トップページ > 施策のご案内 > 創業・ベンチャー > ベンチャー企業のご紹介 > 株式会社デルテックサービス

ベンチャー紹介【掲載H26.12.10】


株式会社デルテックサービス

未来の大人に環境負荷をかけないために、汚染物質を不溶化してリサイクルを可能に!!


起業の動機
ホテルマンとして活躍後、鉄工所に就職し、環境プラント・汚泥リサイクルプラントの販売責任者となった。現場で産業廃棄物の処理を行う中で、試行錯誤を繰り返しながら、未来の大人に環境負荷をかけないための方法として、環境保全薬品を使い汚染物質を不溶化してリサイクルする手法を開発し、4年後に独立。平成24年4月、伊勢市産業支援センターの起業家支援室に入居し、施設の分析機器等を活用しながら、PDCAサイクルに基づき事業を遂行。展示会出展などにより全国の産業廃棄物処理事業者の仲間をつくりながら、事業を軌道に乗せ、平成26年8月、起業家支援室を卒業。震災瓦礫焼却処理に伴う焼却灰の無害化など、東北の復興支援でも活躍。
独自のノウハウ・強み
【東北復興支援活動/プラント管理】
【東北復興支援活動/プラント管理】
デルテックサービスの社名の由来は、デルタ(三角形)とテック(技術)とサービスの組み合わせ。三角形の頂点は、それぞれmachine&chemical、ecology、economyで構成されており、当社の理念を表している。六価クロム不溶化剤、フッ素不溶化剤、鉛等重金属不溶化剤の薬品、及び薬品を用いて処理をする際の汚泥練混プラントなどの設備・機械の販売を行っている。それらを組み合わせて、あらゆる廃棄物をどのようにしたら、安全かつ適正に処理でき、輸送コストも含めローコーストで抑えられるかという観点でコンサルティングを行い、客先の排出事業者のプロジェクトの一部を担う形で業務を請け負うことができる。事業者間ネットワークや大学の先生などの力を借り、現場で出会う新たな課題の解決策を見つけながら事業を展開。
【東北復興支援活動/
【東北復興支援活動/
瓦礫焼却・焼却灰リサイクルプラント】
今後の事業展開
「私のやっていることは町のゴミ拾い活動的なことですが、起業してよかったと思うことは、頑張った跡が鉛筆の先で日本地図にチョンと付けられること」とおっしゃっていた服部社長。仲間とともに付ける鉛筆のチョンが増えるにつれて、未来の大人にかかる環境負荷も減っていきます。事業は東海地域に留まらず、東北をはじめ、関東、関西、四国にも広がっています。

会社概要

社: 株式会社デルテックサービス(法人番号 2190001019300)
社: 三重県伊勢市中村町325-58
事業内容: 産業廃棄物リサイクル処理のコンサルティング、産業廃棄物を化学処理するための環境保全薬品の開発販売及び産業廃棄物処理設備のプランニングと販売
業: 2010年3月(平成22年)
立: 2010年3月(平成22年)
代表者: 代表取締役 服部 豊
URL: http://dts-eco.jp/ 外部リンク
TEL:

0596-63-5501

FAX: 0596-63-5502

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 産業部 経営支援課 新事業支援室
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052-951-2761
FAX番号:052-951-9800
メールアドレス:chubu-shinjigyo@meti.go.jp

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。 外部リンク