トップページ > 施策のご案内 > 電力・ガス取引の監視 > 電力のスイッチング率(低圧)が10%を超えました

電力のスイッチング率(低圧)が10%を超えました

最終更新日:平成29年8月23日

本件の概要

電力・ガス取引監視等委員会では、電力取引の監視に必要な情報について、電気事業者及び卸電力取引所から定期的に情報収集を行っています。電力取引報によると、平成29年5月時点で一般家庭向け(低圧)のスイッチング率が10%を超えましたので、お知らせいたします。

概要

一般家庭向け(低圧)のスイッチング件数が平成29年5月時点で約634万件に達し、スイッチング率としては約10.1%に到達しました。
スイッチング件数の内訳としては、みなし小売電気事業者から新電力へのスイッチング件数が約353万件(約5.6%)、みなし小売電気事業者内のスイッチング件数が約281万件(約4.5%)となっています。

 

詳しくはこちら(電力・ガス取引監視等委員会サイト内へリンク)

「電力のスイッチング率(低圧)が10%を超えました」外部リンク

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 総務企画部 電力・ガス取引監視室
住所:〒460‐8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052‐951‐2623

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク