トップページ > 施策のご案内 > 通商・貿易業務 > ワシントン条約

ワシントン条約

最終更新日:平成28年3月17日

よくある質問

Q1 輸出又は輸入したいものがあるのですが、貨物がワシントン条約の規制対象品であるかどうか教
   えてください。

A1 規制対象となる動植物はワシントン条約の附属書に掲載されています。動植物の名称は、全てラ
       テン語の学術名称(学名)で記されていますので、ラテン語の学名を調べた上で、附属書をご参
       照下さい。なお、附属書は、原種ベースで掲載されておりますので、交配種の場合は、原種名で
       ご確認ください。
  ワシントン条約附属書(和訳)経済産業省のサイトへ
  ワシントン条約事務局のHP検索ページ経済産業省のサイトへ

 

Q2 海外の旅行先で個人で使用するためにお土産を購入しました。購入したお土産がワシントン条約
       附属書掲載種の加工品なのですが、持ち帰ることは出来ないのでしょうか。

A2 旅行客のお土産品については、附属書2*掲載種の加工品であって、一定数量以内であるなど必
       要な条件を全て満たしていれば、日本からの持ち出し、持ち込み共に外為法に基づく手続きや、
       ワシントン条約に基づく手続きが免除されます。この特例措置はワシントン条約締約国のうちの
       一部が導入しており、持ち出し・持ち込みの相手国が特例を採用しているかどうか事前にご確認
       ください。
      *条約上の正式名称はローマ数字による標記です。

  詳しくはこちらから(経済産業省のサイトへ)経済産業省のサイトへ

また上記以外のよくあるお問い合わせについてはこちらから(経済産業省のサイトへ)

ワシントン条約対象貨物に係る申請について

輸出承認申請について

輸入に係る事前確認について

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 地域経済部 国際課
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052‐951‐4091
FAX番号:052‐961‐7829
メールアドレス:qchbnt@meti.go.jp

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク