トップページ > 施策のご案内 > 創業・ベンチャー > 知財戦略を踏まえた新規事業開発実践プログラム~あなたの会社でベンチャーを興そう~参加企業募集について

知財戦略を踏まえた新規事業開発実践プログラム~あなたの会社でベンチャーを興そう~参加企業募集について

最終更新日:平成28年7月21日

 

1.概要

 中部経済産業局では、平成26年4月のベンチャー有識者会議とりまとめで発表されたベンチャー宣言「ベンチャーとは、起業にとどまらず、既存大企業の改革も含めた企業としての新しい取組への挑戦である。次世代を担う企業群を形成し、「新しい力」で経済を再生するために、ベンチャー創造の好循環を実現する。」の趣旨に基づき、既存企業の新しい取組への挑戦を支援するため、既存中小企業の経営者や新規事業担当者を対象に、知財戦略を踏まえた新規事業開発実践プログラムへの参加企業を募集します。

  各社の新規ビジネスプランについて、その事業に関連する知財活用を盛り込んだ事業化理論を学びつつ、メンターなどの支援を得ながら、自社の強みとなる技術を特許権として確保し他者からの侵害を防いで市場での優位性を確保するなどの知財戦略を事業戦略の中に位置づけたビジネスモデルの仮説検証を行うことによって、各社の新規事業の創出をより戦略的に行う手法を提供します。

2.内容

本プログラムを前期・後期に分けて実施します。

 前期:各社の新規ビジネスプランをもとに、4回のレクチャー(名古屋市及び金沢市で実施)と、メンターによる3回の個別メンタリング(助言)を行った上で、ビジネスプランの具体的事業化を目指します。

 後期:前期参加企業のうち2社程度、短期に新規事業開発が見込めるものについて、知財に係る調査・分析を含めて、集中的に個別メンタリング(助言)を行い新規事業部門の立ち上げを目指します。実施時期:平成28年12月~平成29年2月

前期の日程・カリキュラム(予定)

  • 第1回 名古屋会場 平成28年8月22日(月) 14:00 - 17:00
        金沢会場    平成28年8月29日(月) 14:00 - 17:00
        講義:起業家マインド・ビジョンの構築、新規事業創出のための手法の紹介
        演習:自社のビジネスモデルの検討
  • 第2回 名古屋会場 平成28年9月20日(火) 14:00 - 17:00
        金沢会場    平成28年9月28日(水) 14:00 - 17:00
         講義:知財戦略の基礎、知財に関する制度等の紹介
         演習:知財戦略の自社への当てはめ
  • 第3回平成28年10月後半 14:00 - 17:00
         講義:事業計画書の作成
         演習:仮説検証結果の発表、今後のアクションプラン作成
  • 第4回 平成28年11月後半  14:00 - 17:00
         成果発表会

3.応募手続きについて

  以下サイトから応募様式をダウンロードし、事業実施機関(有限責任監査法人トーマツ)あて、平成28年8月4日(木)17時(必着)までに電子メールにてお申し込みください。応募対象は中部経済産業局管内(富山県、石川県、岐阜県、愛知県、三重県)に本社を置く中小企業等とし、審査を経て、支援対象を6~8社程度とさせていただきます。詳細は、以下サイトをご覧ください。

 詳細はこちら(有限監査法人トーマツのサイトへ)外部リンク

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 産業部 経営支援課 新事業支援室
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052‐951‐2761
FAX番号:052‐951‐9800
メールアドレス:chubu-shinjigyo@meti.go.jp

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク