トップページ > 施策のご案内 > 技術開発支援 > キラリ公設試(地域公設試のご紹介) > Vol.16 富山県工業技術センター 生活工学研究所

キラリ公設試(中部地域 公設試験研究機関のご紹介)

更新日:平成27年3月6日

キラリ公設試
野球用竹複合バットの開発:木製バットに匹敵する打撃特性へ(1/2)
Vol.16富山県工業技術センター
生活工学研究所
【今回のキーワード/竹複合バット】
プロ野球などで使われる正規のバットは1本の木から作られたものという用具規則がありますが、コスト面や将来に亘るバット材の確保が課題となっています。 そこで、社会人や大学野球で使える、あるいは練習用バットとして、竹を原料とするバットが作られています。 まず竹板を貼り合わせて角材をつくり、それをバットの形状に削って作られたバットです。 安定供給できる竹を使うことでコストが抑えられることに加え、堅くて折れにくい耐久性がメリットとして挙げられます。 富山県の生活工学研究所では、芯材に強靭な木を使うことで、従来の木製バットに非常に近い特性を持つ竹複合バットの開発に取り組んでいます。
富山県工業技術センター 溝口さんと浦上さん
富山県工業技術センター 溝口さんと浦上さん
富山県南砺市にある生活工学研究所は、公設試として国内で唯一スポーツ工学に取り組んでいます。 そんな一見ユニークな研究が行われている経緯は、昔からスポーツ用品の一大産地であるという地域環境によるところが大きいようです。 今回はバット開発をはじめとするスポーツ用具の研究を行っている製品科学課長の溝口正人さんと主任研究員の浦上晃さんにお話を伺いました。 私たちが取材に訪れた研究室時には、野球の球を高速で打ち出す機械やゴルフスイングができる機械など、ほかでは見かけない興味深い機械がズラリと並んでいます。 また、取材の机の上に用意してもらったのは、有名プロ野球選手が使っていたというバット。これは面白い話が聞けそうですよ。
生活工学研究所は公設試で国内唯一のスポーツ工学の研究拠点とのことですが、スポーツ工学を研究するようになった背景はどんなことでしょう?
ゴルフクラブ用のスイングロボット
ゴルフクラブ用のスイングロボット
(溝口)
富山県工業技術センターは創立が大正2年ですから、一昨年で100周年を迎え、全国的にもやや早い時期に設立された公設試です。 そのうち生活工学研究所はもともと繊維分野の研究が中心でした。富山県西部は繊維の産地として有名ですからね。 ですが平成9年に旧庁舎の老朽化に伴い現在の地に移転してから、スポーツ工学や人間工学という分野にも研究範囲を広げました。 南砺地域はスポーツ用品の製造が盛んであるという環境をふまえてのことです。この地域では昭和中期まではスキーや卓球台などの木製スポーツ用品が数多く作られていました。

なかでも、プロ野球などで使われる木製バットは昭和初期に生産が始まり、現在も全国シェアが5割くらいを占める国内最大の産地として知られています。 大手ブランドのバットは、実はかなりの割合が富山県の下請け工場で作られているのです。 それから、同じ打撃用具としてはゴルフクラブのメーカーも県内に5社あり、スポーツウェアの国内大手メーカーのひとつも近くに生産拠点があります。 そういったスポーツ用品企業の依頼試験や開発支援に応えるべく、研究所の移転を契機にスポーツ用具関連の試験設備を整えてきました。 スポーツ分野に関する依頼試験や技術相談は非常に多く、富山県内の企業のみならず全国各地からも依頼があり、1年間に200件ぐらいの対応をしています。
スポーツ用品の試験って具体的にはどんなことをするのですか?
(溝口)
バット反発性評価装置を操作する溝口さんと浦上さん
バット反発性評価装置を操作する
溝口さんと浦上さん
たとえばゴルフなら、『スイングロボット』や『エアキャノン』という装置を使ってクラブの打撃性能や耐久試験を行っています。 これは人間のスイングと同じようにボールを打つ動作を行って、反発性能や耐久強度を検証するのです。野球やソフトボールのバットの場合も同様の試験を行います。 木製はすぐ折れてしまうので、どちらかというと消耗品というイメージがありますね。プロ野球の選手は1人あたり年間100本ぐらい使うそうですよ。

バットに関しては専用の『バット反発性評価装置』を使って、反発性能を正確に測ることができます。これはアメリカ製で、現在国内に3台だけしかない大変珍しい装置です。 近年、日本ソフトボール協会(JSA)などが反発規制を設けるようになりました。飛びすぎるバットは打球速度が大きく、野手や観客に危険なケースが増加したためです。 そこで、反発指数が基準値以内のバットに対しては国内の安全基準であるSGマーク適合を認定しているのですが、これは当所の試験装置で反発指数を測定した数値をもとにJSAが認定しているのです。 このように国内外のスポーツ関連団体から測定依頼や相談を受けることも多いですね。
溝口さんはどういう経緯でこの研究を始められたのですか?
(溝口)
この研究所を移転して建て直すときに、当時の所長に『君はスポーツが好きだったよね』と言われて(笑)。私が大学時代にゴルフ部だったことで、白羽の矢が立ったようです。 最初は公設試でそんなことをやってもいいんですか?というような半信半疑の感じだったのですけど、どうせやるなら本県にしかできない面白いことをやろうと背中を押されてスポーツ工学の分野に足を踏み入れることにしました。 それ以来、すっかりスポーツの試験研究にどっぷりと浸かってしまいました。野球はもともとあまり見なかったのですけど、バットの研究をするようになってからは、どの選手がどのようなバットを使っているのか興味津々で見るようになりました。
そして今日ここには、有名なプロ野球選手が使用していたバットを用意していただきました。よく見ると大きさや形が少しずつ違うのですね。
バット形状測定装置の外観
バット形状測定装置の外観
(溝口)
はい、プロ野球では選手の好みによりバットの長さや重さをはじめ、打撃部やグリップの太さ、グリップエンドの形、全体のバランスやヘッドの効き方などの細かなこだわりがあるので、 選手により仕様が微妙に異なります。そして、バットを見ながらこの選手がどんなバッティングスタイルを目指しているのかなあとか、そういうのが想像できて面白いですね。 プロのオーダーに応えるバットを提供するために、昔は職人さんが経験と技術で少しずつ調整していたのですが、最近は熟練技術の伝承への対応が課題になっています。 そこで当所と南砺市のバットメーカーである(株)ロンウッドさんとの共同研究により、バットの形状をレーザー測定器で正確に検出できる専用装置を開発しました。 これにより、プロ野球選手が使用しているバット形状をデータベースとして構築し、NC自動旋削加工によりドンピシャの形状で同じバットを製造できるようになったのです。 これにより加工精度が均一化され、作業時間も従来の熟練職人の1/3に短縮できました。現在では、プロ選手の50人以上がNC自動加工のバットを使って活躍しています。
県内のバット工場でも技術が飛躍的に進んでいるのですね。
プロ野球で使用される木製バット
プロ野球で使用される木製バット
(溝口)
ええ、ところが近年このバットの素材に関して状況が変わってきました。20年くらい前まではプロ野球選手のバットの素材はほとんどが国内産のアオダモという木から作られていました。 昔は日本中でとれた木だそうなのですが、現在は枯渇してほとんど無くなってしまいました。その代替素材として今はメイプル(楓)製になっています。 これは主に北米から輸入したものが使用されています。
そこで開発されたのが『竹複合バット』ですね。
竹複合バットのグリップの様子(種類の違う木材が複合化されている)
竹複合バットのグリップの様子
(種類の違う木材が複合化されている)
(溝口)
今までは北米産のメイプルが順調に安く輸入できているんですが、将来は円相場の変動がどうなるか、あるいはアメリカなどの環境保護政策が今度どうなるかによって将来安定的に輸入できるかどうか不透明感があります。 プロ野球のバットは一本の木から削り出す規則になっているのですが、アマチュアの社会人野球や大学生の選手は試合や練習用で合板バットを使ってもいいので、 割高なメイプル使わずにいいバットを提供できないかということで、ロンウッドさんと共同で竹複合バットを開発しています。 これは、強度の大きな芯材の周囲に竹の合板を貼りあわせて作るバットで、重さも調整しやすいですし、品質も天然の木に比べて安定しやすいのが特徴です。 今回の竹複合バットの母材となる孟宗竹は、成木まで50年~80年を要する天然木に比べて4~5年で使える大きさにまで育ちますし、中国には広大な竹林があるほか、 赤道を中心に世界中に広く分布している植物なので、安く豊富に手に入ります。意外ですがアメリカには生息していないのですけどね
公設試の概要
Public research organization
富山県工業技術センター 生活工学研究所
富山県南砺市岩武新35-1
九曜英雄
富山県工業技術センター ホームページ外部リンク
TE
0763-22-2141
FA
0763-22-4604
E -Mail
mizoguti@itc.pref.toyama.jp
富山県工業技術センター 生活工学研究所 外観写真

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 総務企画部 情報公開・広報室
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052-951-0535
FAX番号:052-951-0557

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク