1. ホーム >
  2. サポイン技術を探す >
  3. すぐばかさ歯車の低騒音化を実現するバレル型ねじ状砥石を用いた低コスト高能率連続創成研削技術の開発

プロジェクトの基本情報

印刷する

2018年8月17日更新

既存の歯車研削盤を使用したすぐばかさ歯車の連続創成研削を可能にした新技術。

岐阜ギヤー工業株式会社

プロジェクト名 すぐばかさ歯車の低騒音化を実現するバレル型ねじ状砥石を用いた低コスト高能率連続創成研削技術の開発
対象となる川下分野 環境、産業機械
川下企業におけるニーズの対応 高機能化(精度・性能の向上など)
効率化(生産性・作業性の向上など)
上記ニーズに対する具体的な数値 これまで研削無しで使用していたすぐばかさ歯車の研削仕上げにより、ピッチ精度が大幅に向上。
JIS4~6級→JIS0級、騒音61.8db→44.2db.
設備導入費(従来100)→約30
事業実施年度 平成25年度~平成27年度
事業化状況 補完研究中(完成に向けて現在研究中)
対象としている素材 炭素鋼(SCM415、S45C等)

プロジェクトの詳細

プロジェクトに至った背景・経緯
工作機械メーカーにおいて、「省エネ・エコマシン」というコンセプトを明確に打ち出し、競争力強化のための低コスト化と、構成部品の効率向上による機械の環境負荷軽減(騒音、振動)を実現する技術革新が同時に求められていた。
一般的なすぐばかさ歯車の製作工程では、切削後の熱処理歪みによって精度が悪化するが、従来の研削法は非常にコストがかかり、現実的でなかった。
そこで工作機械業界の「低騒音化」「低振動化」と「生産工程の改善」という両ニーズを満足する「すぐばかさ歯車」の安価で、従来とは全く異なった「ねじ状砥石による連続創成研削方法」の開発を目指した。
研究開発のポイント
安価な研削ニーズに応えるためには新たな専用機の開発でなく既存設備を活用した付加システムにする必要がある。また、低騒音化ニーズに応える良好な歯面形成が必要である。そこで以下の3点が新技術開発のポイントとなる。
・既に普及している円筒歯車研削盤に付加可能である。
・砥石干渉を低減させる特殊形状砥石および加工法の確率。
・特殊形状砥石の成形が可能なドレッシング装置の開発。
研究開発の具体的な成果
・ピッチ精度:JISB1704で2級以上の目標に対し0級を達成。
・面粗度Ra0.6目標に対しRa0.4。
・騒音、振動10%低減目標に対し61.8dbから44.2dbに低減。
新技術では、高コストな海外製機械を用いることなく高精度化を達成した。また、実加工研究過程で得られた技術は他の歯車加工時にも転用でき、超高精度歯車を得意とする当社の技術レベル向上に繋がった。また、研究過程で連続創成研削の3D加工シミュレーション技術、砥石形状の3次元非接触計測技術といった大きな成果も得られた。
利用イメージ、今後の活用が見込める分野・製品等
当初の開発ターゲットとしていた工作機械のATC(オートツールチェンジャー)を始め、工業用ロボット等の産業機械分野、小型風力発電の環境エネルギー分野でも活用が見込まれる。
先ずは工作機械業界への賃加工で実績を作るとともに適応範囲を広げ、今後はギヤボックス等の製品開発を進め、川下製造業者のニーズに応える予定である。

事業化への取り組み

知財・広報活動 特許取得については、現在検討中である。
本研究開発の対象が歯車製造業者に限ることから同業界へのイベント、セミナー等での広報活動をより強化していく予定である。
今後の見通し 今後は実証事例を増やすことができるような開発の効率化、実用化ベースの試作開発を実施して、ビジネスモデルを構築。また、当技術を盛り込んだ「ギヤボックス」及び「ドレッシングユニット」の販売に関しては、新しい連続創成研削技術による「賃加工」での実績向上を図ったうえ新たな計画を策定し実行したいと考えている。本技術のレベルアップを行いより高精度で安価な工法の確立を目指す。

研究開発の体制

事業管理機関 公益財団法人岐阜県産業経済振興センター
法認定事業者 岐阜ギヤー工業株式会社
研究実施機関 芝浦工業大学、名古屋市工業研究所
アドバイザー DMG森精機、三和精機株式会社、株式会社ニートレックス、淀川機工株式会社、米倉將隆、廣尾靖彰

PRコメント

社是「社会に感謝 技術で奉仕」のもと、量産歯車の検査基準となる超高精度マスターギヤ生産量日本一を初め、培った技術でものづくりの基盤をささえ、社会への貢献を目指し、平成29年は創業60年を迎えます。
本研究開発では、すぐばかさ歯車に求められてきた騒音・振動低下ニーズにお応えできる新たな技術が確立されつつあります。また、実加工研究過程で得られた技術は他の歯車加工時にも展開でき、高精度歯車を得意とする当社の技術レベル向上に繋がりました。また、研究過程では3D加工シミュレーション技術、3次元非接触計測技術といった大きな成果も得られました。今後は適応範囲拡大にむけ補完研究を進めるとともに、本研究開発で得られた技術を精密歯車加工にも活かして多様化するニーズに応え、高精度歯車なら岐阜ギヤーと言っていただける企業で在り続けたいと考えております。

企業情報

社名 岐阜ギヤー工業株式会社
(法人番号:4200001001279)
所在地 〒500-8367 岐阜県岐阜市宇佐南2-2-2
電話番号 058-274-5381
社員数 45名 (男性  41名、女性  4名)
資本金 6,000万円
業種 生産用機械器具製造業
事業内容 歯車の製造販売
URL http://www.gifu-gear.co.jp/
保有する生産設備と
スペック
ベベルギヤ歯切り盤:3台、連続創成歯車研削盤:5台
生産拠点エリア 国内 所在地:岐阜県岐阜市宇佐南2-2-2
海外生産対応 不可
主要な取引先 DMG森精機株式会社、ナブテスコ株式会社
本プロジェクトに
関する問い合わせ先
部署名
製造部

おすすめのページ

条件から探す

業種から探す

製造業

年度 ~ 年度
事業化状況から探す
ニーズから選ぶ
エリアから探す

サポイン技術登録数

203
(2017年01月17日現在)

サポイン技術を探す

  • サポイン技術検索
  • サポイン技術一覧
  • 現在研究実施中のサポイン事業一覧はこちら
  • アクセスランキング
  • マンガでわかるサポインマッチナビ中部(PDF)

    PDF形式:11.3MB

トップページへ

このページの先頭へ