1. ホーム >
  2. サポイン技術を探す >
  3. 心臓発作、脳卒中などの致死的疾病を早期に発見するための携帯型眼底検査機器の開発

プロジェクトの基本情報

印刷する

2018年8月20日更新

眼底写真のセルフ撮影を実現!!

ライオンパワー株式会社

プロジェクト名 心臓発作、脳卒中などの致死的疾病を早期に発見するための携帯型眼底検査機器の開発
対象となる川下分野 ヘルスケア
川下企業におけるニーズの対応 その他(セルフイメージング)
上記ニーズに対する具体的な数値 自宅で眼底撮影を10秒で行う。
事業実施年度 平成23年度~平成25年度
事業化状況 補完研究中(完成に向けて現在研究中)
対象としている素材 なし

プロジェクトの詳細

プロジェクトに至った背景・経緯
眼底検査を実施することで次のような疾病を早期に発見し予防することができる。
・網膜細動脈狭窄の人は、正常人に比べて高血圧発症リスクが約1.6倍
・網膜に出血があると10年後に心臓病で死亡するリスクが2倍
・加齢黄斑変性症の人は、その重症度によっては5年後の脳卒中リスクが2倍
眼底画像を適切にモニターすることによって、生活習慣病の進行が正確に解明され、適切な予防・管理に大きな役割が期待できる。しかし、患者自身が自宅などで簡便に眼底撮影できる装置は存在せず、このため眼底検査による未病文化が無い。
研究開発のポイント
従来は、眼底写真というものは病院の眼科医が撮影する特殊技術的であった。近年、眼底が人体で唯一直接血管を観察できる部位であり、内蔵血管の状態を反映していることから生活習慣病検査としての有効性が注目されている。そこで、自宅などでセルフ眼底撮影するために、装置に目を当てた時に乳頭検出とピント合わせ、LED光の挿入技術を開発しセルフ撮影装置を開発した。また、使用者が患者自身のため、操作性を考慮して、使用するボタンを電源ボタンとスタートボタンの2個にした。
研究開発の具体的な成果
眼底撮影を行う際には、乳頭へ適切な角度で大きな光量の光を挿入する必要がある。一方、被験者にとっては長時間の光挿入は大きな負担になるために、乳頭検出→光挿入→撮影を一瞬に行わなくてはいけない。この一連の技術をソフト・メカにて解決している。
眼底写真は、左右両方の撮影を行うため、装置を反転するだけで対応できるようにした。未病診断としては、眼底写真の時系列変化を解析し、生活習慣病への警告信号を発することを目指している。
(現在は、既存眼底カメラ画像での実験検証は完了している。)
利用イメージ、今後の活用が見込める分野・製品等
一般の方が、自宅で健康管理している項目としては、体重、体脂肪、血圧などがある。これらすべてが自宅で簡便に測定できる検査装置が開発されたことによって、市場浸透してきた。このように自宅でセルフ眼底撮影できる眼底カメラが、体重計など置かれている部屋に設置されることを最終イメージとしている。その際に、各項目を各々の専用装置で測定するのでは利用者の負担が増えるため、一つにまとめることによって未病文化浸透が図れる。

事業化への取り組み

知財・広報活動 5月15日(木)~17日(土)に、石川県金沢市で開催された展示会(ビジネス創造フェアいしかわ2014)に試作装置を展示して、広報活動を行った。
今後の見通し 現在の試作装置を改造して、撮影精度を向上し、製品サンプルを設計・開発する。その後、首都圏やヨーロッパなどで開催される業界向け展示会に出展し、医療機関側の意見・情報収集を行い装置の改良に反映していく。また、販売時の販売代理店となるパートナー調査も国内向けと海外向けに分けて調査していく。モニタリング調査は、地元医療施設にて行い利用者側からの意見・不満・改良点などの情報収取を行い、最終製品化へ反映する。
当初の目標を踏まえた
上での達成度や
新たな課題
現時点では、基礎技術の確立に終わっており、製品化するためのコストダウンと繰り返し精度の向上が求められている。

研究開発の体制

事業管理機関 公益財団法人石川県産業創出支援機構
法認定事業者 ライオンパワー株式会社
研究実施機関 ライオンパワー株式会社、株式会社アイ・オー・データ機器、株式会社COM-ONE、越屋メディカルケア株式会社、国立大学法人金沢大学、金沢市立病院、石川県工業試験場

PRコメント

少子高齢化、ライフサイエンス、健康志向などの健康ブームに合致した、新しく、そして高精度の健康管理技術を搭載した眼底カメラ。生活習慣病予防だけでなく、脳卒中、動脈硬化にも効果的!
しかも、子供からお年寄りまで、ボタン一つで健康管理が可能なため、大幅な医療費負担の軽減が可能です。病気になる前に発見。これが最新医療です!

企業情報

社名 ライオンパワー株式会社
(法人番号:6220001012578)
所在地 〒923-0972 石川県小松市月津町ツ5番地
電話番号 0761-44-5411
社員数 106名 (男性  57名、女性  49名)
資本金 41,560,000円
業種 電気機械器具製造業
事業内容 各種分析装置・医療機器・環境計測装置の設計・製造
プリント基板・自動化機器の設計・製造
URL http://www.lionpower.co.jp
保有する生産設備と
スペック
クリーンルーム(クラス10000と50000)、プリント基板表面実装装置、ハンダ槽(RoHS)、恒温槽、3D-CAD(8台)、2tクレーン、3Dプリンター
生産拠点エリア 国内 所在地:石川県小松市月津町ツ5番地 
海外生産対応 不可
主要な取引先 島津製作所、シグマ光機、シスメックス、コマツ、JR西日本、シブヤ工業
本プロジェクトに
関する問い合わせ先
部署名
設計課

おすすめのページ

条件から探す

業種から探す

製造業

年度 ~ 年度
事業化状況から探す
ニーズから選ぶ
エリアから探す

サポイン技術登録数

202
(2017年01月17日現在)

サポイン技術を探す

  • サポイン技術検索
  • サポイン技術一覧
  • 現在研究実施中のサポイン事業一覧はこちら
  • アクセスランキング
  • マンガでわかるサポインマッチナビ中部(PDF)

    PDF形式:11.3MB

トップページへ

このページの先頭へ