トップページ > 施策のご案内 > 知的財産 > 「三河一色えびせんべい」が地域団体商標に登録されます

「三河一色えびせんべい」が地域団体商標に登録されます。
 商工会としては中部経済産業局管内で初の事例

最終更新日:平成30年2月20日

概要

愛知県の「三河一色えびせんべい」(出願人:一色町商工会)が地域団体商標として登録されることとなりました。
中部経済産業局管内では初となる商工会による地域団体商標登録となります。
「地域団体商標制度」は、平成18年4月に導入された地域ブランドを適切に保護し、信用力の維持による競争力の強化と地域経済の活性化を支援することを目的とした制度です。全国的な知名度を獲得した場合や図形と組み合わされた場合を除き、商標登録を受けることが困難であった「地域名」と「商品名・サービス名」からなる商標について、地域ブランド育成の早い段階で商標登録を受けられます。

 これまでは、地域団体商標を出願できる団体は、事業協同組合等の特別の法律により設立された組合及びそれに相当する外国の法人に限られていましたが、平成26年8月1日からは商工会、商工会議所、NPO法人も地域団体商標の出願をすることができるようになっております。

 この度、新たに愛知県の「三河一色えびせんべい」(出願人:一色町商工会)が地域団体商標の登録査定を受けました(注)。
中部経済産業局管内では初となる商工会による地域団体商標登録となります。
 (注)商標権については、登録査定の送達日から30日以内に登録料の納付手続きが行われたのち、設定登録されることにより発生します。

 今後も、特許庁及び中部経済産業局では地域団体商標の取得・活用支援、情報発信を行い、地域経済の活性化に取り組んでまいります。

「三河一色えびせんべい」について

●商標:三河一色えびせんべい

●出願人:一色町商工会

●商品:愛知県西尾市一色町及びその周辺地域で製造されるえびせんべい

●役務:愛知県西尾市一色町及びその周辺地域で製造されるえびせんべいの提供

●概要:
西尾市一色町は、えびせんべい発祥の地と言われており、周辺地域を含め36企業で三河一色えびせんべい工業組合が組織されている。昔は、えびと澱粉を練り合わせ焼き上げるといったシンプルなものであったが、近年は各企業が味付けや工法に工夫を凝らし、数多くのえびせんべいを製造している。

西尾市観光協会 三河一色えびせんべいに関するページはこちら(西尾市観光協会ホームページ)

資料

プレス資料(PDF形式:228KB) PDF形式

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 地域経済部 産業技術課 知的財産室長 大山
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052‐951‐2774(直通)

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク