理系女子からのメッセージ☆リケジョの星

人が支えるものづくり業界の成功モデルを紹介

「みんなができる範囲でやれることを」をモットーに
働く人の多様化を実現!

亀蔦さん・小野田さん

亀蔦瑠見さんのプロフィール

日高工業株式会社/本社製造課 セット係班長

商業高校を卒業後入社し、現在8年目。本社製造課セット係班長に就任して2年目。小学校から高校までバスケをしていた経験がある。熱処理技能検定2級を取得。

小野田愛さんのプロフィール

日高工業株式会社/営業課 主任

普通科高校を卒業後、先生からの紹介で知り入社し、現在6年目。営業部営業課で生産管理を担当している。今年主任に就任した。熱処理技能検定3級を取得。

活躍中のリケジョに聞かせてください

どんな仕事をしていますか?

写真の説明が入ります

検査や冶具セット、生産管理は女性中心に担当します

(亀蔦さん)班長として、炉の中に製品を入れるスケジュールを確認し、段取りを組んでいます。前日の帰りには冶具の準備もします。前日までに出来なかった分の仕事を、翌朝早くから準備するなど、周りのカバーも徹底して行っています。

(小野田さん)製品の受け入れ、出荷や伝票の管理で、担当の客先ごとに出荷や納品の処理を行います。私は主に納品処理を担当しています。主任なので、後輩への指導、教育にも力を入れて取り組んでいます。

写真の説明が入ります

やりがいを感じるのはどんな時ですか

写真の説明が入ります

お客様にお礼を言われたり、自分の成長を感じられたりした時です

(亀蔦さん)班長になって全体を見渡すようになってから、他工程にも興味がわき、全体的な工程がわかってきた時です。全体を把握することでたくさん知識も増え、後輩に教えられるようになって嬉しいです。

(小野田さん)翌日までの出荷要望など、急な注文が入ったときは焦ることもありますが、それに間に合わせることができて実際にお客様から直接お礼を言われた時は、とてもやりがいを感じました。

写真の説明が入ります

会社に入ってよかったことは何ですか

写真の説明が入ります

社内の人間関係が非常に良いことです

(亀蔦さん)人間関係が良好であることです。他部署との交流もあり、また若手も多いので休みの日には、プライベートでよく出かけます。仕事後に社員同士でジムに行ったり、冬にはスノーボードにもよく行ったりします。

(小野田さん)上下関係がしっかりしていることです。おかげで言葉遣いや電話の取り方など、社会人としての基本的なことが身に付きました。更に、人とのコミュニケーション能力も高めることが出来ました。

写真の説明が入ります

将来の目標は何ですか?

写真の説明が入ります

自分が働く会社についてもっとよく知ることです

(亀蔦さん)部下に自信をもって指導するために知識を増やし、不明点をなくしていくことです。班長になっても、わからないことはその都度上司に聞いて教えてもらい、正しい知識を身に着けるようにしています。

(小野田さん)会社が関わっている製品を全部把握し、熟知することです。自分の担当していない取引先でもどのような製品を作っているのかを見るようにしています。シートベルトの金具など、生活の中で見たことのある部品を見つけるのが楽しいです。

写真の説明が入ります

亀蔦さん・小野田さんの活躍する企業

企業名/日高工業株式会社 代表者/代表取締役社長 今村 順

企業名/日高工業株式会社
代表者/代表取締役社長 今村順

所在地/愛知県刈谷市一里山町柳原7番地1
法人ナンバー/4180001026725
会社設立年/1965(昭和40年)
資本金/1000万円
売上高/50億円
従業員数/140名
事業内容/浸炭焼入焼戻、焼入焼戻、焼きなまし、ガス軟窒化、プレステンパ、固溶化処理
ホームページ/http://hidaka-kk.jp

亀蔦さんが大切にしていること

班長という立場において、指示を漏れなく、わかりやすくきちんと伝えることです。自分が把握している内容でも周りはわかっていないこともあるので、品番を覚えるなど、周りをカバーしていくことが大切だと考えています。

小野田さんが大切にしていること

後輩がどんどん増えてきたので、自分が作業を頑張ることよりも、周りを見て正しい指導をし、育てることを強く意識しています。また、節度ある言葉遣いや礼儀、マナーを常に心がけています。このことは後輩を育てる上でも大切なことだと考えています。

写真で紹介!工場見学

写真の説明

冶具セットの部屋では多くの女性が働いていました。機械の動作に合わせて作業をするのはとても難しそうに見えました。

写真の説明

熱処理の工場なのでとても暑く、時折見えた炎は、機械中に外気を入れないように密閉するためのものだと知り、衝撃的でした。

写真の説明

検査の工程でも女性が大活躍していました。たくさんの顕微鏡が並んでいる室内は、大学の研究室のようでした。

今回のインタビュアー紹介

写真の説明

名古屋工業大学 紗綾-SAYA-
(左から)2年 横井友香さん、竹内美月さん、1年 相良奈里美さん
彩綾-SAYA-は名古屋工業大学の女子学生団体です。工学部の単科大学という女子学生の少ない環境の中で、女子同士の交流を広げるために2014年に発足しました。女子学生同士の交流イベントや、先輩女性エンジニア・研究者との交流会を企画・運営するなど様々な活動をしています。

【本件に関するお問い合わせ】
中部経済産業局 地域人材政策室 chubu-jinzai@meti.go.jp

【本件に関するお問い合わせ】
中部経済産業局 地域人材政策室
chubu-jinzai@meti.go.jp