トップページ > 施策のご案内 > 経済動向・統計データ > 用語解説

用語解説

最終更新日:平成22年3月31日

管内総合経済動向の概要

投入係数

産業連関表を縦方向にみて、各産業がそれぞれの生産物を生産するために使用した原材料、燃料等の投入額を、その産業の地域内生産額で除したものであり、生産原単位に相当するもの。

 

逆行列係数

各産業に1単位の需要があった場合、生産が直接・間接に誘発されるが、究極的にみてどの産業の生産が何単位誘発されるかを示すもの。

 

中間投入率

各産業の生産に必要な原材料等の費用構成をみるものであり、 〔中間投入率=中間投入額/生産額〕で求められる。

 

サービス投入率

各産業の中間投入はその種類によって原材料、燃料等の物的投入と、商業、サービス等のサービス投入に分けられ、〔サービス投入率=サービス投入額/中間投入額〕で求められる。 本報告書では、「農林水産業」「鉱業」「製造業」「建設」「電力・ガス・水道」部門からの投入を「財(物的な)投入」とし、それ以外を「サービス投入」とした。

 

付加価値率

各産業の生産により、新たに発生した雇用者所得等の付加価値構成をみるものであり、〔粗付加価値率=粗付加価値額/生産額〕で求められる。付加価値額に中間投入額を加えたものが生産額になる。

 

影響力係数

逆行列係数の列和は、ある産業に1単位の最終需要があったとき、全産業に与える影響の大きさを表わす。 影響力係数はこれを全産業の平均で除したものであり、産業全体に与える影響がどの産業で大きいかを表わす。 この係数が1より大きい産業では影響力が平均より大きく、1より小さい産業では平均より小さいことを示す。

 

感応度係数

逆行列の行和は、各産業に1単位の最終需要(単位需要)があったとき、各産業から受ける影響の大きさを表わす。 感応度係数はこれを全産業の平均で除したものであり、産業全体から受ける影響がどの産業で大きいかを表わす。 この係数が1より大きい産業では感応度が平均より大きく、1より小さい産業では平均より小さいことを示す。

 

生産誘発額

各産業の生産は、究極的には最終需要を満たすために行われており、いいかえれば、最終需要が域内生産を誘発しているといえる。 最終需要項目別生産誘発額は、どの最終需要が各産業の生産をどれだけ誘発したかをみるものであり、逆行列係数に最終需要額を乗じて求める。 各産業の最終需要項目別生産誘発額の合計は、各々の生産額に一致している。

 

生産誘発依存度

各産業ごとの最終需要項目別生産誘発額の構成比であり、各産業の生産が直接・間接にどの最終需要に依存しているかを表わす。

生産誘発依存度=ある産業の最終需要項目ごとの生産誘発額/ある産業の最終需要項目別生産誘発額の合計

 

生産誘発係数

最終需要項目別に各産業ごとの生産誘発額を、それぞれ対応する最終需要項目の合計額(列和)で除したものであり、ある最終需要項目の合計が1単位増加したときにどの産業の生産をどれだけ誘発するかを表わす。

生産誘発係数=ある最終需要項目の産業ごとの生産誘発額/対応する最終需要項目の合計額

 

付加価値誘発額

各最終需要によって生産が誘発されれば、それに伴い付加価値も誘発される。これが付加価値誘発額であり、各産業ごとの生産誘発額に付加価値率を乗じて求められる。

 

付加価値誘発依存度

各産業ごとの最終需要項目別付加価値誘発額の構成比であり、各産業の付加価値が直接・間接にどの最終需要に依存しているかを表わす。

付加価値誘発依存度=ある産業の最終需要項目ごとの付加価値誘発額/ある産業の最終需要項目別付加価値誘発額の合計

 

付加価値誘発係数

最終需要項目別に各産業ごとの付加価値誘発額を、それぞれ対応する最終需要項目の合計額(列和)で除したものであり、ある最終需要項目の合計が1単位増加したときにどの産業の付加価値をどれだけ誘発するかを表わす。

付加価値誘発係数=ある最終需要項目の産業ごとの付加価値誘発額/対応する最終需要項目の合計額

 

輸移入誘発額

当該地域のすべての需要は域内生産によってのみ賄われているわけではなく、一部は輸移入に頼っている。 輸移入された財・サービスは、最終需要として直接使用されるか、最終需要を満たすための中間需要として間接的に使用されるかのいずれかであり、究極的には輸移入も最終需要により誘発されるものと考えることができる。 これが輸移入誘発額であり、生産誘発額に輸移入係数を乗じ、これに直接輸移入額を加えることにより求められる。

 

輸移入誘発依存度

各産業ごとの最終需要項目別輸移入誘発額の構成比であり、各産業の輸移入が直接・間接にどの最終需要に依存しているかを表わす。

輸移入誘発依存度=ある産業の最終需要項目ごとの輸移入誘発額/ある産業の最終需要項目別輸移入誘発額の合計

 

輸移入誘発係数

最終需要項目別に各産業ごとの輸移入誘発額を、それぞれ対応する最終需要項目の合計額(列和)で除したものであり、ある最終需要項目の合計が1単位増加したときにどの産業の輸移入をどれだけ誘発するかを表わす。

輸移入誘発係数=ある最終需要項目の産業ごとの輸移入誘発額/対応する最終需要項目の合計額

 

輸移入係数

域内需要(中間需要+地域内最終需要)のうち輸移入で賄った割合を表わす。

〔輸移入係数=輸移入額/(生産額+輸移入額-輸移出額)〕

 

自給率

域内需要を域内生産で賄った割合を表わす。

〔自給率=1-輸移入係数〕

 

特化係数

当該地域の産業別の生産額構成比を全国の産業別生産額構成比を、それぞれの対応する産業ごとに除したものであり、その値が1よりも大きければ、その地域は当該産業に特化していることを示している。

〔地域産業の構成比 / 全国における産業の構成比〕または〔地域産業の全国シェア / 地域全産業の全国シェア〕

 

このページに関するお問い合わせ先

中部経済産業局 総務企画部 調査課 
住所:〒460-8510 愛知県名古屋市中区三の丸二丁目五番二号
電話番号:052-951‐2723
FAX番号:052-950‐1763
メールアドレス:chb-chosa@meti.go.jp

ページ上部へ戻る

Adobe Reader バナーPDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。外部リンク