中部の経営者からのメッセージ

人が支えるものづくり業界の成功モデルを紹介

仕事は人生を豊かにするためのツール。
ものづくりを楽しみながら夢を叶えて欲しい。

代表取締役社長 松原史尚さん 【平成30年2月掲載】

株式会社 マツバラ

代表取締役社長 松原史尚さん

大学で工学を専攻し、卒業後山梨の鋳造工場で修業。さらにアメリカに渡って鋳造関連技術を学び、帰国後(株)マツバラに入社。開発部に所属。製造部門長、取締役、常務取締役、副社長を経て、2009年代表取締役に就任。

事業の概要を教えて下さい

当社は1950年の設立以来、自動車部品、油圧部品、産業機械部品などを中心に、年間約4000種類を超える製品を国内外に供給する小物鋳造専業メーカーです。その一方で、オンリーワン技術の創出をめざし、製造技術開発や素材開発にも積極的に取り組んでいます。また環境対策にもいち早く着手し、2003年には中小企業鋳造工場では初のゼロエミッションを達成しました。さらに有給や育産休の取得を徹底奨励するなど、コンプライアンスも遵守。白か黒かを判断する際少しでも曖昧な部分があれば全てNGとし、長く働き続けられる健全な職場環境づくりを進めています。

どんな所で女性が活躍していますか?

活躍する女性と松原さん

設計、品質保証、財務、試験室、営業、購買、生産管理、鋳造技術、ISO推進室など、重量物を扱う場所以外の全部門で女性が活躍しています。仕事に性別は関係ありませんが、総じて女性はコミュニケーション力が高く、優秀です。その証拠に、社の心臓部であるCS(Corporate Satisfaction)本部を形成する、品質保証、鋳造技術、営業の、様々な場面で第一声を交わす最前線管理職(リーダーさん)は全て女性。当社の顔として取引先様と良好な関係を築くと同時に、社内各部門の連携も強化してくれています。

女性活躍を推進する取り組みを教えてください

社員との面談実施、職場環境を提供

まずは環境です。私は米国で学んだ技術をもとに、鋳造現場特有の臭いの問題を解消しました。工場には冷暖房や集塵装置を完備し、社長以下全員で取り組む「おそうじパワーアップ活動」により、白の作業着で仕事ができるクリーンな作業環境を保っています。また、各種セミナーの受講、資格取得、大学院での研究など、社員の学びたい気持ちには制限を設けずに援助します。今後はIOTの導入などにも一層力を入れ、育産休時の自宅勤務も実現したいと考えています。

女性の活躍を推進することで得られた成果やメリットは?

当社では、社員からの事業改善提案を通して社内を活性化する仕組みをつくっていますが、女性社員からの提案書は総じて優秀なものが多く、提出率も高い傾向にあります。クリエイティブな発想を持って仕事にあたり社内に新しい風をもたらしてくれる存在として、更に影響力を発揮して欲しいと期待しています。また、仕事の引き継ぎや後輩への指導といった面では、女性ならではのコミュニケーション力ときめ細やかさが見られます。仕事の手順をマニュアルに整備することで、引き継ぎの効率化や多能工化の促進に寄与してくれています。

ものづくり業界で働く女性に期待することは?

ご自身の夢を実現するために、仕事を、会社を活用して欲しいということです。鋳造は4000年も前から続く産業で、根本的な技術はずっと変わりません。つまり出産や育児でブランクがあっても全く違和感なく復職できるのです。女性は、設計や品質管理では繊細さを、経営では金銭感覚のシビアさをと、特性を活かしながら様々な業務で能力を発揮できます。当社では互いに仕事を補い合い、さらに一人ひとりの可能性が広がるよう、一人2~3役の多能工化や、管理職への登用を進めています。「生きがい」「収入UP」など、仕事の先にあるそれぞれの目的を手に入れてください。

女性が活躍している企業

★三重県 日本環境経営大賞(2006)
優秀賞 受賞
★財団法人素形材センター
環境優良工場(2006) 経済産業省製造産業局長賞 受賞
★中小企業庁 元気なものづくり中小企業300社(2007) 選出
★経済産業省
雇用創出企業1400社 選出

企業名/株式会社マツバラ 代表者/松原史尚

企業名/株式会社マツバラ
代表者/松原史尚

所在地/岐阜県各務原市那加浜見町2丁目22番地
法人ナンバー/2200001007534
会社設立年/1950年2月
資本金/9720万円
売上高/37.3億円(2017年3月期)
従業員数/157名 女性15名
女性管理職比率/約6.6%
※係長に次ぐ主任2名、副主任4名
平均勤続年数/14年
※女性8年 男性15年(パートを除く)
事業内容/高品質の製品を手掛ける小物鋳物専業メーカー。早くから環境対策に取り組み、1985年に業界初の「白の作業着で仕事のできる工場」として関工場を操業。また男性管理職者も育児休暇を取得するなど育産休や有給休暇取得の奨励にも積極的。
ホームページ/
http://www.k-matsubara.co.jp

経営者の考える大切なこと Best 5

  • Best 1 「経営目線(金銭感覚)を常に意識してください」/日常にある無駄や不便への気づきが会社を成長させます。
  • Best 2 「やる以上は一番になろう」/自他ともに認めるその分野の第一人者になると、自分自身も世界も大きく変わります。
  • Best 3 「誰かのお役に立つことが仕事と心得てほしい」/お金には換えられない仕事の価値や意義を見つけてください。
  • Best 4 「感謝の気持ちを常に持って、利他の心で取り組んでほしい」/「ありがとう」は言っても言われても成長します。
  • Best 5 「真実から目を背けることなく、妥協をしないでほしい」/目の前にある課題をいかに乗り越えるか。方法を考え抜こう。

ものづくり女子へ
経営者オススメ!この一冊

“その時、目についた本”
あなたが強く求めるのなら、目の前に必ず必要な本が現れます。内容に感動したら、即行動に移しましょう。

経営者からの Movie メッセージ