1. ホーム >
  2. サポイン技術を探す >
  3. 高硬度ハイテンションボルトの精密転造加工を可能とする平ダイス製造技術の開発

プロジェクトの基本情報

印刷する

2017年3月24日更新

超高硬度材料を用いた長寿命な転造ダイスを開発!

株式会社 岡本

プロジェクト名 高硬度ハイテンションボルトの精密転造加工を可能とする平ダイス製造技術の開発
対象となる川下分野 自動車、航空機、産業機械
川下企業におけるニーズの対応 高機能化(精度・性能の向上など)
高耐久性(耐熱性、耐食性、耐摩耗性の向上など)
質量低減(小型化、軽量化など)
上記ニーズに対する具体的な数値 従来の転造ダイスに比べ、寿命が50%アップ
事業実施年度 平成20年度~平成22年度
事業化状況 事業化済み(すでに販売実績あり)
対象としている素材 高張力(ハイテンション)鋼やステンレス、チタンなどのボルト

プロジェクトの詳細

プロジェクトに至った背景・経緯
自動車産業では環境への配慮から部材の軽量化が要求されており、その一環としてボルト・ネジ類のダウンサイズ化が川下製造業者のニーズとなっている。ダウンサイズ化の必要条件として、小径化しながら締結強度を維持することが求められ、ボルト・ネジ類の高強度化を図る必要がある。
研究開発のポイント
ボルトの高強度化に伴い、より高硬度で耐摩耗性を有した金型材料による転造ダイスが要求されるようになってきている。これらの要求に応えるために、材料硬度がHRC67以上で、耐摩耗性に優れた材料である「複合高機能金属」を型材として、高硬度ボルトに対応する転造ダイスの開発を行った。

研究開発の具体的な成果
・高硬度金型材料の加工技術において、研削用工具および最適加工条件の高度化が図れた。
・転造ダイス加工用クラッシングユニットの最適化を行い、加工精度の維持向上と品質の安定化が図れた。
・試作転造ダイスの実機搭載によるボルト転造耐久性評価において、従来用いられているダイス以上の耐久性を示すことがわかった。

利用イメージ、今後の活用が見込める分野・製品等
この転造ダイス開発の成果は、自動車産業におけるハイテンションボルトの低コスト化や軽量化に寄与するとともに金型の高寿命化等に繋げることが期待できる。また、高硬度ボルトに関しては、情報家電業界やロボット産業、航空機分野への展開も可能であることから、その波及効果が期待できる。

事業化への取り組み

知財・広報活動 当開発についてはノウハウに係るところが多く、特に特許出願などは行っていない。
今後の見通し ・川上企業(3社ほど)へ試作品を提供し、性能評価・耐久試験を実施中である。
・課題として残った品質の安定化について、補完研究により再現性を確認するなどの検証作業を実施中である。
・試作品について好評価を得ている川下企業もあり、これらをきっかけに本格展開に向けて販売体制の確立を推進中である。

研究開発の体制

事業管理機関 財団法人岐阜県産業経済振興センター
法認定事業者 株式会社岡本

PRコメント

弊社の創業は1560年。時は群雄割拠の戦国時代。幾多の英雄達がロマンを求め生き抜いていた時、我が先人達は岐阜の地で現在でも事業のベースとなっている鋳造業を営み始めました。以来5世紀にわたり、常に新しい技術と視点で時代が要求する“鋳物づくり”をめざしてきており、その間に培ったものづくりの豊富な経験と技術・技能は、他社に負けません。現在では“素材から設計、加工、組立までの一貫メーカー”としての総合力を有し、内外ユーザーの幅広いニーズに応えております。

企業情報

社名 株式会社 岡本
(法人番号:7200001008552)
所在地 〒500-8743 岐阜県岐阜市畷町5
電話番号 058-271-7251
社員数 102名 (男性  88名、女性  14名)
資本金 9,800万円
業種 繊維工業、化学工業、非鉄金属製造業、金属製品製造業、はん用機械器具製造業、生産用機械器具製造業、業務用機械器具製造業、電子部品・デバイス・電子回路製造業、電気機械器具製造業、輸送用機械器具製造業、その他の製造業、その他の業種(組込みソフトウェア、発酵など)
事業内容 鋳鉄品の製造販売(主な製品:水道用鋳鉄異形管や人孔鉄蓋等の公共資材をはじめとする様々な産業分野の鋳鉄製品・自動車関連の金型部材・特異な耐摩耗性能をもつ複合高機能金属・無給油ガイド部品等)
URL http://www.nbk-okamoto.co.jp
保有する生産設備と
スペック
溶解設備(低周波誘導炉3トン…3基、高周波誘導炉1トン…1基) 造形設備(BMDインパルス造型ライン)、砂処理設備(立体多層式全自動砂処理ライン70トン/時間) 機械加工設備(縦・横MC、NC研削盤、NC旋盤、ワイヤー放電加工機、ロータリー研磨機、ホーニングマシン等) 検査設備(発光分光分析機、3次元測定器、形状測定器、金属顕微鏡、工具顕微鏡、硬さ試験機、アムスラー万能試験機等)
生産拠点エリア 国内 所在地:〒500-8743 岐阜県岐阜市畷町5
海外生産対応 不可
主要な取引先 株式会社 クボタ、日本ガイシ 株式会社、中部電力、東邦ガス、官公庁、等
本プロジェクトに
関する問い合わせ先
部署名
素形材営業部

おすすめのページ

条件から探す

業種から探す

製造業

年度 ~ 年度
事業化状況から探す
ニーズから選ぶ
エリアから探す

サポイン技術登録数

203
(2017年01月17日現在)

サポイン技術を探す

  • サポイン技術検索
  • サポイン技術一覧
  • 現在研究実施中のサポイン事業一覧はこちら
  • アクセスランキング
  • マンガでわかるサポインマッチナビ中部(PDF)

    PDF形式:11.3MB

トップページへ

このページの先頭へ