トップページ > 施策のご案内 > 知的財産 > 「愛知の発明の日」記念講演会の開催について

「愛知の発明の日」記念講演会の開催について

※定員に達したため、お申込み受付は終了いたしました。

最終更新日:平成30年7月12日

 中部経済産業局では、愛知県及び一般社団法人愛知県発明協会とともに、平成30年8月1日(水)に第15回「愛知の発明の日」記念講演会を開催します。
 <参考>「愛知の発明の日」
愛知県では、この地域の産業の礎を築いた豊田佐吉翁が、明治31年に日本最初の動力織機の特許を取得した8月1日を「愛知の発明の日」と定め、広く県民の皆様に発明や知的財産の重要性を考えていただく機会としています。

1.概要

 本講演会では、地域の企業等の皆様に知的財産の重要性を広く普及・啓発するため、「第4次産業革命と知的財産- 激動期を生き抜く「研究と創造」の力 -」をテーマに、人工知能や自動運転技術等の最新の動向と知的財産の重要性について、AI・IoTの第一線で活躍されている方にご講演いただきます。 

2.開催日・場所等

○日時 :平成30年8月1日(水)13:30~16:15(開場12:45)
○場所 :トヨタ産業技術記念館 大ホール (名古屋市西区則武新町4-1-35)
○主催 :中部経済産業局、愛知県、一般社団法人愛知県発明協会
○参加費:無料
○定員 :200名(要事前申込、申込先着順)

3.プログラム

○開会    13:30~13:45

○講演1  13:45~15:05
   ・演題  「人工知能(AI)の現状と展望」
   ・講師  国立研究開発法人産業技術総合研究所 情報・人間工学領域
        人工知能研究センター 副研究センター長
        麻生 英樹 (あそう ひでき)  氏

○講演2   15:15~16:15
   ・演題  「自動運転を支える認識技術」
   ・講師  株式会社デンソーアイティーラボラトリ 代表取締役社長
        平林 裕司 (ひらばやし ゆうじ)  氏

4.その他

詳細はコチラ(愛知県ホームページ内) 

チラシ(PDF形式:4.23MB)PDF形式

プレス資料(PDF形式:254KB)PDF形式

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 地域経済部 産業技術課 知的財産室長 正(しょう)
住所:〒460-8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052‐951‐2774(直通)

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク