トップページ > 施策のご案内 > 技術開発支援 > キラリ公設試(地域公設試のご紹介) > Vol.15 石川県工業試験場

キラリ公設試(中部地域 公設試験研究機関のご紹介)

更新日:平成27年1月23日

キラリ公設試
バイオレメディエーションの国産化:油を分解する微生物を使った環境浄化技術(1/3)
Vol.15石川県工業試験場
【今回のキーワード/バイオレメディエーション】
微生物の化学物質分解能力を活用した環境浄化技術(特に土壌修復)のこと。低コストで、汚染現場を浄化できるため、これからの浄化技術の切り札として注目されています。 大きく分けて、
1.汚染現場に生息している特定の微生物を増幅・活性化させて浄化を行う「バイオスティミュレーション」
2.目的に合致した微生物を培養・活性化させて汚染現場に注入して浄化を行う「バイオオーギュメンテーション」の2つ。後者は浄化効率が高まり、比較的短時間で浄化できるというメリットがあります。
石川県工業試験場 井上研究主幹
石川県工業試験場 井上研究主幹
転用可能な技術分野…飲食店(厨房排水の処理)、土木・建築(土壌修復)、工場(床の油汚れ除去)、給油所での浄化など
石川県の海岸で起こったとある海の事故をきっかけに、その対策となる技術開発を始めたのが石川県工業試験場の井上智実さん。 それは微生物を使って油を安全に分解するという研究でした。私たちの眼に見えない小さな体の微生物が、どんな働きをしてくれるのでしょう。 今回は彼の研究室を訪ね、開発の経緯からその成果、苦労話とともに聞いてきました。 井上さんは企業と一緒になって製品化にも成功し、この研究に関連して2つの特許を取得していますので、その実情も伺います。
井上さんが平成12年から行っているバイオレメディエーションの研究、きっかけは何だったのでしょう?
(井上)
ナホトカ号重油流出事故
ナホトカ号重油流出事故
平成9年にナホトカ号が座礁した際に、大量の重油が流出して石川県に流れ着き、海岸線が広範囲に渡って汚染されるという事件がありました。 大勢のボランティアが重油を取り除く作業を行ったのですが、十分に汚染を取り除くことができなかったのです。海外ではバイオレメディエーション、微生物を使って環境を浄化するという技術があったんです。 でもそのとき、国内ではそういった技術が普及していませんでしたし、海外の微生物を使うということは、安全性が確保できないという理由で公には認められなかったのです。 そこで、環境浄化微生物の国産化と浄化手法の開発を目的として、開発に着手したわけです。
具体的にどんな開発をするのですか?
油田付近の水田から採取した土壌
油田付近の水田から採取した土壌
(井上)
まずは国内から油を分解する微生物を探さなければなりません。 そこで国内のいろいろなところで土壌を採取して、そこから油を分解する微生物を見つけ出すことをしました。 まずはじめに見つけたのは新潟県の油田付近の水田からですね。
油田の近くだから油を分解する微生物がいたのでしょうか?
(井上)
油田があるところには、油を餌にする微生物がいるかもしれないという目論見だったのですが、今回はたまたまだったと思います。
微生物って途方もなくたくさんの種類があると思うんですが、その中から見つけるのって大変ですよね。当たり外れもあるんじゃないですか?
研究に取り組む井上さん
研究に取り組む井上さん
(井上)
私は大学院のときも同じように微生物を分離するということをやっていましたので、ある程度のノウハウは心得ていたつもりですけどね。 でもこれは運の要素も大きくて、3~4採取した中から見つかることもあれば、100以上取っても見つからないときもあるんです。運がよかったと思いますね。
それが新規のAcinetobacter sp.という種類の微生物ですね。実際にこういうものはどういう手順で見つけるのですか?
微生物による油分解のイメージ
微生物による油分解のイメージ
(井上)
採取した土壌からスクリーニング(目的とする微生物を探索)する作業ですね。実際オリーブ油を使って分解の度合いを見ていきました。 この株は、4500ppmのオリーブ油を2日で92%分解しました。病原性も持っていないため安全性も確認されました。 ある程度の低温域から高温域まで分解でき、アルカリ性においても分解率が優秀でしたので、アルカリ性洗剤を使う厨房の排水処理に利用できると考えたのです。 そもそもレストランや食堂の厨房には、調理で出た油を排出しないように溜めておく『グリーストラップ』という装置がついているんですが、これは溜まった油を柄杓ですくう必要があります。 これがとっても臭いんですよね。ゴキブリとかも発生しますし、装置の清掃にもお金がかかるのです。それを微生物を使って、毎日分解すれば、ほとんどの作業が不要になるということです。
なるほど、これが可能ならいいこと尽くめですね。井上さんは実用化するために実験を行ったとか。
(井上)
厨房実験の様子
厨房実験の様子
ええ、石川県の企業で株式会社ゲイトと共同での実証試験を行いました。 大学の食堂の厨房排水を実際に使って、分離した微生物を入れたところと入れていないところ、2つ同じ条件で3ヶ月間試験を行ったのです。 実際に微生物を入れたところのほうが明らかに優位性があったため、これは実用性が高い微生物だということが証明されました。
そういう効果があったことがわかり、いよいよ実用化ということですね。
(井上)
はい。すでに実用化され、いろいろなところに使われています。先ほどの株式会社ゲイトから出ているのですが、厨房のグリーストラップ槽に取り付ける『ゲイト油分解システム』です。 これに見つけた微生物が使われています。
公設試の概要
Public research organization
石川県工業試験場
金沢市鞍月2丁目1番地
浅井豊樹
石川県工業試験場 ホームページ外部リンク
TE
076-267-8081
FA
076-267-8090
E -Mail
service@irii.jp
石川県工業試験場 外観写真

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 総務企画部 情報公開・広報室
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052-951-0535
FAX番号:052-951-0557

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク