トップページ > 施策のご案内創業・ベンチャー > ベンチャー企業のご紹介 > 株式会社中央技研工業

ベンチャー企業紹介【掲載H26.8.29】


株式会社中央技研工業

新回転機構による次世代コンプレッサーで幅広い産業分野に省エネ・高機能を提供


起業の動機
代表者の野首社長は、FA設備の電気・機械・トータル設計の長年の経験から、新回転機構による次世代コンプレッサーを発案し開発に取り組んで来た。その後、岐阜市が開設したインキュベーション施設である岐阜市創業支援ルームの入居に併せて法人化を図り、インキュベーションマネージャーの熱心な指導を受けながら各種施策を活用し、幅広い産業分野への普及を図った。
独自のノウハウ・強み

【NK式コンプレッサー】
例)新構造の概略図
「ピストンを芯で押す新回転機構」と「2段圧縮異径ピストン機構」による小型・高圧・省エネ・多用途な次世代コンプレッサーが独自技術。この機構は、代表者の野首社長がFA設備等の多くの経験を生かし長年の開発から実用化されたものである。各種展示会への出展と幅広い分野への試作品の提供により徐々に認知度が上がり、最新の「2段圧縮異径ピストン機構」により更に幅広い用途開発が可能となった。本機構は特許取得しており特許実施権提供や関連する協力企業とのネットワークによる柔軟な生産などが強みとなっている。
 最近では素粒子研究の関連機器や大手企業の高圧エアーの省エネ化をはじめ医療機器、半導体製造設備など幅広い用途での導入が始まっており、長年の開発の苦労が実を結びつつあり今後の展開が期待される。

【省電力コンプレッサー】
例)医療用酸素濃縮器の省電力
今後の事業展開
インターネットを経由した各種試作品受注レベルから工場での大量採用などを目指して、生産・販売企業との提携や独自の生産体制を構築して、世界市場初の新機構を普及させる取組を開始。このため、組織的な対応を図るための人材確保や最新機器の展示会出展等により研究開発型企業から量産企業への転換を目指している。

【真空・加圧気密コンプレッサー】

例)薬注・吸引・加圧・オイルフリー


会社概要

社: 株式会社中央技研工業(法人番号 5200001006509)
社: 岐阜県岐阜市清住町2-18
事業内容: コンプレッサー・真空ポンプ・エアーポンプの開発・技術移転・製造販売
業: 1983年3月
立: 2003年4月
代表者: 代表取締役 野首 公平
資本金: 8600万円(平成26年8月現在)
URL:  http://www.cgk-gifu.co.jp/
TEL: 058-212-3420
FAX: 058-212-3419


このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 産業部 経営支援課 新事業支援室
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052-951-2761
FAX番号:052-951-9800
メールアドレス:chubu-shinjigyo@meti.go.jp

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。 外部リンク