トップページ > 施策のご案内 > 技術開発支援 > キラリ公設試(地域公設試のご紹介) > Vol.12 岐阜県情報技術研究所

キラリ公設試(中部地域 公設試験研究機関のご紹介)

更新日:平成26年11月26日

キラリ公設試
移動ロボット用超音波測位システム
無人搬送車や巡回ロボットの経路自動走行システム(2/2)
Vol.12岐阜県情報技術研究所
遠くまで飛ばすことができるというのは、従来の2mと比べてどれくらい長くなるんでしょうか?
(田畑)
目標値ですが、測位距離では5m以上となります。実際の工場でも5mくらい間隔で実用化できそうですね。これは磁気テープ方式と同じくらいのコストで設置できるのです。
(遠藤)
超音波での情報通信とフェーズドアレイを同時に使うというのが初めての技術となりますね。
研究を行っていく中では、どんなところに苦労がありましたか?
(遠藤)
研究に取り組む田畑研究員
研究に取り組む田畑研究員
超音波は壁や床に反射しますので、思わぬところにマーカーがあると思ったり、距離を間違えたりすることがあります。それを調整していくことに苦労しました。 プログラムを改良して、実験を繰り返してようやく実用的なレベルまで修正ができましたね。
(田畑)
超音波を出す間隔を調整したり、地道な実験を繰り返し誤差を生み出す要因をひとつずつつぶしていきました。それで3年かかったのです。
この研究に関しては田畑さんは論文を3本提出し、東京農工大から博士号を授与されましたね。それほど画期的な技術ということですが、特許をとろうということはなかったのでしょうか?
(遠藤)
岐阜県情報技術研究所のスタンスとして、研究の成果を広く企業に知ってもらい、実際に使ってもらうことを重視しています。商品化につなげていくことが最優先ということですね。 岐阜県の要綱でも、開発した技術の使用者が見つかり、具体的な事業化の見通しが立ったものから優先的に特許を出願するということになっています。 この技術に関しては超音波の技術もフェーズドアレイの技術も、それぞれ単体では新しい技術というわけではありません。 2つを組み合わせたこの技術も、公知の事実として発表しておりますので、特にこれから特許を出願するという予定はありません。 ただ今後、企業との共同研究の中で、新たにほかの技術と組み合わせて実用化したいという話が具体的に出てきたときに、特許を出願するということも考えられます。 岐阜県情報技術研究所には、先ほど申し上げた誤差を少なくして精度を高めるというノウハウが蓄積されています。 使ってみたいという企業さんは、是非第一任者である田畑に相談していただければと思います。
なるほど、より広く使われたいというのが岐阜県情報技術研究所のスタンスなのですね。最後に今後の展開としてはどうお考えですか?
(遠藤)
やはり今評価して頂いている企業や、共同研究を行っている企業によって実用化されることが大きな目標ですね。
(田畑)
現在無人搬送車に関しては単体で走らせる実験になるのですが、今後は複数の車を走らせることができるようなことも研究していきます。
超音波測位システムによる測位結
超音波測位システムによる測位結
実際にこの技術が工場で生かされて実用化されることが期待できそうです。ありがとうございました。
【取材後記】
県内の企業のニーズをしっかり把握し、これまで超音波計測のデメリットとして存在した計測距離を克服した工夫。さらに実験を繰り返して誤差を修正していったという地道な努力は、独創的な発明に匹敵する素晴らしい研究だと思います。なにより地域企業の役に立ちたいという岐阜県情報研究所のスタンスが伝わってきました。実際製品化されて工場内でこのシステムを搭載した無人搬送車が走る時代が来るのも近いのではないでしょうか。この研究所では企業の技術支援のため、勉強会や講習会も積極的に開催しているそうです。企業の悩みを頼れる研究員に相談できそうですね。

METI Journal 10・11月号
METI Journal
▼ ワンポイント情報

「日本再興戦略」では、2020年にロボット市場を製造分野で現在の2倍、そして非製造分野で20倍に拡大する、という目標を掲げています。 また、政府では、「ロボットによる新たな産業革命」の実現に向け、有識者からなる「ロボット革命実現会議」を設置しました。 本年9月11日には第1回会合を官邸にて開催し、年内を目途に技術開発や規制改革、標準化等、具体策を盛り込んだ「5ヵ年計画」を策定することとしています。 METI Journal 10・11月号でも紹介しております。
公設試の概要
Public research organization
岐阜県情報技術研究所 外観写真
名称  岐阜県情報技術研究所
住所  岐阜県各務ヶ原市テクノプラザ1-21
所長  柴田英明
TEL 058-379-3300(代表)
FAX 058-379-3301
メール info@imit.rd.pref.gifu.jp

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 総務企画部 情報公開・広報室
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052-951-0535
FAX番号:052-951-0557

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク