前に女性消費者をターゲットにした商品開発を行う女性開発チームを発足しました。所属部署を超えて世代やライフスタイルが違う女性が集まり、女性ならではの視点を活かしたマーケティングを行うとともに、新たな女性向け商品の開発に取り組んでいます。今年度参加した「FOODEX美食女子 ママの愛グランプリ2016」では、出品した「パンボール」がグランプリを受賞するなど、徐々に成果も表れているところです。 このように女性が能力を発揮しやすい環境づくりを実践しているほか、やる気次第でキャリアアップできる仕組みも整備しています。また希望があれば、女性でも海外勤務のチャンスもあります。実際にアメリカやカナダ支店では、女性社員が活躍しています。
事業内容
業務用食材の製造、卸売、輸出入がメイン事業。三重県の菰野町にある本社工場以外にも国内外に営業所や工場を設け、グローバルに事業を展開。積極的に商品開発を行いながら、日本食をベースとした新しい食文化の提案を展開している。食を扱う企業として、安心・安全をモットーとし、国際的に認められている食品衛生管理システム「HACCPシステム」を取り入れるなど、品質管理においても高いレベルの管理体制を確立。最近では、海外での日本食人気の高まりを受け、海外向け商品の開発にも力を入れている。
  • 工場外観
    大きなシェアを占める主力商品「たこわさび」をはじめ、独創的な珍味は業界でも評判
  • 最新設備
    HACCPシステムに基づき、徹底的に衛生管理された工場で製造を行っている
  • 作業風景
    国内海外問わず展示会には積極的に出展し、「和食」「海産珍味」の魅力を、世界に発信中!
活躍中の先輩インタビュー
主婦生活から一転、仕事に大きなやりがいを感じています!
谷 るみさん
谷 るみさん
1999年入社
商品開発部 商品開発課 主任
  • 既婚
  • 管理職
主な経歴
短大卒業後、金融機関での事務職として、7年間勤務した後、結婚・出産のため退社。10年間専業主婦をした後、あづまフーズ株式会社に入社。経理部、生産管理部を経て、現在は商品開発部の主任を担当。また市場開発プロジェクトのチームリーダーとしても活躍中。
1日のスケジュール
  • 4:30
    起床
  • 5:00
    お弁当・朝食準備などの家事、ペットの世話
    ☆お弁当は夫・娘・自分用の3人分!
  • 6:30
    義父の世話
    ☆週2回はデイサービスに行くための準備も
  • 8:15
    自動車で出勤
  • 8:30
    出社
    ☆朝礼で1日の業務確認をしてスタート!
  • 仕事中
  • 17:30
    退社
    ☆そのままスーパーへ買い物へ
  • 18:00
    帰宅、義父の世話、夕食の支度
  • 18:30
    娘の帰宅、夕食
  • 19:30
    夫の帰宅
  • 20:00
    自由時間
    ☆日課である夫とのウォーキング(30分程度)に
    出かけたり、マッサージチェアで
    リフレッシュしたり
  • 22:30
    就寝
10年の専業主婦生活から仕事復帰!
仕事ができる喜びを感じる毎日です
結婚後、出産を機に前職を辞めて10年間主婦をしていましたが、もう一度社会とのつながりを持ちたいと考え、思い切って仕事復帰することに。ちょうどこの会社の工場が家の近くにできると知り、パートとして応募しました。ブランクが長かったので、最初はかなり不安もありました。10年主婦をしている間、世の中はすごく進んでいるのに自分は立ち止ったまま。パソコン教室に通ったりして、自分なりに準備をしました。仕事に復帰したことで毎日にハリが生まれたように思います。特に正社員になってからは、責任はあるものの、すごくやりがいを持って仕事ができていると感じます。
お仕事
試作を繰り返し商品改良や開発をするのが仕事
女子会プロジェクトチームにも参加!
経理と生産管理の仕事を経て、今は商品開発を行う部署にいます。国内向け商品、海外向け商品ともに、営業が取引先からヒアリングしてきた意見などを取り入れ、既存商品の改良を行ったり、新たな商品の開発を行ったりするのが主な仕事です。並行して社内の女子会プロジェクトチームの一員として、打合せや市場調査、試作などを行っています。月に1回程度、女子会メンバーで名古屋などのレストランに市場調査に行くのですが、これはみんなのお楽しみとなっています(笑)。
社員一同
自分が仕事を任される喜びを実感!
食べる人の笑顔を引き出す商品づくりをしていきたいと思っています
食品メーカーの商品開発といえば、多くの人が憧れる部署。普通の主婦だった私が、まさかこのような仕事を任されるとは思ってもいなかったので、今は本当に毎日楽しく仕事をさせてもらっています。自分たちが生み出した商品が日本全国、はたまた世界各国へと発信されていくのは、すごく嬉しいですし、大きなやりがいにもつながっています。会社も「やりたいことはどんどんチャンレンジを!」と背中を押してくれるので、今後はより女性目線を活かして、食べた人の笑顔をたくさん引き出せるような商品を創っていきたいと思っています。
先輩にココが聞きたい!
  • 仕事で苦労したことは?
    女子会チームが開発した「パンボール」をベトナムの工場で作ることになり、現地まで作り方の指導に行った時のこと。あらかじめ現地で用意してもらっていた粉を使用したらまったく膨らまず、目の前が真っ暗に!結局は代替品を見つけてなんとかなったのですが、海外の事情は日本とはまったく違うことを実感するとともに、事前準備の大切さを改めて思い知りました。
  • 仕事をするようになって変わったことは?
    毎日の生活の中で、商品開発のヒントになることはないかと常に意識するようになりました。例えばテレビなども観る視点が変わってきたような気がします。とくに料理番組や旅番組を観る時などは、どこかに活かせるアイデアはないかと思って観てしまいますね(笑)。朝の情報番組でトレンドなどを取り上げている時は、必ずチェックするようにしています。
  • 今後の夢や目標は?
    今年、女子会チームが開発した商品が賞をいただき、すごく自信にもなりましたし、次も頑張ろう!というモチベーションにもつながりました。ただ、この商品をもっと世の中の人に知ってもらい、会社に利益をもたらすものにしていくことが次のステップとして大切だと考えています。嬉しいことに他社からコラボレーションの話などもきているので、女子会チームの商品をどんどん社外へ発信し、いずれは単独のパンフレットを作れるくらいまで商品の数を増やしていければと思っています。
動画
商品開発部での仕事の様子。仲間と一緒に何度も味見をしながら検討し、試作を繰り返しています
工場のみなさんとの交流
結婚を機に香港に転居した娘を訪ねた時の一枚。娘も現地で正社員として頑張っているので負けられません!
子どもと過ごす時間
女子会チームでは20~50代まで、幅広い年代のメンバーが毎週集まり、新商品開発に励んでいます
社長からのメッセージ
代表取締役 宅間昭雅氏
代表取締役
宅間昭雅氏
座右の銘
「こだわりのない、こだわり」
開発の現場で花開く女性らしい視点や発想
当社は、お酒のおつまみに好まれるような、いわゆる「珍味」の分野の商品開発でシェアを伸ばしてきましたが、女性が行う女子会はお酒ではなく食事がメイン。そこで、実際に女性社員たちが女子会で食べてみたいものを作ってみたら、という発想で女性による女性のための商品開発プロジェクトをスタートさせました。社内外の評価も上々で、女性ならではの柔軟な発想力が、思いもよらない商品の誕生へとつながっています。また女性はきめ細やかな気配りにも優れているので、商品開発だけでなく、商品をPRするチラシの制作などにも力を発揮してくれています。会社としてもこうした能力をもっと活かしていけるようサポートしていきたいと考えています。
チャレンジする気持ちを大切にサポートしていきたい
日本国内では天候不順などで原料確保が厳しい食品業界ですが、新しい原料を発掘し、新しい商品を生み出していく力があれば、まだまだ世界には大きな市場が広がっています。当社が女性中心の開発プロジェクトを発足した理由も、新商品の開発、提案が大きな利益を生む可能性があると考えてのことです。例えば、グルテンフリー食、ハラルフード、アレルギー対応食など、チャレンジできる分野は際限がありません。当社では、飲食に関わる仕事に興味を持って、新しいことにチャレンジしたい!何かやってみたい!という思いを持った方を歓迎します。チャレンジしたいことはどんなことでも構いません。その思いを表現し、実行したいと思っている方に来てほしいですね。
会社名 あづまフーズ株式会社 法人ナンバー 7190001017340
社員数 社員数96名/うち女性47名
参考:女性管理職:リーダー6名
企業HP https://www.azumafoods.co.jp/
資本金 9,000万円 創業 昭和41年(1966年)
所在地 〒510-1311
三重県三重郡菰野町永井3095-45
設立 昭和58年(1983年)
このページを印刷
PDFダウンロード