トップページ > 施策のご案内 > 技術開発支援 > キラリ公設試(地域公設試のご紹介) > Vol.2 石川県工業試験場

キラリ公設試(中部地域 公設試験研究機関のご紹介)

更新日:平成25年8月20日

キラリ公設試
「長年の知識と技術の蓄積で、企業さんの『コーティング技術研究』を支援します」
:DLC膜等のコーティング技術にこの人有り!
Vol.2石川県工業試験場
【今回のキーワード/食品の試作・加工研究】
第2回目は、石川県工業試験場に伺い、試験場として長年研究に取組んできた「コーティング技術」について、ご担当である研究者(安井研究主幹)に、これまでの試験場での研究の変遷、 参画企業さんの製品化などの成果、今後の取組についてお話しを伺いました。
本試験場には、企業さんと一緒に製作した独自のコーティング装置があり、試作段階から性能評価、分析まで一連して行う事ができる体制が整っており、 地域企業の技術相談・指導役としての活躍を研究者を通じてご紹介します。
機械金属部 舟木副部長、同部 表面処理ご担当安井研究主幹にお話を伺いました。
これまでの試験場での「コーティング技術」への取組について教えて下さい。
(安井)
表面処理ご担当 安井治之研究主幹
表面処理ご担当
安井治之研究主幹
当試験場では、1983年(今から、30年前)から、「コーティング技術」に取組んでいます。当時、県内の企業さんが、工具・金型へのコーティング事業に参入したのがきっかけです。 試験場では、地場産業である織機部品や、漆器へのコーティングなどに取組みました。
それから、近隣県の企業さんとの連携や、他の研究機関からのアドバイスも受けながら、密着性等の向上などの技術的課題や、評価手法の確立などに対して、 国等の委託事業等を企業さんとともに獲得し、クリアしてきました。私は、1990年代からコーティング技術に関わってきました。現在は、次代の若手研究員の育成に力を入れています。

石川県工業試験場におけるコーティング技術の歩み|石川県工業試験場サイト内PDF(PDF・649KB)
取組が30年も続いているのは、どのようなところにポイントがあるのでしょうか? また、これまでの成果をご紹介ください。
(安井)
試験場独自の表面処理装置
試験場独自の表面処理装置
前段でお話ししましたが、新事業に取組む企業さん、そして、サポートする当試験場の研究者、更に他の機関に所属する外部アドバイザーなどの体制で当初から取組んでいたので、
幅広い対応が可能であったことかと思います。現在も、以前と同様な体制で皆一緒になって課題解決に取組んでいます。 この体制の中で、一つの大きなポイントは、当初から表面処理に関して意欲ある企業さんと連携してきたことです。 表面処理に係る技術の蓄積があり、現在も稼働している表面処理装置を共同で製作するなど、とても大きな存在となっています。 そして、何より、長年取組んでいるという、有形無形の技術や知識の蓄積がとても大きいと思います。
これまでの研究成果ですが、HND膜(ハイブリッドナノダイヤモンド膜)の開発や、高硬度・超低摩擦・高密度の水素フリーDLC膜(高密度ダイヤモンドライクカーボン膜)の開発などがあります。 現在、高密度DLC膜は自動車部品、特殊レンズ金型等への適用の実用化研究を行っています。

高密度DLC膜の成膜技術シーズはこちらから(中部イノベネット「産業技術の芽」より)別ウインドウ


<参画している企業さんが、高密度DLC膜の受託成膜を行っています>
研究開発|研究成果|成果発表会要旨集別ウインドウ
  ※ページ内右上のセレクトボックスから、年度等を選択ください。

試験場にて表面処理を行ったドリル
試験場にて表面処理を行ったドリル
試験場にて表面処理を行った金型
試験場にて表面処理を行った金型
新たな取組みや、今後の研究について教えて下さい。
(安井)
平成23年度から、県内企業さんと「表面処理技術研究会」を始めました。参加無料で、現在、27企業1大学(64名)に参加いただいており、評価・分析手法や、新たな技術動向、 表面処理の仕方などを勉強しています。今後は、他の地域の同様な研究会・勉強会グループと連携を図りながら、表面処理技術の発展に努めていきたいと思っています。

表面処理研究会について
企業さんとの共同研究については、私自身、国際学会(ISSP)に実行委員として関わっていますが、最新の技術情報にも触れつつ、 企業さんのもつ技術課題のクリアに重点おいて行うよう心がけています。現在、コーティング技術については、自動車分野だけでなく、医療機器分野などにも拡大してきており、 新たな課題も多く出てきていますので、最新技術のみを目指すのでは無く、身の丈にあった取組をしっかりと続けていきたいと思っています。
コーティング技術についてのご相談は是非安井主幹にですね。
(安井)
安井治之 研究主幹
機械金属部 表面処理ご担当
安井治之 研究主幹
専門:表面処理、トライボロジー(摩擦)
「石川県から新しい表面処理技術を発信します」
研究室にいるだけでは、技術の向上・高度化には繋がらないと思いますので、積極的に外に出ています。技術的なご相談があれば、是非ともご連絡をいただきたいです。
コーティングの技術だけで無く、評価装置なども備えていますので、それらについてもご相談ください。

(舟木) 当試験場では、以前から、広報誌等には、研究者の顔写真やメールアドレス、研究者の想い(一言)を掲載しています。 これら広報誌等をご覧いただき気になることがありましたら、直接担当者にご連絡下さい。もし担当者がご相談に対応できなくても他の研究者に繋げ対応します。是非ご連絡ください。
【取材後記】
「コーティング技術」は、自動車部品等への適用拡大、医療機器への使用用途の拡大など、今後も新規事業への発展が期待できる技術といえます。 石川県工業試験場には、長年の研究による知識の蓄積と、これまで地元企業さんとの連携した取組の経験が豊富にあります。
県内企業の皆様だけでなく、地域企業の皆様に広くご活用いただけると幸いです。

公設試の概要
Public research organization
石川県工業試験場
石川県金沢市鞍月2丁目1番地
北村 修
相談連絡先

コーティング技術については、機械金属部 表面処理担当まで。
その他、通常の技術相談は、企画指導部までご連絡下さい。
石川県工業試験場 ホームページ外部リンク
TE
076-267-8081
FA
076-267-8090
石川県工業試験場 外観写真

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 総務企画部 情報公開・広報室
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052-951-0535
FAX番号:052-951-0557

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク