トップページ > 施策のご案内 >経済動向・統計データ > 管内鉱工業の動向(鉱工業指数)

管内鉱工業の動向(鉱工業指数)

最終更新日:平成28年9月20日

鉱工業指数の概要

 鉱工業指数は、製造業および鉱業の生産・出荷・在庫に関連する諸活動を体系的にとらえたもので、基準年(=平成22年)の平均を100としています。
 当局では、中部地域(富山、石川、岐阜、愛知および三重の5県)の鉱工業生産指数、生産者出荷指数、生産者製品在庫指数および生産者製品在庫率指数と、東海地域(岐阜、愛知および三重の3県)の鉱工業生産指数の5種類を公表しています。

最新の公表資料

 平成28年7月の管内鉱工業の動向[確報]の概況を以下に掲載しております。

平成28年7月の管内鉱工業の動向[確報]

平成28年7月の管内鉱工業の動向[確報]のグラフ

 公表資料の詳細は、下記のPDFファイルをご覧ください。

【今後の公表予定】
・10月13日(木)[8月速報]
・10月20日(木)[8月確報]
 なお、公表予定は、予告なく変更する場合があります。

時系列データ

 管内鉱工業指数(生産、出荷、在庫、在庫率および東海生産の各指数)の時系列データ(平成20年1月~)をご覧いただけます。時系列データの最新月が速報値の場合には、該当月の右に P(Preliminaryの略) を表示しています。

 ※平成28年3月確報公表時において、平成27年1月以降分について年間補正を行いました。年間補正の概要に関しては、以下をご参照ください。

接続指数

 接続指数(平成15年1月~平成19年12月)については、以下のファイルをご覧ください。

 ※接続指数とは、旧基準指数に接続係数を乗じて、便宜的により新基準の指数に接続したもので、生産・出荷・在庫・在庫率指数及び東海生産指数について作成しています。
 平成17基準指数から平成22年基準接続指数を算出するための接続係数を算出する方法は、以下のとおりです。接続計算は、新基準指数に見合う旧指数の分類について行っていますが、一部の分類について、採用品目およびウェイトなどが異なる場合があります。

  接続係数(L) = (平成22年基準指数の平成20年1~3月の平均指数)/(平成17年基準指数の平成20年1月~3月の平均指数)
             ※接続係数に使用する各月の数値は、季節調整済指数の数値

  平成22年基準接続指数 = 接続係数(L) × 平成17年基準指数

過去の公表資料

平成28年

平成27年

平成26年

季節調整

平成22年基準中部地域鉱工業指数総覧

 平成22年基準中部地域鉱工業指数の作成方法およびその内容について、概略をまとめました。地域経済の分析・研究等でご活用いただければ幸いです。

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 総務企画部 調査課 
住所:〒460-8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052-951‐2723
FAX番号:052-950‐1763
メールアドレス:chb-chosa@meti.go.jp

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク