トップページ > メールマガジン・SNS・新着情報RSS配信 > 中部METIニュース > 中部METIニュース最新号

中部経済産業局メールマガジン

最終更新日:平成30年01月19日

2018年1月19日(金) 配信 第700号

~最新の施策・タイムリーな話題・イベント・セミナー・公募情報~

経済産業省 中部経済産業局 メールマガジン

「中部METIニュース」

トピックス

中部経済産業局ツイッターのフォロワー大募集

中部経済産業局のツイッター随時配信中!ぜひフォローをお願いします!
https://twitter.com/METI_chb

メニュー(16件)

01. 【応援メッセージ】中小企業事業者の人材政策について
02. 平成30年度 経済産業省関係 税制改正等の支援施策説明会
03. 平成29年度 『航空イノベーションセミナー』のご案内
04. デジタルテクノロジーを活用したビジネスモデル創出ワークショップ(経営者がIoT、AI時代を生き抜くためには)
05. 電気用品安全法セミナー(名古屋市)の開催案内
06. 「TPP11、日EU・EPAについての概要説明会(鉱工業分野)」のご案内
07. 最近の管内総合経済動向 [平成30年1月公表分]
08. 管内鉱工業の動向 [平成29年11月速報]
09. 管内商業動態統計(百貨店・スーパー)販売概況 [平成29年11月速報]
10. SIBセミナー:ヘルスケア分野等の社会的課題解決に向けたソーシャル・インパクト・ボンド導入可能性について
11. 再エネコンシェルジュ出張相談会(金沢市)
12. よろず販売促進セミナー「ヒット商品を生み出す秘訣」の参加者を募集します
13. OKa-Biz×東海財務局セミナー『“f-Biz”中小企業支援に学ぶ金融機関に期待される「目利き力」とは』を開催します
14. 中小企業大学校瀬戸校『トラブルを未然に防ぐための法務・労務対策』研修の開催
15. 産業技術総合研究所中部センター研究講演会の開催
16. ICT・IoTビジネスソリューションフェア2018

本文

01. 【応援メッセージ】中小企業事業者の人材政策について

<地域経済部地域人材政策室長 長屋義道>

 日本経済は、長期にわたる景気回復基調が続いていますが、急速な少子高齢化、生産年齢人口減少のもと、労働生産性は先進7カ国最下位であり、国民1人当たりのGDPもOECD加盟35カ国の平均以下です。そのため、IoT、AI等を駆使して労働生産性を高めるとともに、イノベーションが重要であり、これらに対応するためには、「人」の活躍が肝です。一例ですが、世界経済フォーラム発表の世界の男女平等ランキングにおいて、日本は先進7カ国最下位であり、144カ国中114位と、人口の半分の女性の活躍等が遅れているという評価です。
 経済産業省では、平成24年度から、多様な人材一人ひとりがそれぞれの能力を十分発揮して、企業競争力を高める取組のすそ野を広げるため、「新・ダイバーシティ経営企業100選」を設けております。中部経済産業局管内では平成28年度までに、17社が魅力あるモデルとして選定されています。
 中部経済産業局では、中小企業の人材確保支援事業として、女性、若者、シニア、外国人留学生人材と企業を結ぶ事業を行っています。女性事業では、活躍している女性社員と女性人材との交流会、将来の女性リーダーの養成研修等を行っています。若者事業では、企業担当者が、若者に自企業の魅力や働きがいを若者目線で伝える方法を学ぶ研修を通じたマッチング等を実施しています。シニア事業では、信用金庫等金融機関と連携し、中小企業の課題を予め精査することにより、600名を超える登録されたシニア人材との効率的なマッチング事業を行っており、不足する人材確保・人材育成の他、シニアの新しい働き方の一助ともなっています。
 ◆女性・若者人材の活用を頑張る企業については、Webサイトでも紹介しております。
  ・女性活躍を応援 ⇒ http://www.chubu.meti.go.jp/b12mono_woman/index.html
  ・若者活躍を応援 ⇒ http://www.chubu.meti.go.jp/b32jinzai/jinzai_bank/wakamono/index.html
 政府では、人生100年時代構想会議を開催し、昨年末には中間報告として、超長寿社会での人の生き方・働き方に係る学校、企業等の社会システムの姿について取りまとました。その中で検討された「リカレント教育(学び直し)」は、100年という長い期間をより充実したものとするため、生涯にわたる学習を通じてキャリアアップしていくことを目指しています。日本の教育・人材育成を変えていくための取組であり、経済産業省は、このプログラムの確立等に係る予算要求をしているところです。「リカレント教育」は、スウェーデンの教育大臣が約50年前に欧州開催の会議において紹介した時の語源を英訳したもので、オイルショック等の経済危機の星霜を乗り越えてきた宝石のような教育システムですが、成功の鍵は、「人」を大切にする思想の社会的な許容が不可欠と思う次第です。

部署:地域経済部地域人材政策室
TEL:052-951-2731
FAX:052-950-1764

メニューに戻る

02. 平成30年度 経済産業省関係 税制改正等の支援施策説明会

経済産業省 中部経済産業局では、平成30年度 経済産業省関係 税制改正(国内投資を加速化させる税制支援措置の創設、中小企業の設備投資に係る固定資産税の新たな減免措置の創設、事業承継税制の抜本拡充等)等の支援施策についての説明会を開催します。

【説明内容】
1.平成30年度経済産業関係税制改正
(1)「生産性革命」の実現に向けた税制
  ・国内投資(賃上げ・設備投資)の加速化に向けた税制
  ・中小企業の投資を後押しする固定資産税の特例
  ・IoT投資の抜本強化(コネクテッド・インダストリーズ税制)、ほか
(2)「中小企業の生産性向上・地域経済の活性化」に向けた税制
  ・中小企業経営者の次世代経営者への引継ぎを支援する税制
  ・中小企業の賃上げを支援する税制(所得拡大促進税制)、ほか
(3)その他の税制
2.その他の支援施策
  ・中小企業向け支援施策
  ・既に支援がスタートしている税制(地域未来投資促進税制)、ほか

<名古屋会場>
【日時】2018年2月19日(月)14:00~16:00
【場所】中部経済産業局 2F 大・小会議室
    (愛知県名古屋市中区三の丸2-5-2)

<富山会場>
【日時】2018年2月9日(金)14:00~16:00
【場所】富山地方合同庁舎 5階 共用会議室
    (富山県富山市牛島新町11-7)

【申込方法】
以下のURLから申込願います。

○詳しくはこちら

http://www.chubu.meti.go.jp/b11tikei/2018_zeisei_setsumeikai/index.html

メニューに戻る

03. 平成29年度 『航空イノベーションセミナー』のご案内

 成長産業として期待される航空機産業の、さらなる産業基盤拡大と定着のために、市場化において不可欠な技術認証についてのセミナーを開催します。他モードの動向を含めた最新状況と今後の体制作りに焦点をあてます。航空機産業が集積する中部地域で開催。

○日時:平成30年1月31日(水)13:30~17:30 【セミナー】
               17:45~19:30 【交流会】*会費制
○場所:キャッスルプラザ 4F 鳳凰の間 (北)
    名古屋市中村区名駅四丁目3番25号
○主催:中部経済産業局、(一社)中部航空宇宙産業技術センター
○共催:東京大学航空イノベーション総括寄付講座
    東京大学航空イノベーション研究会
○定員:150名 *お申込多数の場合は、定員になり次第締め切り。
○申込方法:
 (1) FAXの場合:
  参加申込書にご記入の上、FAX:052-218-8528までお送りください。
 (2) メールの場合:
  件名に『航空イノベーションセミナー』 とご記入の上、参加申込書の内容を本文に記載し、E-mail:seminar@c-astec.jp までお送りください。
○申込締切日:平成30年1月25日(木)
○お問い合わせ先:(一社)中部航空宇宙産業技術センター(C-ASTEC)
         〒460-0008 名古屋市中区栄2-9-26 ポーラ名古屋ビル10F
         TEL 052-221-6681 FAX 052-218-8528

○詳しくはこちら

https://docs.wixstatic.com/ugd/c8295d_540c84edfcc24a748fd735e1eadb57a6.pdf

メニューに戻る

04. デジタルテクノロジーを活用したビジネスモデル創出ワークショップ(経営者がIoT、AI時代を生き抜くためには)

 IoT、AI時代に突入している現在においては、企業が組織の枠を超え異業種/異分野の持つ技術やデータ、知識などを組合せて、革新的なビジネスモデルやサービスの創出につなげる「オープンイノベーション」が加速しています。
 本ワークショップでは、経営者の皆様に短期間で「IoT、AIで何ができるのか」を実感いただき、それを踏まえた「ビジネスモデルの発想法」を体験していただきます。

◆日時 :2/13(火)10:00~17:30、
     2/14(水)10:00~17:30の2日間
◆場所 :富士通ラーニングメディア 名古屋ラーニングセンター NA06教室(名古屋市中区錦1-4-6 三井生命名古屋ビル 5階)
◆主催 :経済産業省 中部経済産業局
◆参加費:無料
◆対象 :顧客の課題解決のため、積極的にIoT、AI活用をお考えの経営者(原則、2日間参加できる方)
◆定員 :先着30名
◆プログラム(チラシ)
http://www.chubu.meti.go.jp/b34jyoho/shiryo/20180213ws/kouhou.pdf
◆お申込みはこちらからお願いします
https://mm-enquete-cnt.meti.go.jp/form/pub/chubu01/20180213jyoho

メニューに戻る

05. 電気用品安全法セミナー(名古屋市)の開催案内

 中部経済産業局では、電気用品を製造・輸入される事業者の皆様を対象とした「電気用品安全法セミナー」を開催します。
 本セミナーでは、電気用品安全法に係る各種手続き、技術基準の不適合事例など、同法遵守のために知っていただきたい基本的な内容について説明します。
 最近、事業の届出をされた事業者の方、電気用品安全法の担当になられた方、電気用品を取り扱う予定のある事業者の方等におかれましては、是非ご参加ください。
【日時】 平成30年2月16日(金)14:00~16:30
【場所】 愛知県産業労働センター(ウインクあいち)12階1203号室
     名古屋市中村区名駅4-4-38
【内容】 ・電気用品安全法の手続き等について
     ・電気製品による事故事例等について
     ・最近の試買検査と不適合事例等について
【受講料】無料
【定員】 80名(先着順)

○詳しくはこちら

http://www.chubu.meti.go.jp/c23product_safety/electrical_products/seminars/180216seminar.html

メニューに戻る

06. 「TPP11、日EU・EPAについての概要説明会(鉱工業分野)」のご案内

 昨年11月にはTPP11が大筋合意に、12月には日EU・EPAが交渉妥結に至りました。これら二協定の発効によって、相互の企業にとってよりよいビジネス環境が整備され、同協定を積極的に活用することで、日本企業にとってのビジネスチャンスの拡大が期待されます。
 これら二協定の概要、利活用のための支援策をご理解いただくべく、経済産業省本省等担当者を招き、下記のとおり説明会を開催します。

日時:2018年2月5日(月)14:00~15:30 (受付開始13:30~)
場所:中部経済産業局総合庁舎(愛知県名古屋市中区三の丸二丁目5番2号)
内容:TPP11、日EU・EPAの概要(鉱工業分野)について、TPP11、日EU・EPA利活用のための支援策について
参加費:無料
定員:50名(定員に達し次第〆切)

○詳しくはこちら

http://www.chubu.meti.go.jp/b62kyoten/oshirase/tpp/tpp11euepaseminar2018.html

メニューに戻る

07. 最近の管内総合経済動向 [平成30年1月公表分]

管内の経済活動は、改善しています。

・生産は、増加の動きがみられます。
・個人消費は、緩やかに持ち直しています。
・公共投資は、持ち直しの動きがみられます。
・雇用は、労働需給が引き締まっています。

○詳しくはこちら

http://www.chubu.meti.go.jp/a51chosa/doko.html

メニューに戻る

08. 管内鉱工業の動向 [平成29年11月速報]

管内の鉱工業生産指数(11月速報)は、120.9となり、前月比+1.0%と3か月ぶりの上昇となりました。
上昇に寄与した業種は、電子部品・デバイス工業、輸送機械工業、石油・石炭製品工業などです。また、前年同月比は、+5.9%と10か月連続で上昇となりました。

○詳しくはこちら

http://www.chubu.meti.go.jp/a51chosa/iip.html

メニューに戻る

09. 管内商業動態統計(百貨店・スーパー)販売概況 [平成29年11月速報]

平成29年11月の百貨店・スーパー販売額(全店ベース)は、全体では2か月ぶりに前年を上回りました。
業態別では、百貨店、スーパーともに2か月ぶりに前年を上回りました。

○詳しくはこちら

http://www.chubu.meti.go.jp/a51chosa/daiten.html

メニューに戻る

10. SIBセミナー:ヘルスケア分野等の社会的課題解決に向けたソーシャル・インパクト・ボンド導入可能性について

・概要  これまでの実証事業や調査事業を踏まえて、SIB導入に向けたポイントや関係省庁の取組を紹介。日本でのSIB導入をさらに推進する上での課題や新たな取組について、実際に導入に関わる政府、自治体、中間支援組織など、多様な関係者により意見交換を行うもの。
・日時  平成30年2月22日(木) 13時30分~16時00分
・場所  公益財団法人 日本財団 2階大会議室 (東京都港区赤坂1-2-2)
・主催  経済産業省
・共催  厚生労働省
・対象者 主に地方自治体等行政関係者、金融機関、官民ファンド、サービス提供事業者
・費用  無料
・申込  下記事務局URLからお申し込み下さい。
     (事務局:株式会社日本総合研究所)
     https://www.jri.co.jp/seminar/180222_480/detail/

<プレスリリース>
http://www.meti.go.jp/press/2017/01/20180111001/20180111001.html

○詳しくはこちら

https://www.jri.co.jp/seminar/180222_480/detail/

メニューに戻る

11. 再エネコンシェルジュ出張相談会(金沢市)

資源エネルギー庁では、再生可能エネルギー事業(発電・熱)の導入に取組む事業者や自治体の皆様を無料でサポートする「再エネコンシェルジュ事業」を実施しています。
「再エネを導入したいけど具体的にどのように進めたらよいのかわからない」、「様々な支援制度があるけれど選ぶのが難しい」といった疑問・悩みにお答えするため、個別相談、出張相談会、案件形成支援を行っています。

 日時:1月25日(木)13:00~16:00
 会場:TKP金沢新幹線口会議室 会議室6A
  (石川県金沢市堀川新町2-1 井門金沢ビル6F)
 内容:
  13:00~13:20 農山漁村再生可能エネルギー法について  
  13:20~14:00 デンマークのバイオマスを活用した熱利用
  14:00~16:00 個別面談会

※説明会(13:00~14:00)のみのご参加、あるいは、個別相談会のみのご参加も可能です。

○詳しくはこちら

http://renewable-energy-concierge.jp/pdf/prog_2017_kanazawa.pdf

メニューに戻る

12. よろず販売促進セミナー「ヒット商品を生み出す秘訣」の参加者を募集します

 愛知県よろず支援拠点主催「なんでも聞ける・納得できる」セミナーです。
 今回は日経メディアプロモーション株式会社から特別講師を招き、2017年のヒット商品番付の決まり手と2018年のトレンド予測。これを機会にヒット商品の秘訣を身に付けましょう!

講師  :愛知県よろず支援拠点コーディネーター 奥村 彰司
特別講師:日経メディアプロモーション株式会社 角田 哲誌
日付  :平成30年2月15日(木)
時間  :13:30~15:30
場所  :ウインクあいち14階セミナールーム
申込み :愛知県よろず支援拠点 TEL 052-715-3188 平日9:00-17:00

○詳しくはこちら

http://www.aibsc.jp/tabid/491/Default.aspx

メニューに戻る

13. OKa-Biz×東海財務局セミナー『“f-Biz”中小企業支援に学ぶ金融機関に期待される「目利き力」とは』を開催します

 岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Bizは、下記のとおり、「○○ビズ」が、新しい地方創生モデルとしてますます注目される中で、企業の経済活動に密接に関係する金融機関に期待される「目利き力」について、産業支援の第一人者である富士市産業支援センター長の小出氏にお話しいただくセミナーを開催します。 

日時:2018年2月6日(火) 14:30~16:30/14:00開場
場所:岡崎市役所福祉会館6階 大ホール
定員:50名(要事前申込・申込はこちらから http://kokucheese.com/event/index/501869/ )
対象:金融機関関係者、中小企業支援担当者など
講師:小出 宗昭(こいで むねあき)氏/(富士市産業支援センターf-Bizセンター長)

◎岡崎市役所経済振興部商工労政課
 電話:0564-23-6212

メニューに戻る

14. 中小企業大学校瀬戸校『トラブルを未然に防ぐための法務・労務対策』研修の開催

<これだけは知っておきたい!リスクマネジメントの勘所>
 中小企業が直面しやすい様々な法務・労務のトラブルを未然に防ぐための基礎知識や、影響を最小限に抑えるための方策を理解するとともに、組織への浸透方法について学びます。

日時:2月19日(月)~2月21日(水) [3日間]
内容:工程能力の把握と分析
   企業法務の基礎知識と留意点(契約、債権管理、クレーム対応、情報管理等)
   事例から学ぶ労務管理の基本とトラブルの実際
   自社の法務・労務リスクの洗い出しと予防策、体制構築の検討【演習】
会場:中小企業大学校 瀬戸校(瀬戸市川平町79番地)
申込:以下のURLよりオンラインでお申し込み下さい。    
主催、問合:中小機構中部 中小企業大学校瀬戸校
  TEL:0561-48-3401

○詳しくはこちら

http://www.smrj.go.jp/institute/seto/training/sme/2017/frr94k0000004jpb.html

メニューに戻る

15. 産業技術総合研究所中部センター研究講演会の開催

産学官が一体となって研究開発や実用化に取り組み、イノベーションを起こすには、様々な機関・組織の研究者、技術者、それに連携活動の担当者が相互に理解することが必要です。そこで、産総研中部センターの研究活動を知っていただくことを目的として、平成27年度から研究講演会を始めました。本年度は特別講演2件とともに、中部センターの研究成果を4件紹介致します。

【日時】  平成30年1月29日(月)13:30~17:00
【会場】  ウインクあいち(愛知県産業労働センター)9階901大会議室
      (名古屋市中村区名駅4-4-38)
【主催】  国立研究開発法人産業技術総合研究所中部センター
【参加費】 無料
【申込み】 下記URLをご参照ください

○詳しくはこちら

http://www.aist.go.jp/chubu/pr/kouenkai20180129.html

メニューに戻る

16. ICT・IoTビジネスソリューションフェア2018

 石川県IoT推進ラボ(事務局:石川県情報システム工業会)では、ものづくり企業様の競争力強化につなげるため、ICT企業がご提案する生産管理や工程管理、受発注・販売管理等の最新ソリューションフェアを、昨年に引き続き、別添のとおり開催します。
 今回は、記念講演として中小企業のIoT化の実践事例紹介をはじめ、食品製造業でのIoT実証実験紹介や県内工作機械メーカーの自社工場内でのIoTによる生産性向上の取組み事例を紹介致します。展示スペース、出展企業数は昨年より増加!是非お越しください。

◆日時:2/14(水)12:00~17:00
◆場所:石川県地場産業振興センター本館1階 大ホール(石川県金沢市鞍月2丁目1番地)
◆参加費:無料(事前登録制)
◆申込締切:2/7(水)
◆詳細、お申込はこちらをご覧ください。
http://www.isa.or.jp/modules/topics/index.php?page=article&storyid=418

メニューに戻る

中部METIニュース バックナンバーはこちら http://www.chubu.meti.go.jp/merumaga/

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 総務企画部 総務課 情報公開・広報室
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052-951-0535
FAX番号:052-951-0557
メールアドレス:chb-ikenbako@meti.go.jp

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク