トップページ > 施策のご案内 > 通商・貿易業務 > ワシントン条約 > 輸入 ワシントン事前確認

輸入 ワシントン事前確認

最終更新日:平成29年1月6日

ワシントン事前確認

ワシントン条約附属書2*種掲載の生きている動物を輸入する場合は、事前確認の手続きが必要となります。

提出書類のついてはこちらから(経済産業省のサイトへ)経済産業省

 

・申請方法

窓口申請:中部経済産業局国際課窓口に申請書類一式をご提出ください。

    【窓口受付時間】午前)10:00~12:00 午後)13:30~16:00

郵送申請:中部経済産業局 地域経済部 国際課 
     【住所】〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号まで申請書類一式をご郵送ください。

 

 

通関時確認制度について

<事前確認制度・通関時確認制度>経済産業省

 

Q1  輸入した貨物に、ワシントン条約の規制対象となる動植物が含まれているようなのですが、通関に際して経済産業省の手続きが   
   必要でしょうか。
A1  以下1~4に該当する場合は経済産業省での事前手続きが必要です。
   1、附属書1*掲載種:輸入承認申請(申請窓口:経済産業省野生動植物貿易審査室)

   附属書2*又は3*掲載種のうち、
   2、生きている動物:輸入公表第三の7(7)事前確認(申請窓口:各経済産業局若しくは通商事務所)

   3、国際取引を厳格に規制している国・地域を原産国とするもの(生きている動物は上記1でご申請くださ  
    い)輸入公表第三の7(6)経済産業省(申請窓口:経済産業省野生動植物貿易審査室)

   4、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律施行令別表第1表の2経済産業省に掲げる国内希少野生動植物種の輸入
    輸入公表第三の7(8)(申請窓口:経済産業省野生動植物貿易審査室)

   5、上記以外:経済産業省での手続きは不要
    (輸入通関時に輸出国が発行した輸出許可書等の原本を税関に提出してください)

*条約上の正式名称はローマ数字による標記です。

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 地域経済部 国際課
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052‐951‐4091
FAX番号:052‐961‐7829
メールアドレス:qchbnt@meti.go.jp

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク