活躍するものづくり女子からのメッセージ

人が支えるものづくり業界の活躍モデルを紹介

難しい仕事も、まずやってみる。期待に応えたい一心で取組み、ものづくり未経験から取締役になりました。

先輩ワーキングウーマンの写真 正面

笠原美奈子さんのプロフィール

東海アヅミテクノ株式会社/精機事業部 取締役部長

出産から半年後、創立間もない東海アヅミテクノ(株)に就職。未経験から製造、営業、経営を体当たりで学び、1998年取締役部長に就任。社長の右腕として、営業、総務・経理、工場管理業務を支える。

私の働く会社

東海アヅミテクノ(株)は、自動車や精密機器メーカー向けの精密金型部品を製造する会社です。近年は医療機器メーカーとの共同開発や欧州企業への輸出も行い、国内外の多様なモノづくりに貢献しています。社員20名のうち、女性は9名。精密部品の製造は力仕事ではないので、検査やプログラミング、生産管理など、多くの部署で女性が活躍しているんですよ。製造、生産管理、営業、人事、経理、広報など、早期からさまざまな業務を経験でき、重要なポジションを任せてもらえるので、成長を実感しながら働くことができます。

今の仕事に就いた理由

以前勤務していた保険会社は、妊娠したら退職するのが慣例。それにならって辞めたものの、母、祖母と同居していたので、出産後すぐに働くことにしました。再就職先に東海アヅミテクノを選んだのは自宅が近かったから。今までものづくりに触れたことはなかったので、最初は製造現場ではなく事務職を応募したんです(笑)。ところがいざ入社すると、会社もできたばかりで社員も少なかったので、事務ではなく製造部の業務を担当することに。工場で働く技術者に教わりながら、製品の測定やワイヤーカットプログラムの組み方を覚えていきました。

現在のお仕事

先輩ワーキングウーマンと女性社員の写真

今は精機事業部 部長として、国内外への営業を軸に、総務、経理、人事、広報、工場管理など会社全体のマネジメントを担っています。私の役割をひと言で言えば、当社の核である「高品質のモノづくり」を実現させる環境を多面的に整えること。クライアントの要望を深く理解して、技術者と共に期待を超える製品を手掛けるのはもちろん、海外の展示会に参加して販路拡大を図ったり、効率的な生産管理や経営管理含め経営を学ぶ研修会へ参加したりなど、会社の経営の一端を担うべく精力的に取り組んでいます。

私ががんばれる理由

先輩ワーキングウーマンと男性社員の写真

自分の努力を、必ず見ていてくれる人がいるということです。私は製造部にいた入社1年目、計画的に業務が進まないことにストレスを感じ、当時の課長に交渉して受注から納品までの生産管理を任せてもらいました。4年後には生産管理課長に任命され、次は営業、その次は経営と、1段ずつステップアップできるポジションを与えられ、今の私があります。役割を与えられたことで、その期待に応えようとよりモチベーションが上がりますし、お客様との信頼関係や、社外研修等で知り合った仲間とのつながりも仕事のモチベーションになっています。

仕事で学んだこと

人とのコミュニケーションです。仕事を始めた頃はストレートに思いを伝えることしかできなかったけれど、今は相手や場面によって、何を、どんな風に、どのタイミングで伝えれば効果的か、客観的に考えられるようになりました。

仕事が楽しいと感じる瞬間

お客様の期待を超える製品が納期通りに完成し、喜んでいただいた時。当社は受注生産なので、仕事はいつもお客様の「困りごと」から始まります。目の前の人に貢献でき、感謝してもらえると、本当に幸せな気持ちになります。

仕事のネットワーク作りや勉強法

「ものづくりなでしこ」など、女性経営者等で構成される団体に所属して情報交換するほか、研修会にも参加します。今年は次期女性リーダー育成のための「Women‘s Initiative for Leadership」(略称:WIL)に参加し、ハーバード・ビジネススクール教授陣による「女性リーダーのための経営戦略講座」も受講しました。

オフタイムの楽しみ方

休みの日は、友達と食事やショッピングに出かけ、おしゃべりを楽しむのが定番の過ごし方。また、仕事でヨーロッパやアジア諸国に出張する際、その土地の名物料理を食べることも楽しみのひとつです。

これから働く女性へのアドバイス

お客様から求められるものを試行錯誤しながら作りあげ、より良いものを世の中に生み出していく。モノづくりというのは、未来の幸せにつながっているものだと思います。そう信じて、私はこれまでこの仕事に誠実でありたいと考えながらやってきました。入社時には専門知識も出世欲も全くなかった私がここまでこられたのは、モノづくりを通した様々な人達との出会いであり、良い影響を受けてきた結果です。がんばる人には男女を問わずチャンスが与えられます。女性の中には “管理職など無理”と思う人も多いと思いますが、役職が自分を成長させてくれるから大丈夫。男性の陰に隠れていないで、自分らしく仕事を楽しみましょう!

笠原美奈子さんの活躍する企業

企業外観写真
  • 企業名/東海アヅミテクノ株式会社
  • 代表者/代表取締役社長 日高 良昭
  • 法人番号/ 5190001001346
  • 所在地/三重県津市中村町578
  • 設立/昭和63年5月
  • 資本金/3,000万円
  • 売上高/2億1600万円(平成28年12月期)
  • 従業員数/20名 女性9名(女性管理職比率10%)
  • 平均勤続年数/11年(女性6年 男性15年)
  • 事業内容/精密金型パーツ製造、装置部品、冶工具設計製造、3Dマシニングデータ製作
  • ホームページ/ https://www.jp.tokai-azumi.co.jp

笠原美奈子さんのお仕事年表

1988年(26歳)
保険会社を退職
高校卒業後、新卒で就職した保険会社の事務職を、妊娠を機に退職。
1989年(27歳)
東海アヅミテクノ(株)に入社
同居の母、祖母に育児をサポートしてもらい、出産後半年で再就職。製造部で測定やプログラム業務を担当。
1990年(28歳)
生産管理業務を担当
製造部の業務をより計画的、効率的にしたいと課長に直訴。受注から納品までの生産管理と外注管理に着手。
1994年(32歳)
生産管理課長に就任
外注先企業との商談・折衝に加え、受注先企業への営業活動もスタート。
1998年(36歳)
営業・総務担当部長/取締役部長に就任
5月に営業・総務担当部長、12月には取締役部長に昇進。海外にも事業を展開。
2017 年(55歳)
組織変更により精機事業部 取締役部長に就任
ハーバード・ビジネススクール教授陣による経営戦略講座を受講。会社と自身の成長をめざし知識を磨く。

笠原美奈子さんからのMovieメッセージ