中部発きらり企業 Vol.80

バックナンバー
株式会社明石合銅 株式会社明石合銅  
エンジニアリングをアートの域まで追究し、高機能部品でめざすは世界一!

今回は、株式会社明石合銅の明石寛治社長にお話を伺いました。同社は、銅合金鋳物やバイメタル(鋼と銅合金の複合材料)の製造技術を究めることで、さまざまなニーズに対応した高機能部品を製造販売しています。既存分野を高めていくことのみならず、次々と新たな技術開発にもチャレンジし、近年の環境配慮の要請に対しては、戦略的基盤技術高度化支援事業(通称:サポイン事業)を活用するなどして、新素材や新製品の開発に取り組んでいます。
 
株式会社明石合銅 [本社]
 
【株式会社明石合銅 [本社]
インタビュー
御社の創業の経緯等を聞かせてください。
 
説明 明石社長
 私の父で初代社長の明石米吉が戦地から戻って翌年、昭和21年に金沢市内で銅合金の鋳物屋を立ち上げたのが始まりです。戦前にアーク炉の銅合金鋳物をつくる仕事に従事していたことがきっかけでした。銅合金鋳物はさびないことから、水道関連や、お風呂・台所まわりを中心とした住宅関連で用いられることが多いほか、北陸の有力産業の織機メーカーや建機メーカーからのニーズもあり、さまざまなものを受注していったようです。
 昭和34年、父の急逝に伴い母の初子が家庭の主婦から社長に就任しました。女性の社長、それも鋳物屋の社長というのはたいへん希有な存在でしたが、潜在的な経営能力の高さで経営を引き継ぎました。社長就任後、わずか1年半後には、これまでの3倍近い広さの新工場の建設を実現するなど、社業を安定・拡大させています。
 
建機向けに開発した バイメタル製品  
【建機向けに開発したバイメタル製品】  
インタビュー
その後の御社の売上高の推移をみると大きく分けて3度の成長期が見られますが、それぞれ何が契機となったのか、お聞かせください。
 
説明 明石社長
 昭和50年にバイメタル製品の製造を開始しました。従来の銅合金鋳物が安い海外製品との価格競争に巻き込まれ、それだけを製造していたのではジリ貧となるとの危機感から、独自技術の開発を模索した結果です。ある建機メーカーさんから持ちかけられた要請に対応したもので、炭素鋼に銅合金を接合させた油圧部品でした。軸受性能と言いますが銅合金の持っている耐摩耗性や耐焼付性を、強靱な鋼に付加するためにこれらを接合させるのです。
油圧シリンダーブロック/パワーショベルの心臓部
【油圧シリンダーブロック/パワーショベルの心臓部
 
粉末焼結含油軸受
【粉末焼結含油軸受】
試行錯誤の末、バイメタルの基本的技術を確立させたことで、取引先も北陸から全国へと広がり、昭和53年度には売上が10億円を突破しました。
 次の契機は昭和59年にバイメタルの関連技術を結集して油圧ポンプ用シリンダーブロックの量産を開始したことです。パワーショベルの動力源となる油圧ポンプの心臓部であるシリンダーブロック内では、ピストンがこじるような動きでピストン運動を繰り返します。これに耐える優れた軸受性能と、高いポンプ圧に負けない材料強度が求められます。ある建機メーカーさんが国内数社に試作を依頼する中で、当社が背水の陣で勝ち取った受注でした。昭和60年に兄の明石巖が社長に就任、昭和63年にはバイメタル専用の工場を新設し、生産を本格化させました。このシリンダーブロックの成功は、当社を世界市場に導くこととなり、売上も20〜30億円の規模に膨らみました。
 また、平成14年から粉末焼結含油軸受の量産を開始しました。この軸受の製造技術は500時間無給脂を実現するために、ある建機メーカーさんの生産技術開発部門で開発されたものですが、当社が量産を担当することとなったものです。油圧パワーショベルのブームやアームの関節部分には耐摩耗性はもちろんのこと、タフな利用に耐える衝撃吸収力などが求められます。そこはバイメタルの活躍が期待される部位ですが、給脂が欠かせませんでした。油圧パワーショベルは関節部分が約20カ所近くもあり、給脂にはたいへん手間がかかるため、有力顧客であるリース会社を中心にメインテナンスフリーへのニーズは
高いものがありました。こうした中、炭素鋼に銅合金を粉末焼結の技術で接合させる製法を用い、さらに粉末焼結体の中に油を含浸させることで、画期的な省メンテナンス部品が生まれたのです。当初は2000個/月程度でしたが、近年では最大で2万5000個/月を記録するなど、主力製品のひとつに成長しました。
複雑で難度の高い製品として評価の高い銅合金鋳物  
【複雑で難度の高い製品として評価の高い銅合金鋳物】  
 私が社長に就任したのは平成16年ですが、銅合金鋳物、バイメタル製品、粉末焼結部品の3事業体制の確立もあって、売上はさらに伸び、平成18年度には50億円を突破、リーマンショック後に減少したものの、22年度には75億円となっています。
 
インタビュー
時代の要請に適ったオンリーワンの技術を確立することで会社を発展させてこられたことがよく理解できましたが、現在、新たに取り組まれている案件がありましたら、お聞かせください。
 
説明 明石社長
 これからは環境関連のニーズが大きいと考えており、2つの取組事例について、ご紹介します。
 1つ目は、「鉛フリー」の取り組みです。油圧ポンプの摺動面や産業機械用軸受に使われる銅合金鋳物には、優れた耐焼付性が求められるため、鉛が10%程度含まれます。戦略的基盤技術高度化支援事業(通称:サポイン事業)を活用させて頂き、4%以下に鉛を低減させることに成功しました。
モーター用純銅ロータ
 
【モーター用純銅ロータ
 
その後も研究を続け、現在では鉛フリーを実現、昨年、国内特許を取得したほか、海外9カ国で特許出願中です。
 2つ目は、エネルギー効率を高められるモーター部品です。モーターの回転体は周りの銅線に電気を流すことで回転します。 回転体に従来のアルミより導電率の高い材料を用いれば効率が上がります。そこで海外より技術を導入し、純銅を用いたモーター部品の開発に取り組みました。純銅の融点は1083度で、アルミと比べて400度以上高いために工夫が求められましたが、ダイカストによる量産技術を確立し、複数の大手モーターメーカーにサンプル出荷するところまで漕ぎ着けました。モーターの高効率化はメーカー各社が激しい競争を繰り広げる状況にありますので、従来のモーターより2〜3%効率が上がり、小型化にも寄与できる部品は注目されるのではないかと自負しています。コストはかなり高めとなりますので、汎用品という訳にはいかないと思いますが、水中ポンプや電気自動車、工作機械などの高性能な分野での需要に期待しています。
 
 
観葉植物を多数設置
  【工場内を潤いのある空間にするために観葉植物を多数設置】
インタビュー
新しい取り組みの開花が期待されますが、今後の展望について、お聞かせください。
 
説明 明石社長
 環境関連では、技術の進歩とともにますます厳しい基準が求められるようになると考えています。乗り越えていかなければならない課題もたくさんあるでしょうが、ビジネスチャンスと捉えて頑張っていきたいと思います。
 先ほどご紹介した鉛フリーの技術は、今後、幅広い分野で利用が進むのではないかと思っています。さらに、純銅のダイカストについては、量産技術の確立は日本では初めてのことですし、オンリーワン技術による主力商品に育てていきたいと思っています。
5S採点結果掲示板  
【5S採点結果掲示板/整理整頓等が徹底されている】  
 こうした環境関連の取り組みが実を結び、4つめの基幹事業と位置づけられるようになれば、売上高も100億円に届くものと期待しています。
 また、当社としては、国内だけでなく、海外市場にも一
層注力していきたいと考えています。「世界にはばたく青春企業をめざす」というのが、当社の社是なのですが、ものづくりを究め、日本だけでなくて、世界に認めてもらうようになることを意識したものです。縁あって、平成5年にジュネーブに営業拠点をつくり、ドイツやスイスの世界的な油圧メーカーなどに営業を開始しましたが、当時の会社の規模からすれば、早めの海外展開だったと思います。バイメタルの技術分野では、世界に数社しかつくれない製品をつくっていると自負していますし、これからも社是に則って、グローバルに活動していきたいと思います。
 

本日はお忙しいところ取材にご協力いただきありがとうございました。環境関連分野の取り組みの成果が現れ、4度目の成長期に入られることを楽しみにしております。
最後になりますが、御社の更なる躍進と皆様の御活躍をお祈り申し上げます。
 
《《《 会 社 概 要 》》》
SP SP
会 社 名 株式会社明石合銅  
明石 寛治 社長
明石 寛治 社長
本   社 石川県白山市横江町1484  
創   業

1946年(昭和21年)3月

 
設   立 1954年(昭和29年)1月  
代 表 者 代表取締役社長 明石 寛治  
事業内容 銅合金鋳物、バイメタル製品、粉末焼結部品の製造・販売  
資 本 金 6,000万円  
従 業 員 250人  
U R L http://www.akashigo.com/  
T E L 076−276−5533(代)  
F A X 076−276−9139  
取材:平成24年3月15日 総務課 情報公開・広報室

 

著作権:中部経済産業局