トップページ > 施策のご案内 > 知的財産 > 地域団体商標事例集2015の作成について

地域団体商標事例集2015の作成について

最終更新日:平成27年3月24日

1.概要

 特許庁は、地域ブランドの保護・振興を目的に導入した「地域団体商標制度」の一層の普及と活用を促進するため、本制度の解説や具体的な活用事例等を紹介、また平成26年12月末までに登録された570件を掲載した「地域団体商標事例集2015」を作成しました。
 詳細は特許庁HPをご覧ください。
 特許庁HP 「地域団体商標事例集2015」について

2.地域団体商標とは

 例えば「飛騨牛」や「輪島塗」、「下呂温泉」のような、地域名と商品・役務名を組み合わせた商標です。
地域団体商標制度は平成18年4月に導入され、登録主体はこれまで事業協同組合等の特別の法律により設立された組合に限られていましたが、平成26年8月1日から、商工会、商工会議所、特定非営利活動法人も、地域団体商標の出願をすることができるよう拡充しました。
 詳細は特許庁HPをご覧ください。
 特許庁HP 地域団体商標制度

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 地域経済部 産業技術・人材・情報政策課 特許室
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052‐951‐2774
FAX番号:052‐951-1764
メールアドレス:chb-chizai@meti.go.jp

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク