トップページ > 施策のご案内 > 産業防災 > 碧南市

碧南市

最終更新日:平成27年9月15日

地区の概要

概要

  • 衣浦湾に面した地域を埋め立てて、工業地域を造成し、隣接市も含めて衣浦臨海工業地帯を形成。
  • 臨海工業地帯には、自動車関連産業を中心に大手企業が多く立地している他、地元企業を中心に中小企業も多く立地し、多様な業種・規模の企業が集積している。

これまでの行政の取組

  • リーマンショック後に、企業からの税収が大幅に落ち込んだうえに、東日本大震災後に臨海部の有力企業が内陸部に移転する懸念があり、行政(碧南市)の中で危機感が高まった。
  • そこで平成25年に、行政職員が市内企業136社を訪問してヒアリングを行った。その中で、地震・津波に対して危機感を持っている企業が少なくないことが確認された。
  • また碧南商工会議所も、個社BCPの促進と合わせて、エリアBCPの研究に取組み始めていた。
  • こうした動きを受けて、中部経済産業局が平成26年度に臨海部企業(132社)を対象にアンケート調査を実施し、事業継続に向けた取組状況や地域連携BCPに対する意向を調査した。
  • また、愛知県衣浦港務所が、衣浦港を対象に港湾BCPを策定し、津波及び高潮に対して堤外地から確実な避難と港湾機能の維持、物流機能の早期回復を図るための対策をとりまとめている。
  • 碧南市は、中部経済産業局の調査結果や愛知県の港湾BCPの策定内容を活かしながら、平成27年度に臨海部での地域連携BCPの構築に向けた取組を進める施策(碧南市地域連携企業防災力向上事業)を立案。そのために、産業振興部署が緊密な連携を図るべく調整を行い、防災・建設関連部署や消防本部といった市の関係機関や愛知県衣浦港務所、中部経済産業局を構成メンバーとする協議の場を持った。
  • 地域連携企業防災力向上事業の一環として、市臨海部にある4号地・中央埠頭東地区をモデル地域に、立地企業と行政関係者をメンバーとする協議がスタート。
  • 大企業と中小企業とでは災害に対する対策や意識に大きな差があることを把握し、特に中小企業の災害対策向上に向けて動き出すとともに、企業規模に関係なく、行政との情報伝達の方法の確保が最重要課題である認識を持つ。

 

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 地域経済部 地域振興課
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052-951-2716
FAX番号:052-961-7698

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。 外部リンク