トップページ > 施策のご案内 > 消費者保護 > 行政処分実績 > 特定商取引法違反の訪問販売業者に対する業務停止命令について

特定商取引法違反の訪問販売業者に対する業務停止命令について 

最終更新日:平成26年12月11日

本件の概要

 中部経済産業局は、床下基礎補修や床下換気扇設置などの床下補修関連工事などの訪問販売を行っていた株式会社グッドホーム(登記上:名古屋市中区、実質上:名古屋市港区)に対し、本日、特定商取引法第8条第1項の規定に基づき、平成26年12月12日から平成27年9月11日までの9か月間、訪問販売に関する業務の一部(新規勧誘、申込受付及び契約締結)を停止するよう命じました。
 認定した違反行為は、契約書面虚偽記載、不実告知です。
 処分の詳細は、別紙PDF(PDF形式:121KB)のとおりです。
 なお、同社は、当局の特定商取引法第66条第1項に基づく立入検査を拒んだことから、愛知県警に告発しました。
 本処分は、特定商取引法第69条第3項の規定に基づき、消費者庁長官の権限委任を受けた中部経済産業局長が実施したものです。

  1. 株式会社グッドホーム(以下「同社」という。)は、過去に床下換気扇設置工事等を行ったことがある消費者の名簿を元に、自宅に電話を入れ、「床下を点検します」などと言って、消費者宅訪問の了承を取りつけて、床下等に入り込み、「床下補強をした方がいい」、「床下換気扇が壊れています」などと不実を告げて、床下基礎補修工事、床下換気扇設置・交換工事などの床下補修関連工事(以下「本件役務」という。)の訪問販売を行っていました。

  2. 認定した違反行為は以下のとおりです。
    (1)同社は、訪問販売に係る本件役務契約を締結した際、交付した当該役務契約の内容を明らかにする書面に、事実と異なる役務提供事業者の名称及び代表者の氏名を記載していました。(契約書面虚偽記載)
    (2)同社は、訪問販売に係る本件役務の契約を勧誘するに際して、床下の基礎部分や床下の換気などについて特に工事の必要性がないにもかかわらず、「床下の換気口付近の何か所かにコンクリートのヒビ割れがあります。コンクリート壁がはがれ落ちています。耐震工事をした方がいいです。」、「床下の補強をした方がいいところが何か所かあったので、ついでにやらせてもらえませんか。」、「床下に乾燥剤をまいただけでは効果がでないので、床下換気扇を設置した方がいい。」、「電気工事のやり方が悪い。」、「火事にならないのが不思議だ。」などと、あたかも工事の必要があるかのように不実のことを告げていました。(不実告知)

  3. なお、同社は、当局の特定商取引に関する法律に基づく立入検査を正当な理由なく拒んだため、平成26年12月10日、愛知県警察に対し、告発を行いました。

  4. また、以下の事業者は、同社と組織的関係を有していることから、併せて公表します。
     名称:株式会社Jテック(平成25年10月1日にグッドホーム株式会社から商号変更)
     代表者:代表取締役 尾上政名 
     所在地:(登記上)名古屋市中区錦三丁目3番17号田中ビル2F (実質上)名古屋市港区七番町五丁目3番地の1エルメゾン東海通102
     資本金:1000万円
     設立:平成13年9月5日
     同社との関係
      株式会社Jテック(以下「Jテック」という。)は、同社が消費者と契約した本件役務に係る工事の施工を請け負っている。Jテックは、
     実質上の事務所が同社と同じであり、Jテックの代表取締役尾上政名は、同社の営業担当として消費者と本件役務の契約を締結している。
     また、同社の代表清算人小山紀生は、Jテックに商号変更する前のグッドホーム株式会社において社員として雇用されていた。

発表資料

プレス発表資料PDF(PDF形式、172KB)

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 産業部 消費経済課
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052‐951‐2560
FAX番号:052‐951‐0537
メールアドレス:qchbih@meti.go.jp

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク