トップページ > 施策のご案内 > 環境ビジネス> 「環境セミナー ~生産現場の課題解決のヒント!~」のご案内

「環境セミナー ~生産現場の課題解決のヒント!~」のご案内

最終更新日:平成28年1月6日

本件の概要

1.開催趣旨

 中部地域の製造業には、環境保全意識や「カイゼン」意識の高い事業者が多いと言われています。環境を経営方針の中にしっかりと位置づけ、産業公害防止を出口処理のみならず、生産工程から考え、有害物質、廃棄物の抑制に取り組む傾向があると推察されます。これを踏まえ、経済産業省中部経済産業局では環境保全意識が高い製造業に生産工程における環境負荷低減について、アンケート及びインタビュー調査を実施し、VOC削減や排水処理の取組等を整理いたしました。今後は産学連携の下、技術高度化を推進することで環境産業のさらなる発展を目指します。
つきましては調査結果の報告と産学の交流を深めることを目的に大学の技術保有者様と先進企業様によるセミナーを企画しました。ビジネス拡大のチャンスを掴んでいただければ幸いです。

2.開催概要

タイトル: 「環境セミナー ~生産現場の課題解決のヒント!~」
開催日時:平成
28年1月25日(月)14:00から16:00(開場 13:30)
開催場所:愛知県名古屋市東区葵1-19-30 マザックアートプラザ10F
三菱UFJリサーチ&コンサルティングセミナールーム
(地下鉄 東山線 新栄町直結)
参加予定者数:最大80名
参加費:無料

3.プログラム

14:00 主催者あいさつ
 中部経済産業局 
14:05 調査概要の報告 調査名「企業の環境経営に対応する環境産業の発展可能性及び新興国における環境産業事業化に関する調査」
 
三菱UFJリサーチ&コンサルティング
14:20 大学シーズ発表
 ○岐阜大学工学部 化学・生命工学科 助教 博士(工学)吉田 道之氏
  ~水溶液前駆体を用いたNOx、SOxの低減研究と応用可能性について(仮)~
 ○岐阜大学工学部 機械工学科 助教 博士(工学)吉川 泰晴氏
  ~表面処理加工におけるボンデ処理工程変更による環境負荷低減と応用展開~
15:20 企業の技術発表

 ○艶金化学繊維株式会社 代表取締役社長 墨 勇志氏
      ~バイオマスボイラによる乾燥工程、染色排水処理の工夫(仮)~
   ○株式会社三進製作所 技術本部開発課 野村 記生氏
      ~めっき工程における資源回収システム(無排水・クローズド化)~

 

申し込み
申込方法 「申込
用紙」をご記入の上、FAXにて052-307-1126へ
申込先 三菱UFJリサーチ&コンサルティング名古屋 担当:松田、古川

発表資料

公表資料(PDF形式:179KB)PDF形式
申込用紙(Word形式:24KB) Word形式

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課 
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052‐951‐2768
FAX番号:052‐951‐2568
メールアドレス:chb-kankyo@meti.go.jp

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク