トップページ > 施策のご案内 > 自動車関連産業の振興 > ドイツ炭素繊維複合材料最新技術動向セミナーの開催について

ドイツ炭素繊維複合材料最新技術動向セミナーの開催について

最終更新日:平成27年10月2日

本件の概要

1.概要

 東海産業競争力協議会で取りまとめられたTOKAI VISIONでは、個社の技術力を活かした新たな事業への挑戦を促進することで、ものづくりマザー機能の強化を図るとしています。

 昨年11月、名古屋大学ナショナルコンポジットセンター、岐阜大学複合材料研究センター及び金沢工業大学革新複合材料研究開発センターにより「コンポジットハイウェイ構想」の実現に向けた連携協定が調印され、これら研究開発拠点と地域の公設試験場等による「コンポジットハイウェイコンソーシアム」では、炭素繊維複合材料(CFRP)に関する研究開発から生産・加工・組立までを行う世界に冠たる一大拠点・産業集積の形成に向けた様々な取組を展開することとしています。

 こうした取組の一環として、中部経済産業局では、「コンポジットハイウェイコンソーシアム」と協力し、ドイツの優れた技術を有する企業等から4人の専門家を招き、CFRP分野への事業展開に関心のある企業や研究機関等を対象とした最新技術動向セミナーを開催します。

2.開催日時・内容

  1. 日時:平成27年10月30日(金)13:30~17:30
  2. 場所:名古屋大学理学部南館坂田・平田ホール(愛知県名古屋市千種区不老町)
  3. 主催:コンポジットハイウェイコンソーシアム
       (本見学会等の事務局:公益財団法人名古屋産業科学研究所)
  4. 対象:CFRP分野への事業展開に関心のある企業の方
  5. 開催内容
    ◆開会(13:30~13:40)
    ◆講演1(13:40~14:30)
     演題:「KUKAの自動化-各部品からターンキー方式まで-」
     講師:KUKA社 オットー・ケレンバーガー氏
    ◆講演2(14:30~15:20)
     演題:「自動車用途におけるCFRPデザインの可能性とリスク」
     講師:Roding Automobile社 ロバート・マイヤー氏
    ◆講演3(15:35~16:25)
     演題:「南ドイツにおける炭素繊維複合材料の量産プロセスとその開発について」
     講師:LCC(Institute for Carbon Composites) ポール・ボッケルマン氏
    ◆講演4(16:25~17:15)
     演題:「Tailored LFT-D、経済性と生産性に優れたハイブリッド複合材成形プロセス」
     講師:Dieffenbacher社 マテアス・グラフ氏
    ◆名刺交換会/閉会(17:15~17:30)
  6. 申込方法
    別添の開催案内の参加申込書に御記入の上、本見学会等の事務局(委託先:公益財団法人名古屋産業科学研究所)あて、メールまたはファックスにてお送りください。(参加申込締切:10月27日(火))

発表資料

プレス資料(PDF形式:234KB)PDF形式

開催案内(PDF形式:225KB)PDF形式

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 産業部 製造産業課 自動車関連産業室
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052‐951‐0417
FAX番号:052‐951‐0977
メールアドレス:chb‐jidousha@meti.go.jp  

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク