トップページ > 中部発きらり企業紹介 > 株式会社アクションパワー

中部発きらり企業紹介 Vol.101


株式会社アクションパワー

女性による、女性のための支援で、周りの人を幸せにしたいー起業当時からのぶれない想い

ちゅぼっと君
 今回は株式会社アクションパワーの大津たまみ代表にお話を伺いました。 自らの経験から、女性の社会進出を支援するためのサービスを追求、人々に笑顔を届けるために、日々、熱い活動を展開されています。 10年の節目を迎えたアクショングループの新たなプロジェクトであるシングルマザーの子ども達を総合的に支援する新会社「リンクリンク」の今後の動向にも注目です!

「アクションパワー」 起業の根底にあるのは大切な人を幸せにしたいという想い

 アクションパワーは、10年前に、私が1人で設立した会社です。起業のきっかけは、家庭生活の解散、いわゆる離婚でした。 もともと主人の仕事を手伝っていましたが、離婚と同時に退職しました。 最初は、就職しようと思っていたのですが、小学校3年生の子供を抱えての就職活動はなかなか上手くいきませんでした。 それでも、一番身近にある家族を守りたいという思いを抱く中で、無いなら、作ればいい!生涯、自分を雇用しよう!と、一念発起して、起業するに至りました。 ただ、当時の私には、お金、自信、知識という起業に必要な3大要素が全て欠けていました。人脈さえもなかったので、起業に至るまで決して平たんな道のりではありませんでした。
 シングルマザーという立場から、事業を行うための物件を借りるのもスムーズにいかず、ぼろぼろのアパートの一室で10年前の7月3日にスタートしました。 まだまだ、ひよっこですが、やっと皆さんから喜びの声をいただけるようになってきており、この10年の節目に、自分を褒めてあげたいと思っています。 10年前、「2年間だけ、頑張らせて」と言った私を理解してくれた息子には、本当に感謝しています。
「稼ぐ力を付けなさい」という言葉を良く言われますが、私は、ただ、お金を稼ぐことだけを目的とすることに疑問を感じます。 稼いで、その先どうするの?と。起業の根底にあるのは、身近にいる大切な人を幸せにすることだと思うのです。
アクションパワーのお掃除サービス
【アクションパワーのお掃除サービス】

自らの経験から、女性が真に求めるサービスを徹底的に追求

起業当時に作成した事業計画書
【起業当時に作成した事業計画書】
 アクションパワーを立ち上げるにあたり、事業計画書を作ったのですが、当時、進めていきたいと強く思っていたのは、「女性が欲しいと思うサービス」を徹底的に提供し、子育て中、子育てを終えた女性たちの社会進出支援をしていくことです。 今のアクショングループの事業形態を見つめ直すと、当時の想いが全くぶれていません。アクションパワーでは、整理収納サービス、ハウスクリーニング、家事代行サービスを大きな柱として、 提供していますが、起業当時に作った事業計画書が、それらを網羅しているのは、当時、頼ることのできる人がほとんどいない中、何とか自立し、 今後は同じ境遇にある女性を支援したいという想いが強かったということですよね。
 昨今、女性の社会進出がよく話題になっていますが、女性が社会に出た場合に、家事に費やす時間が減ってしまうことには誰も注目してくれていないですよね。 社会に出たい?家事もちゃんとやって家族に迷惑かけないならいいよ!では、女性だって同じ1日24時間なのですから成り立つはずがありません。 だからこそ、女性が真に必要とするサービスを女性ならではの目線で考え、提供したいと思ったのです。

今を思い切り生きるため、生前整理で「人生のやり残し」を見える化

アクションパワーの生前整理サービス
【アクションパワーの生前整理サービス】
 アクションパワーにおける業務の柱の一つである「整理収納サービス」については、当初は、片づけの苦手な方のところに訪問し、お手伝いをすることを想定していました。 しかし、いざ始めてみると、遺品の整理を頼まれることが非常に多く、驚きました。その中で感じたのは、亡くなってからでは、何もできない、遅い、ということです。 自らがいつまでの命かは、誰も分からない中で、「いつかやろう」と思っていても、そのいつかはやって来ません。生きているうちに、生前整理をすることは非常に大切なことです。
 多くの方にとってのこの「いつか」を今にしていただくため、3年前に立ち上げたのが、生前整理普及協会です。 「生前整理の普及」をアクションパワーの一つの業務として位置付けると、お掃除と生前整理ということで、一見関係なさそうで、なかなか世間的にご理解いただけないと思い、 アクションパワーから切り離しました。物だけでなく、心・情報をも整理すべく、一般社団法人として立ち上げたのです。 株式会社ではなく、一般社団法人としたのは、公益性を持たせ、広く多くの方に生前整理の大切さを知ってもらおうと考えたからです。
 同協会では「生前整理」を学ぶためのカリキュラムを作成し、講習を行っているのですが、今では、同協会の講習を修了した指導員は140人にのぼります。 女性は一から、何かを作りあげるのは苦手な傾向にありますが、このようにカリキュラム化して土台を作ると、取り組みやすいみたいです。

大津CEOの著書
【大津代表の著書】
 「生前整理」のカリキュラムの中で、自分の人生を見つめ直し、やり残していることを見える化するための、やり残しリストを書き出す作業があります。 やり残しを書き出し、それを、やることリストにするんですね。私自身、やり残しリストに、「出版」と書いていたのですが、自分のやり残しを「見える化」していたおかげで、 本を出すチャンスを逃すことなく、たった3週間で書き上げて、夢を実現させることができました。そして、この最初の一歩があったからこそ、現在は9冊目の本を書いています。 夢物語で終わってしまう可能性のあったものが、夢で終わらなくて済んだ、これは人生を充実させるために非常に重要なことだと思うんです。 ちなみに、やり残しリストにもう一つあった「CDを出す」についても、今月実現する予定です!
  「生前整理」と言うと、終活を連想される方が多いと思いますが、私が、皆さんに広めたいのは、生きるために自分がやりたいことを徹底的に考えるのが生前整理であるということです。 私は、家の中の資料や業務の関係資料を、全てファイリングして「万が一ファイル」を作成していますので極端なことを言えばいつでも死ねます。いつでも死ねるというのは今を思いっきり生きられるということです。

高速スキップで突っ走り、いよいよ迎える10周年

みんなの夢AWARDではグランプリを受賞
【みんなの夢AWARDではグランプリを受賞】
 今年の7月3日でアクションパワー誕生から10年が経ちます。これから先のことを考えたところ、2つの選択肢がありました。一つはゆっくり休む。 ここまで、走り続けるどころか、高速スキップしてきたので(笑)、ゆっくりしたい思いが強くあったんです。 一方で、10年間業務を行う中で思い描いていたシングルマザーの子ども達に対するあらゆる形での支援を実現させたいという夢もあり、いろいろと検討した結果、後者を採りました。
 シングルマザーの子ども達の支援については、ソーシャルビジネスとして進めようと考えています。 ノーベル平和賞を取ったユヌスさんのソーシャルビジネス7原則に沿った公益性の高い会社を「リンクリンク」という名前で今年の6月1日に設立しました。
 3年前に「みんなの夢AWARD」にて、プレゼンした時には、シングルマザーを甘やかしているだけじゃないかと言われ、箸にも棒にもかからなかったアイデアですが、 ブラッシュアップして、今年2月に再チャレンジした際には、グランプリを獲得してしまいました。 私はただ、128万世帯あるシングルマザー世帯の60%が貧困状態である今の日本の現状を、ギャラリーに知ってもらおうと思って臨んだだけですが、結果、グランプリ。 「みんなの夢AWARD」はグランプリを獲得すると、様々な企業さんから提携のオファーをいただけます。 実際、賛同いただいている企業さんからは、「子どもたち向けのイベント時にリンクリンクのために優先的な枠を作る」、 「賞味期限が近づいている食べ物を廃棄せず、リンクリンクに無償で提供する」、「マスコットキャラクターの衣装をシングルマザーに発注する」・・などなど、 それぞれの関わり方で様々なオファーをして頂いている状況です。

社会と繋がる、家の中で繋がる・・シングルマザーの子ども達への新しい支援の形「リンクリンク」

 リンクリンクの業務内容としては、まず、シェアハウス事業を予定しています。10年後までに空き家を活用して、100棟のシェアハウスの開設を目指します。 私自身、シングルマザーになった際、住む場所に非常に苦労しましたので、まずは無料で住めるシェアハウスを提供します。 ただし、シングルマザーの自立化を応援する必要があるので、ステップアップ家賃制とする予定です。 掃除、洗濯はしなくて良いように、月に10回家事支援員が行きます。週2で宅食サービス、週1で家事支援員がご飯を作るサービスを想定しています。 
 シングルマザーの子ども達の支援という観点から、母親の就業支援も行うこととします。シングルマザーは就業困難者と言われています。 子どもとの時間の調整がとれないため、なかなか就職できないのが現状です。現在も、シングルマザーの5人に1人がダブルワークをしていたり、 年収300万円以下の世帯数がシングルマザー世帯の85%以上、100万円以下でも25%以上を占めています。 そのような状況下のシングルマザーをサポートするため、企業との橋渡しをしていきたいと思っています。
 シングルマザー限定のシェアハウスは、全国にはありますが、名古屋には、まだありません。 リンクリンクの運営は、基本的には、空き家のオーナーさんにリフォームしてもらった上で、リンクリンクがオーナーさんに家賃を支払い、運営していくような形態です。 売上規模としては、5億4000万円を見込み、今年度中に名古屋に3ホーム開設予定です。シングルマザーにとっては、周りとの繋がり、その繋がりの広がりが非常に重要です。 その思いが「リンクリンク」の企業名に込められています。

社員の笑顔につながった「はばたく中小企業・小規模事業者300社」の選定

はばたく中小企業・小規模事業者300社に選定
【はばたく中小企業・小規模事業者300社に選定】
 平成28年、経済産業省の「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選定され、まずは、自分たちがやってきたことを、評価いただけたことが、嬉しかったです。 また、選定いただいたからには、他の企業さんたちの手本にならないと、と気が引き締まり、改めて襟を正すきっかけになりました。 そんな中でも、最も大きな効果はスタッフのモチベーションアップに繋がったことです。私にとっては、身近な人こそ、大切なので、 「経済産業大臣から表彰されるなんて、うちの会社ってすごいんだね」と、スタッフみんなが喜び、自信に繋がっているのが、本当に嬉しかったです。 これから、リンクリンクで、企業さんと提携していく中でも、効果が現れてくるのだろうなと期待しています。

「技術」だけでなく「お客様を笑顔にできる」人を育てる

お掃除サービス提供時の大津CEO
【お掃除サービス提供時の大津代表】
 アクショングループはお掃除会社としてのアクションパワー、女性起業家を支援するアクションラボなど様々な事業体がありますが、どの事業体も利益を上げるだけで、 お客様に笑顔を届けられなければ価値がないと思っています。私はやっぱり、お客様にとにかく笑顔を届けたい。スタッフを育てる際も、講習を行う際も、単に掃除や、 生前整理の「技術」だけではなく、お客様に笑顔を届けるのが第一だよと言って、研修を進めるように心がけています。そうすると、本当の意味で「人」に対する研修になり、 非常に深い話になっていきます。「魚を釣って与えるよりも、魚の釣り方を教えなさい」と、起業したばかりの頃、教えてもらった言葉があります。ノウハウを自分だけのものにしていると、 そのノウハウを通じて、笑顔にできる人の数には限界があります。ただ、ノウハウを、人に広められれば、その人を介して、笑顔になる人がどんどん増えていく。 これって、本当に素敵なことですよね。
 アクションパワーの講座を受けた方々の多くは独立され、起業されています。ただ、我々のマインドは引き継いでくれているので、遠方から当社に依頼があった場合、 依頼元の近くで起業された方がいれば、当社から業務を依頼させてもらい、活躍いただいています。実際、今月も北海道と沖縄から、講習の依頼がありましたが、 そのような方々を派遣し、対応しています。「人」を育て、この中部の土地で事業を進められているからこそ、全国からの依頼に対応し、笑顔を届けられているのだと思っています。
 それから、日々スタッフに対しては「愛して、信じて、許して、認める」をモットーに、接していくよう心がけています。 これを、心がけると、人の悪いところは、あまり目に付かなくなりますし、その人自身を、他の人と比べることなく、褒めることができるようになります。 そうすると、スタッフとの信頼関係も構築されていきますよね。ただ・・口で言うのは簡単ですが、実際にはなかなか難しいことですので、毎朝「愛して、信じて、許して、認める」を唱え、 自分自身で意識するようにしています。

社会のために在り続けるためのバトンのリレー

女性に人気のおそうじグッズ 赤いエプロン、塗る手ぶくろV.Beldad、のびーる毛ばたき
【女性に人気のおそうじグッズ 赤いエプロン、塗る手ぶくろV.Beldad、のびーる毛ばたき】
 私は、事業を進める中で、バトンをリレーする、事業承継を常に考えています。アクショングループは、私のものではなく、社会のものです。 私のものだったら、もちろん誰にも渡したくないと思います。でも10年前何もなかったものが、こうして今、形になってきています。 これは、社会にずっと有り続けて欲しい、社会のために役に立ち続けて欲しいと強く思います。
 歳をとってからの事業承継では、何かアクシデントがあったときに、対応できません。だからこそ、ある程度、事業としても安定し、自分自身、 何があっても対応できるような元気な時にこそ、承継すべきだと思っています。
 私は、「女性のための、女性による団体」を常に根底に思い描き、事業活動を行ってきました。 今では、アクショングループ全体の95%以上が女性スタッフで成り立っており、女性の雇用を創出するだけでなく、女性がグループ運営における全ての中心です。 これからも、笑顔いっぱいのスタッフが、全国に笑顔を届けられるよう、積極的に事業展開していきたいと思っています。

会社概要


大津 代表取締役社長
社: 株式会社アクションパワー(アクショングループ)
法人番号: 1180001091045
社: 名古屋市中村区名駅南1丁目19-27オリファビル5F
事業内容:

整理収納サービス、ハウスクリーニング、家事代行等、上記に伴うセミナー、講演
おそうじ・整理収納関連商品の卸売り及び小売販売

業: 平成18年7月
代表者: 代表取締役社長 大津 たまみ
資本金: 300万円
従業員: 20名
URL: http://www.action-power.net/
TEL: 052-581-3981
FAX: 052-581-4343 


このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 総務企画部 情報公開・広報室
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052-951-0535
FAX番号:052-951-0557