トップページ > 施策のご案内 > 技術開発>産学官連携シンポジウム「三次元造形技術がもたらすデジタルものづくり」の開催について

産学官連携シンポジウム「三次元造形技術がもたらすデジタルものづくり」の開催について

最終更新日:平成26年12月26日

概要

 現在3Dプリンタブームが巻き起こっており、大学や企業等において3Dプリンタの開発やその周辺技術の高度化が進められているところです。本シンポジウムでは、ものづくり基盤技術に優位性をもつ中部地域において、デジタルものづくり手法を採用するに当たり、活用可能性を探るとともに、戦略産業を創出する上での採用先進事例と期待について講演、議論を行います。

開催概要

産学官連携シンポジウム「三次元造形技術がもたらすデジタルものづくり」の開催について

  • 日 時 平成27年2月23日(月) 13:15~17:00
  • 会 場 メルパルクNAGOYA 2F 瑞雲(西)
  • 主 催 一般財団法人 機械振興協会
  • 共 催 経済産業省 中部経済産業局
  • 定 員 200名 (参加費:無料)
  • プログラム詳細
    主催者挨拶 一般財団法人 機械振興協会 副会長 寺田 範雄
    共催者挨拶 経済産業省 中部経済産業局長 井内 摂男

    ◆基調講演(13:30~14:30)  「ものづくり現場におけるデジタル化の技術動向 ~産業用3Dプリンタの開発の方向性~」
        近畿大学 工学部 ロボティクス学科 教授/京極 秀樹

    ◆特別講演(14:30~15:10)  「3Dプリンタとその市場動向」    
       株式会社アスペクト 代表取締役/早野 誠治

    ◆パネルディスカッション(15:20~17:00) 「三次元造形技術がもたらすデジタルものづくり(仮)」
     ・コーディネータ      淡野 正信/独立行政法人産業技術総合研究所 先進製造プロセス研究部門 研究部門長

    ・パネラー(五十音順)  斎藤 清和/株式会社入曽精密 代表取締役  
                 早野 誠治/株式会社アスペクト 代表取締役  
                 藤 正督/国立大学法人名古屋工業大学 先進セラミックス研究センター 教授  
                 前川 満良/石川県工業試験場 機械金属部 主任研究員

     懇親会(17:20~19:00)

    下記に関するパネル展示も行います。
    ・中部地域の公設試験研究機関の紹介
    ・機械振興協会「3Dプリンタ活用障害者就労支援事業」

参加申込みおよび詳細内容はこちらから

http://www.sangaku2015.com/entry.html

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 地域経済部 産業技術・人材・情報政策課  
住所:〒460-8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052-951-2774
FAX番号:052-950-1764

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。 外部リンク