トップページ > メールマガジン・SNS・新着情報RSS配信 > 中部METIニュース > 中部METIニュース最新号

中部経済産業局メールマガジン

最終更新日:平成29年11月10日

2017年11月10日(金) 配信 第692号

~最新の施策・タイムリーな話題・イベント・セミナー・公募情報~

経済産業省 中部経済産業局 メールマガジン

「中部METIニュース」

トピックス

中部経済産業局ツイッターのフォロワー大募集

中部経済産業局のツイッター随時配信中!ぜひフォローをお願いします!
https://twitter.com/METI_chb

メニュー(12件)

01. 【応援メッセージ】地域最大の医療機器の展示商談会「メディカル・メッセ」にご来場ください
02. 【12/6-7開催】医療×モノづくり技術の展示商談会「第4回メディカルメッセ」
03. 中小企業庁委託事業 平成29年度 情報モラル啓発セミナーin岐阜 開催のお知らせ
04. テクサポネットセミナー(第3弾)の開催について
05. 最近の管内総合経済動向 [平成29年11月公表分]
06. 管内鉱工業の動向 [平成29年9月速報]
07. 管内商業動態統計(百貨店・スーパー)販売概況 [平成29年9月速報]
08. 標準化セミナー;市場を創るために自ら規格(JIS・ISO)を作りませんか
09. 気象ビジネス推進コンソーシアムセミナー in 名古屋
10. 第15回幸田プレステージレクチャーズ;ものづくり日本 講演会
11. 【愛知県春日井市】第11回かすがいビジネスフォーラムを開催します!
12. 名古屋工業大学 次世代自動車工学教育研究センター 「第2回産学官ものづくり塾」開催のご案内

本文

01. 【応援メッセージ】地域最大の医療機器の展示商談会「メディカル・メッセ」にご来場ください

<地域経済部ヘルスケア産業室長 今野 直明>

 我が国の医療機器の市場規模は、約2.8兆円と大きく成長率も高い一方で、輸出入額では輸出が約6,000億円、輸入は約1.4兆円と約8,000億円の輸入超過となっております。このような中、国全体としても、医療機器を我が国の戦略産業に位置づけ、「健康・医療戦略」では、2020年までに輸出額を倍増させるとともに、国内の医療機器市場規模を3.2兆円に拡大することを目標に掲げております。
 東海地域においても、当地域の成長戦略である「TOKAI VISION」において、ヘルスケア産業を戦略産業として位置づけ、改良型医療機器等の開発・製造拠点となることを目指し、新規参入・研究開発・事業化などの支援を行っております。具体的には、中部先端医療開発円環コンソーシアムやメディカル・デバイス産業振興協議会、自治体などとともに支援のプラットフォームを構築し、コーディネータの配置による個別相談、病院見学会やニーズ発表会、医療関係者と製造事業者などとのマッチング、機器開発への助成など、地域をあげて様々な支援を行っております。とりわけ重要な取組が、来月、名古屋で開催される当地域最大の医療機器の展示商談会「メディカルメッセ」です。
 医療機器分野は、医療現場のニーズに基づく製品づくりや各種規制対応が重要です。「メディカルメッセ」は、医療関係者・大学等研究機関、医療機器メーカー、モノづくり企業が一堂に会する機会であり、医療現場のニーズと技術ニーズのマッチングにより、新たな医療機器の創出が期待されます。
 今回のメディカルメッセは、12月6日(水)と7日(木)の2日間、吹上ホール(最寄駅:地下鉄桜通線吹上駅)で開催されます。150社・団体を超えるブース展示に加え、医療現場ニーズ発表会、手術室の再現ブース、スマート治療室に関する展示や講演会などが開催されます。また、6日(水)16:00からの「医療機器産業参入セミナー」では、東海地域での医療機器開発における支援体制や、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の支援メニューなどを説明します。
 メディカルメッセは、医療機器分野への参入に関心のある企業の皆様、医療機器メーカーの皆様、病院など医療現場の皆様の出会いとネットワーク拡大の絶好の機会です。皆様のご来場を心からお待ちしております。

(参考)メディカルメッセのHP
https://www.medicalmesse.com/

地域経済部ヘルスケア産業室
TEL:052-951-0412
FAX:052-950-1764

メニューに戻る

02. 【12/6-7開催】医療×モノづくり技術の展示商談会「第4回メディカルメッセ」

 12月6日・7日に、医療×モノづくり技術の展示商談会「第4回メディカルメッセ」が開催されます。医療機器産業に関連するプレーヤー(医療関係者・大学等研究機関、医療機器メーカー、モノづくり企業)が一堂に会し、新たな医療機器の開発・改良・改善を目指します。
 今回は、151社・団体のブース展示に加え、新規参入セミナー、中部地域の大学や病院・医療関係者からの医療現場ニーズ発表会、愛知県臨床工学技士会による手術室の再現ブース等、様々な併設イベントを開催します。ご来場を心よりお待ちしております。

〔日時〕12月6日(水) 13:00~17:00
      7日(木) 10:00~17:00
〔会場〕名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール
    http://www.nipc.or.jp/fukiage/sub/access.html
〔内容〕一部抜粋、詳しくは下記【詳細】ご参照ください。
 ○ブース展示(151社・団体)(10/19(木)時点)
 ○新規参入セミナー(12/6(水) 16:00-17:00)
 ○ロボットデモゾーン
   医療や介護・福祉の現場で導入の進むロボットを実際に動かし体験・体感、また間近でご覧いただきます。
 ○医療機器を学ぼう!「見て!触って!現場の医療機器!」
   愛知県臨床工学技士会の協力のもと、「手術室」の再現ブースをはじめ、各種医療機器を展示。臨床工学技士より機器について直接解説いただきます。
 ○医療現場ニーズ発表会
   医療関係者・研究者が日頃抱えている課題や改善ニーズを発表し、提案を募集します。
 ○愛知県 先端医療機器シンポジウム
 ○最新動向セミナー 他
【詳細】https://www.medicalmesse.com/

===================================
<同時開催> 平成29年度中部地区医療・バイオ系シーズ発表会
  中部地区の大学・研究機関から最先端の技術シーズを発信!
  アカデミアと産業界の交流により、研究シーズの活用と医療・バイオ産業の活性化を目指します。
〔内容〕・中部地区17の大学・研究機関から、研究者によるポスター展示、口頭発表、ポスターブースツアー等を予定。
    ・医療機器、創薬、介護福祉、リサーチツール等幅広い分野のシーズ展示を行います。
【詳細】http://www.aip.nagoya-u.ac.jp/industry/recital/h29chubuseeds/index.html
===================================

メニューに戻る

03. 中小企業庁委託事業 平成29年度 情報モラル啓発セミナーin岐阜 開催のお知らせ

本セミナーは、企業の経営者や企業人が情報社会で求められる『人権に配慮した情報の取り扱い(情報モラル)』の重要性についてご紹介するものです。

◇日時 :平成29年11月28日(火)13:15 - 17:15(受付12:00~)
◇場所 :ソフトピアジャパンセンター センタービル 1階 セミナーホール(岐阜県大垣市加賀野4丁目1番地7)
◇参加料:無料
◇定員 :100名
◇対象 :企業の経営者、管理者、実務担当者、インターネットを活用する人※一般の方もご自由に参加いただけます。
◇主催 :中小企業庁 中部経済産業局 公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
◇協力 :公益財団法人ソフトピアジャパン

※ITコーディネータ資格者には、4時間1ポイント分を付与します。

○詳しくはこちら

http://www.j-moral.org/gifu

メニューに戻る

04. テクサポネットセミナー(第3弾)の開催について

 鋳造、鍛造、プレス、めっき等の基盤技術分野における中小企業の技術支援のために、金属・材料・加工分野における11名の大学研究者と公設試験研究所2機関が連携したネットワーク「テクサポネット」が昨年構築されました。実験・考察と評価・分析を有機的に組み合せながら、技術のエビデンスを示すとともに、その技術にお墨付きを与える「技術ブランディング」を目的とし、企業からの技術相談に対して支援を進めています。
 テクサポネットの周知・普及等を目的に、中部経済産業局はこれまで2回にわたり、テクサポネットセミナーを開催してきました。今般、第3弾として名古屋大学協力会との共催により名古屋大学にて開催します。

【セミナー概要】
(1)日時 :平成29年12月13日(水)14:00~17:00
(2)場所 :名古屋大学 法政国際教育協力研究センター アジアコミュニティフォーラム
      http://cale.law.nagoya-u.ac.jp/access/index.html
(3)主催 :中部経済産業局、名古屋大学協力会、金属×材料×加工 技術支援ネットワーク(テクサポネット)
(4)主な内容:
 「金属×材料×加工 技術支援ネットワーク(テクサポネット)について」
   名古屋大学 未来材料・システム研究所 未来エレクトロニクス集積研究センター 教授 宇治原徹 氏
 「金属材料におけるミクロ組織と諸特性」
   名古屋大学大学院 工学研究科 材料デザイン工学専攻 教授 村田純教 氏
 「冷間鍛造を用いた異種金属板の固相スポット接合」
   名古屋大学大学院 工学研究科 バックキャストテクノロジーセンター 准教授 湯川伸樹 氏
 「名古屋市工業研究所における技術支援事例の紹介」
   名古屋市工業研究所 支援総括室 主幹 山岡充昌 氏
   名古屋市工業研究所 金属・表面技術研究室 加藤雅章 氏
 「サポイン事業を活用した研究開発事例と成果」
   豊橋鍍金工業株式会社 代表取締役社長 高木幹晴 氏
 ※セミナー終了後、17:00から講師等と会食をしながらの意見交換会(懇親会)を予定しています。
(5)定員 :100名
(6)参加費:セミナー ・・・会員・非会員ともに無料
       意見交換会・・・名古屋大学協力会 会員は無料。非会員は1,000円。   
(7)申込み:名古屋大学協力会事務局
        電話/FAX:052-782-1811 e-mail: kyouryokukai@aip.nagoya-u.ac.jp
        http://www.aip.nagoya-u.ac.jp/industry/about/event/detail/3.html

○詳しくはこちら

http://www.chubu.meti.go.jp/b31technology/techsupponet/20171213/20171213seminar.html

メニューに戻る

05. 最近の管内総合経済動向 [平成29年11月公表分]

管内の経済活動は、改善しています。

・生産は、増加の動きがみられます。
・個人消費は、緩やかに持ち直しています。
・雇用は、労働需給が引き締まっています。

○詳しくはこちら

http://www.chubu.meti.go.jp/a51chosa/doko.html

メニューに戻る

06. 管内鉱工業の動向 [平成29年9月速報]

管内の鉱工業生産指数(9月速報)は、121.2となり、前月比▲1.6%と4か月ぶりの低下となりました。
低下に寄与した業種は、電子部品・デバイス工業、化学工業、窯業・土石製品工業などです。また、前年同月比は、+4.7%と8か月連続で上昇となりました。

○詳しくはこちら

http://www.chubu.meti.go.jp/a51chosa/iip.html

メニューに戻る

07. 管内商業動態統計(百貨店・スーパー)販売概況 [平成29年9月速報]

平成29年9月の百貨店・スーパー販売額(全店ベース)は、全体では10か月ぶりに前年を上回りました。
業態別では、百貨店は3か月ぶりに前年を上回り、スーパーは2か月連続で前年を上回りました。

○詳しくはこちら

http://www.chubu.meti.go.jp/a51chosa/daiten.html

メニューに戻る

08. 標準化セミナー;市場を創るために自ら規格(JIS・ISO)を作りませんか

 “顧客・取引先に自社の新技術や新製品の良さが理解されないため事業拡大につながらない”とお困りの企業の皆様、新技術や新製品に係る標準化(JIS・ISOの規格作り)に取り組んでみませんか!新技術や新製品が市場で際立つような評価基準・試験方法などを標準化することで、市場での信頼性の向上と市場への普及の可能性が高まります。
 本セミナーは、新市場創造型標準化制度の活用・事例紹介を中心に標準化の理解とその可能性を掴んでいただく内容となっています。企業の方、企業支援機関の方のご参加をお待ちしております。

 日時:平成29年12月7日(木)13:30~16:00
 場所:じゅうろくプラザ 5階小会議室
     (岐阜市橋本町1-10-11/JR岐阜駅隣接)
 主催:経済産業省・一般財団法人日本規格協会
 共催:岐阜県産業経済振興センター、大垣共立銀行、
    十六銀行、岐阜信用金庫

○お申し込み・詳細はこちら
http://www.chubu.meti.go.jp/b33jis/data/171207_seminar_gifu.pdf

○新市場創造型標準化制度について詳しくはこちら
http://www.chubu.meti.go.jp/b33jis/data/businesstool.pdf

メニューに戻る

09. 気象ビジネス推進コンソーシアムセミナー in 名古屋

 気象データをビジネスに活用してみませんか?
 気象予測を物流 の管理に利用している取り組みや、暖冬、猛暑などの天候リスクに対応する金融商品「天候デリバティブ」に 関して例をあげて紹介するとともに、気象データ提供に関する気象業務法の規定、気象データの入手方法についても説明します。
 講演後は、講演者との意見交換会もありますので、是非ご参加ください。

◆日時:11/15(水)14:00~17:00(開場13:30)
◆場所:栄ガスビル5階 キングルーム(愛知県名古屋市中区栄3-15-33)
◆主催:気象ビジネス推進コンソーシアム(事務局:気象庁)
◆対象:気象データをビジネスに利用してみたい方など、どなたでもご参加可能。
◆定員:100名
◆参加費:無料
◆お申込み及び詳細はこちら
http://www.data.jma.go.jp/developer/consortium/nagoya_seminar_recruitment.html

メニューに戻る

10. 第15回幸田プレステージレクチャーズ;ものづくり日本 講演会

ものづくりの基盤技術である溶接・接合・接着の分野においては、レーザ加工が最も注目されています。そこで、レーザ加工現象を高速度ビデオや熱放射温度計、X線透視法などで観察して得られた動画を紹介し、各種の挙動や現象の理解を通じて今後のものづくりの改善・高度化に繋がる知見を紹介します。

日時 :平成29年12月15月(金) 13:30~15:30
会場 :幸田町民会館つばきホール
    (愛知県額田郡幸田町大字大草字丸山60番地)
テーマ:レーザによる生産技術の高度化 -可視化による加工現象解明-
講師 :大阪大学 名誉教授・工学博士、ナ・デックスレーザR&Dセンター長
    片山 聖二 氏
参加費:無料
定員 :400名

○詳しくはこちら

http://2015kmrc.weebly.com/2418430000125031252412473124861254012472125241246312481125151254012474300033679612415.html

メニューに戻る

11. 【愛知県春日井市】第11回かすがいビジネスフォーラムを開催します!

 かすがいビジネスフォーラムでは、春日井市内外の企業の皆さんの販路開拓や新事業の創出などのビジネスマッチングの機会を提供し、講演会なども実施いたします。
 講演会では、3人の方をお招きし、先端技術や開発、地域ブランドについてお話いただきます。
 11月16日(木):(株)東海メディカルプロダクツ 会長 筒井 氏
 11月17日(金):王子ネピア(株) 取締役ハウスホールド生産本部長 中須賀氏
        中部大学 応用生物学部 助教授 堀部 氏
 それぞれ定員は先着100名です。皆様のご参加をお待ちしております。

担当:春日井商工会議所 ものづくり支援課 電話(0568)81-4141
   春日井市 産業部 企業活動支援課  電話(0568)85-6247

○詳しくはこちら

http://www.city.kasugai.lg.jp/jigyooshirase/bizi_for.html

メニューに戻る

12. 名古屋工業大学 次世代自動車工学教育研究センター 「第2回産学官ものづくり塾」開催のご案内

 当センターでは、自動車工学関連分野の研究・開発に積極的に取り組んでいると共に、3D-CAD設計技術者育成講座などの人材育成・教育に力を入れております。その一環として昨年に引き続き、現場ニーズにマッチしたいくつかのテーマを厳選し、実習を含めた学びの体験をして頂く「産学官ものづくり塾」を開催することとなりました。なお、最後に、講師・受講者全員による総括・意見交換会を予定しております。

日時:平成29年11月30日(木)10:00~17:00(予定)
会場:名古屋工業大学( http://www.nitech.ac.jp/access/index.html )
参加費:無料
 
【申込方法】以下 案内チラシに必要事項を記入いただき、FAXにてご送信下さい。
      (FAX 052-735-5621)
      http://icar.web.nitech.ac.jp/common/171130_monodukuri.pdf

【問合せ先】名古屋工業大学 研究支援課
      〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町
      TEL 052-735-7965 FAX 052-735-5621

メニューに戻る

中部METIニュース バックナンバーはこちら http://www.chubu.meti.go.jp/merumaga/

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 総務企画部 総務課 情報公開・広報室
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052-951-0535
FAX番号:052-951-0557
メールアドレス:chb-ikenbako@meti.go.jp

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク