1. ホーム >
  2. サポインについて >
  3. サポイン好事例

サポイン好事例

  • 株式会社ミノグループ

    • プロジェクト名:光硬化プロセスによる通電性と密着性に優れた導電ペーストの開発と 高密度・高精度かつ低コストな回路パターン形成技術開発
    • 得意のグラビア印刷を応用し、電子デバイス業界を大きく発展させた注目の新技術!社内改革に繋がる若手技術者の急成長と、展示会で黒山の人だかりを生んだ成功の秘訣とは

    詳細を見る

  • 株式会社南部製作所

    • プロジェクト名:情報家電部品の高精度・小型化に対応する 多機能付与小ネジの表面加工技術の開発
    • 業界でも屈指の技術力を持つねじの表面処理加工メーカーが、革新的なゆるみ止め加工に成功。より精密かつコストダウンにつながる新技術で、自社の主力製品に成長したそのわけは…

    詳細を見る

  • 大垣精工株式会社

    • プロジェクト名:セラミックスシート(チップ抵抗器基板)への微小ピッチ, 極微細孔の精密打ち抜き金型の開発
    • 超精密な打ち抜き金型に挑んだ世界有数の金型メーカー。ハイテク化が進む一方で、職人技の可能性も大切にしながら、メイドインジャパンを支える技術となった研究開発に迫る

    詳細を見る

  • 光洋鋳造株式会社

    • プロジェクト名:鋳鉄製プレス金型の鋳造歪抑制による加工代低減の技術開発
    • リーマンショックでどん底を味わった鋳造会社の再挑戦!作業工程を細かく見直して新技術の獲得に成功、自動車関連の売上を2~3倍に伸ばした驚異的な営業手法とは

    詳細を見る

  • 寿金属工業株式会社

    • プロジェクト名:鋳放し高精度を有するアルミニウム合金ダイカスト鋳造品の 生産技術の開発・確立
    • 日本の競争力向上のため、ダイカスト業界の発展のために挑んだ開発の日々…。最先端を行く鋳造技術の科学的な解明により、ダイカスト鋳造品の工程短縮とコストダウンに成功

    詳細を見る

  • 株式会社北熱

    • プロジェクト名:製品の複雑形状化・高精度化・微細化及びハイサイクル生産に対応する金型及び成形技術の開発
    • 金属製品の精密表面加工の専門企業である同社は、先端的コーティング処理技術の研究開発に着手。従来のものに比べ4倍もの耐久性を実現する独自のコーティング膜「スムースMX」と樹脂成形性に優れた「スムースCX」を開発した。

    詳細を見る

  • 株式会社明石合銅

    • プロジェクト名:環境対応型非鉄金属鋳造技術に関する研究開発
    • 鉄系母材に鉛青銅を接合させたバイメタルタイプの油圧部品で高いシェアを有する同社。鉛は人体に悪影響を及ぼす有害物質のため、近い将来、産業機械や建設機械などの摺動部材にも規制が拡大することを見越し、世界に先駆けて新しい鉛フリー銅同金の開発を行なった。

    詳細を見る

  • ケーシーアイ・ワープニット株式会社

    • プロジェクト名:高密度・高伸縮性を併せ持つニッティング技術とナノテク融合による複合高機能性繊維用品の開発
    • 衣類の裏地や産業用資材の生産を主力事業とする同社。
      アウトドア・スポーツ用品向けに開発した生地の表側のニット生地を切り替えることで、輸送機器の計器カバーを開発、新たな用途へと展開した。

    詳細を見る

  • 株式会社ナガセインテグレックス

    • プロジェクト名:低振動化・温度自律補正機能を有した、超精密加工機械の開発
    • 同社は研削盤、超精密加工機等の開発・製造等及びそれらを利用した受託加工を行っている工作機械メーカー。超精密加工機械の低振動化と温度の自律補正という2つの視点で加工精度向上に取り組んだ。

    詳細を見る

  • 浅野撚糸株式会社

    • プロジェクト名:高機能性・高感性を持たせる膨化糸を使用した織編物の研究開発
    • 同社は紡績会社の下請け業、具体的には賃加工による撚糸を本業としており、これまで色々な糸を開発してきた。試行錯誤を重ねつつも諦めず粘り強く研究開発を続けたお陰で、これまでに無い魅力的な糸を開発することができた。

    詳細を見る

トップページへ

このページの先頭へ