トップページ > 施策のご案内 > 技術開発支援 > 「サポイン事業活用セミナー in 三重 」開催のご案内

「サポイン事業活用セミナー in 三重 」開催のご案内

最終更新日:平成29年12月13日

概要

 三重県は輸送機器や電機関連を始めとした様々な産業が集積しているため、鋳物や金属加工等の基盤技術を備えている中小企業が多く、サポイン事業の実施にあたりポテンシャルが高い地域と言えます。
 三重県の中小ものづくり企業の更なる発展のためにサポイン事業を役立てていただくには、施策の狙いや活用方法を明確し、自社で取り組む際のイメージを持っていただくことが重要だと考えております。
 そこで、県外のサポイン実施企業から、申請から研究開発の取組までを紹介するセミナーを開催いたします。
 セミナー終了後は、サポイン事業に関する個別企業相談会もあわせて開催いたします。

1.日時

平成30年1月15日(月) 14:00-16:00 (開場 13:30)

2.場所

三重県産業支援センター高度部材イノベーションセンター(AMIC)(三重県四日市市塩浜町1−30)

3.参加費

無料

4.定員

50名

5.講演

講演1.「研究開発とサポイン事業」
           中小企業基盤整備機構中部本部 経営支援課 
    ものづくり支援コーディネーター 井田修一郎氏

 昨今、産業構造が変わる中、自社の優れた技術を活かした研究開発に取り組む中小企業が増えている一方で、新たな研究開発に臨む際に機器導入を始めとした金銭面が課題となり、なかなか研究開発に踏み込めないという声も耳にします。
 本講演はそういった企業を対象に「サポイン事業」の活用のポイントを取り上げて紹介することで、皆様に自社の研究開発をサポイン事業で実施するイメージを持っていただくものになります。

講演2.「研究開発を営業戦略に活かす/豊橋鍍金工業株式会社サポインへの取組」
           豊橋鍍金工業株式会社 代表取締役社長 高木幹晴氏

 豊橋鍍金工業は、従業員29名と小規模な事業者でありながら、平成21年からサポイン事業への応募に積極的に取り組み、現在までに自社応募4件の採択と他社案件への研究員としての参加2件の実績を持ちます。
 研究開発を進めていく中では、名古屋大学、名古屋市工業研究所、産業総合研究所等と連携し、サポイン事業を単なる製品開発だけではなく、全社的な技術力向上やアドバイザーを巻込んだ営業戦略にも生かしています。
 本セミナーでは、技術的な側面における大学や公設試との連携の視点や考え方だけでなく、販路開拓やニーズの把握の仕方といった事業化の視点もご紹介いただきます。

発表資料

セミナーチラシPDF(PDF形式・631KB)

 

申し込み方法

こちらのフォームよりお申込みいただけます

セミナーチラシPDFの【お申込み方法】もご参照ください。

 

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 地域経済部 産業技術課
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052‐951‐2774
FAX番号:052‐950‐1764
メールアドレス:chb-sangi@meti.go.jp

 

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク