多様な人材活用にフォーカス!ダイバーシティに取り組む企業

人事の多様性を拓く!ダイバーシティ注目の企業

コンチネンタル株式会社

コンチネンタル株式会社 【令和2年3月掲載】

ダイバーシティ☆実行宣言!

ダイバーシティ☆実行宣言!の写真
代表取締役社長 岡田幸雄さん

私が仲間と3人で当社を立ち上げたのが1991年。以降、約30年かけて社員は82名にまで増えましたが、この道のりは人材難との戦いでもありました。今でこそ「開かれた企業風土のために」などと言いますが、当社にとってのダイバーシティは「必要に迫られて」というのが正直なところ。冷暖房や休憩スペースの整備など、働きやすい環境を整えるのと並行して、新卒、中途、パート、派遣、高度外国人、外国人技能実習生と、あらゆるチャネルで採用活動を展開し、現在は外国人社員2名、外国人技能実習生11名、シニア社員16名に。それぞれが仕事にやりがいを見出し、長く働いてもらえるよう、能力や目標に沿ったポジションや教育を提供するのに加え、希望や事情に合わせた勤務時間帯や休暇取得にも柔軟に対応。製品情報を全社で共有する生産管理システムなど、ITの導入も積極的に進め、人材難に負けない風土づくりを多面的に推進しています。

事業内容

金属鋼板の溶接・加工による工作機械類のカバーの組立、製作及び、電気機器の筐体、建材等の板金製品の製作。試作品や単品など小ロットから請け負う製品は、月に約3500種。ネットワークによって統合された生産管理システムを用いて、製品情報を全社で共有し、少量多品種の生産を効率的に行うことにより、高品質、短納期、低価格を実現している。こうした経営体制は対外的にも高く評価され、2008年「中小企業IT経営力大賞 IT経営実践認定企業」、2018年「地域未来牽引企業」(ともに経済産業省)など受賞も多数。

取り組みポイント1
【取り組みポイント1】
快適な作業空間を整備

全工場に冷暖房を完備するほか、従業員が毎日気持ちよく働けるよう、職場環境を随時改善。2019年12月には、社員の多くが利用する第2工場の食堂まわりがリフォームされ、さらに広く明るくなったほか、更衣室にも冷暖房が完備されました。
取り組みポイント2
【取り組みポイント2】
交流イベントの開催

花見や忘年会など季節行事のほか、外国人実習生の歓送迎会など、社員全員が参加できるイベントを豊富に用意。直近の忘年会は全社員82名中70名が参加するなど、常に参加率も高く、国籍や年齢、性別が異なる仲間が親睦を深めています。
取り組みポイント3
【取り組みポイント3】
多能工化による柔軟な生産体制

一人が複数の職務を遂行する多能工化を推進。例えば、外国人社員には年1回、20日~1か月間の里帰り休暇を用意したり、育児中の女性社員には、希望の勤務時間帯を設定したりするなど、それぞれの事情に柔軟に対応できる生産体制を確立しています。

経営者の取り組み“成功のKeyPoint!”

経営者の取り組み写真

ITの活用や全従業員対象の活動発表会で、
品質や生産性の向上をめざす。

多様な人材に気持ちよく、効率的に働いてもらうためには、生産現場の効率化が不可欠です。特に少量多品種の製品を扱う当社では、一つひとつの製品の受注状況、図面、進捗状況などをシステムで管理し、効率的な生産に努めています。さらに、シニア、女性、外国人を含め全従業員が8チームにわかれて議論・発表する「5S活動委員会」も年2回開催しています。異なる経験や価値観を持つ社員から実にさまざまな意見を聞き、改善に役立てることができるのは、当社ならではの利点だと感じますね。

教える文化が根付いている職場。
資格取得も徹底サポート。

板金業界は、「見て覚えろ」が常識の世界で、一人前になるまでに相当な時間がかかります。しかし、私自身も他業種から転職した身。もっと生産性を高めることが重要だと、創業当初から若手や新人には積極的に技術を伝え、今ではそれが当社の文化になりました。さらに2018年からは管理職を対象に、外部の専門講師による教育指導の研修も行っています。また、全社員に対して「工場板金技能士」などの資格取得を全面的に支援。現在1級、2級取得者は21名にのぼり、女性も1級と2級に1名ずつ合格しています。

会社概要

企業名/コンチネンタル株式会社
代表者/岡田幸雄
所在地/富山県富山市水橋沖172番地
法人ナンバー/2230001006054
会社設立年/1991年(平成3年)
資本金/1000万円
従業員数/82名
平均勤続年数/9.8年(女性10.4年 男性9.5年)
ホームページ/https://www.continental-ltd.com/

活躍中の社員インタビュー

みんなが優しく受け入れてくれる、居心地のいい会社です。

杉浦美和さん/所属部署:経理室長

永池満さん
所属部署:調達係
2019年入社

  • シニア人材
リューミン・ニュットさん/所属部署:プログラム班長代行

レー チー キエムさん  所属部署:展開係
2015年入社

  • 高度外国人
        

入社の理由

写真の説明

<永池さん>前職で営業マンをしていた時、営業先としてコンチネンタルと出会いました。業績も従業員数も年々増え、着実に成長を続ける社長の経営手腕と器の大きさには当時から一目置いていたので、会社を退職することになった時、真っ先に入社させてもらえないかとお願いし、快諾していただきました。
<キエムさん>大学では機械設計を学び、卒業後はベトナムの会社で働いていました。その頃、知人からコンチネンタルの技術力が凄いと聞き、自分の専門性を高めるために行ってみようと決意。事前にベトナムで半年間日本語を学んだものの、言葉の問題が心配でしたが、皆さん親切に教えてくれ、仕事を覚えることができました。

仕事のやりがい

写真の説明

<永池さん>入社にあたり、「調達係」という職務を新設していただきました。これまで部署ごとに行っていた発注を一元化して行うほか、資材の仕入れの価格改定時の交渉なども担当します。今は仕事を覚えるので精一杯ですが、今後は最適なタイミングでの発注や、当社の利益を上げるための価格交渉に尽力していきたいです。
<キエムさん>入社後に加工現場の仕事を一通り経験し、今はパソコン上の図面を実際の鉄板に展開する業務を担当しています。展開後は抜き出す、曲げる、穴をあけるなど、それぞれの加工に必要なプログラムを作成。最近では複雑な形状の製品も扱えるようになり、日々自分の成長を実感しながら仕事ができるのが楽しいです。

これからの目標

写真の説明

<永池さん>まずは調達係の業務を全うすることが直近の目標です。また私は前職で、溶接についての幅広い知識を身につけたので、長期的にはそのスキルを当社のために役立てたいと思っています。当社は残業がほとんどないため、今後は家族との団らんや趣味の時間も大切にしたいです。
<キエムさん>今後は、展開の業務を完璧にマスターし、板金の経験をもっと積みたいですし、日本語能力を高めて後輩のベトナム人に仕事をしっかり教えたいです。当社は、花見や歓送迎会など集まりが多いですし、年1回、里帰りのため20日ほど連休をもらえるので、寂しさやストレスとは無縁。できるだけ長く働き続けたいです。