活躍するものづくり女子からのメッセージ

人が支えるものづくり業界の活躍モデルを紹介

接客業で磨いたコミュニケーション力で「会社の総合窓口部門」を統轄。畑違いの転職でも存分にキャリアを活かせます。

先輩ワーキングウーマンの写真 正面 【平成30年12月掲載】

尾島優子さんのプロフィール

株式会社ユニゾーン/営業管理部 営業事務グループ長

学卒後、証券会社、アパレル販売を経て、2003年、(株)ユニゾーンに事務職として入社。その後、陶芸の教室・販売を手掛ける関連施設での事務、接客を経て2016年、本社営業管理部 営業事務グループ長に就任。

私の働く会社

株式会社ユニゾーンは、電気めっきなどの表面処理加工を主業に、自動車や機械設備をはじめ、医療機器、航空・宇宙関連、ロボットなど、幅広い分野に対応しています。創業63年の老舗モノづくり企業ですが、現会長が女性のせいか、女性が働きやすい環境なのも当社の特長。例えば、本社向かいのアネックス工場は、著名作家の絵画やオブジェが点在するギャラリーのような空間も。砺波市には研修や社員の交流の場として利用できる、茶室などを備えた古民家「遊心亭」があり、豊かな芸術文化に触れながら仕事ができます。

今の仕事に就いた理由

転職前の販売の仕事は、商品がインポートファッションだったこともあり、勤務時間や休日もお客様に合わせる不規則なもの。この先の仕事人生を考えた時、肉体的にも精神的にも続けるのは難しいと感じ、事務職への転職を決め、ハローワークへ。その際、見つけたのが株式会社ユニゾーンでした。製造業への抵抗や先入観は全くなく、当時の社長(現在の会長)が前の仕事のお客様だったのでご縁を感じたこと、また歴史ある地元の優良企業なら、腰を据えて定年まで働けるだろうという安心感から入社を決めました。

現在のお仕事

先輩ワーキングウーマンと女性社員の写真

社外で営業活動をしている営業部員男性16名、また社内では、女性9名で構成する営業事務グループが会社の総合窓口を担い、電話や来社、インターネットなど、お客様からのあらゆる問合せや注文に対応しています。めっきの技術というのは非常に奥が深く、素材や形状によって納期や予算、できるかできないかなどが異なるため、初期対応が会社の信用を大きく左右します。お客様としっかりコミュニケーションを取って要望を把握し、該当する部門や担当者と相談しながら正確で誠実な回答ができるよう、他部署の上長と連携して部下をサポートするのがリーダーである私の仕事です。

私ががんばれる理由

先輩ワーキングウーマンと男性社員の写真

営業事務グループが出来たのは2016年。ようやく努力が成果となって返ってくるところでしょうか。問合せ内容や進捗状況の一覧表を作成して「見える化」するなど、透明性や正確さを改善すると、厳しかったお客様も「尾島さんの部署に言えばもう大丈夫だね」と喜んでくださるようになってきました。前職で得たコミュニケーションスキルを、部下の指導、お客様や他部署とのやりとりに活かしながら、会社の成長に貢献できる点にやりがいを感じます。

オフタイムの過ごし方

富山に帰郷した後、母の影響で始めた社交ダンスを20年以上続けています。種目はワルツなどのスタンダードから、サンバなどのラテンまで。週1回はエクササイズに通い、発表会にも出場しています。その際の衣裳を自分で作るのも楽しみの1つです。

仕事をする上で大切にしていること

日々業務に関係する人の表情・目線を感じ取ることです。職場内の人間関係や雰囲気、また部下であれば表情や顔色、その奥にあるプライベートにも意識を向け、必要なタイミングで声掛けできるよう心掛けています。

これからの計画・目標

管理職として営業事務グループ長に就任しました。女性のキャリア形成のパイオニアとして、今後は定年後を含め自分らしい働き方を確立し、伝えていきたいです。

これから働く女性へのアドバイス

男性に比べ、女性は働き方を見直す機会が多く、キャリアも収入も成長しづらいですよね。特に畑違いの転職は不安も多いと思います。でも、製造業はいい意味でも悪い意味でもまだまだ男性社会。サービスや管理などの部門は発展途上で、女性ならではの対応力が、より一層求められています。当社でも育休産休が取得しやすいなど、今や女性が仕事を続けやすい制度や環境が整っている会社が増えています。女性の良さを活かしあなたらしく、一緒にキャリアアップしていきましょう。

尾島優子さんの活躍する企業

企業外観写真
  • 企業名/
    株式会社ユニゾーン
  • 代表者/
    梅田 雄一朗
  • 法人番号/ 7230001003468
  • 所在地/富山市綾田町1丁目9番38号
  • 創業/1955年(昭和25年)11月25日
  • 資本金/7,650万円
  • 売上高/30億円(2017年10月現在)
  • 従業員数/171名(女性37名、男性134名)※
  • 女性管理職/2名(課長職以上)※
  • 平均勤続年数/11.9年(女性10.1年 男性13.8年)※
  • ※2018年10月現在
  • 事業内容/電気めっき、無電解めっき、化成処理、陽極酸化処理、ジオメット処理研磨(バフ研磨、電解研磨)、金属加工など
  • ホームページ/ http://www.unizone.co.jp/

尾島優子さんのお仕事年表

1976年4月
証券会社へ入社
富山支店の経理職として入社。その後営業部に異動し事務全般を担当。
1979年4月
東京に上京。販売職に就く
毛皮専門店、百貨店で販売職に従事。顧客と接する上でのマナーや知識を吸収。
1984年6月
富山に帰郷
父親の他界を機に、帰郷して母親と同居。百貨店、インポートセレクトショップで販売職に従事。
2003年10月
株式会社ユニゾーンに入社
不規則な勤務時間や立ち仕事に限界を感じ、事務職へ転職することに。ハローワークで知った株式会社ユニゾーンで事務を担当。
2006年11月
グループ会社の株式会社ユーアールイーに異動
アートな空間の陶芸教室を軸にした「釉仁磁器倶楽部」で、事務、接客、顧客管理等を担当。
2016年2月
本社営業管理部 営業事務グループ長に就任
新たに創設された営業事務グループのリーダー職に就任。会社の総合窓口を担う8名の女性部員を束ねる。

尾島優子さんからのMovieメッセージ